ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

長い休日の締めくくりは夜の小田原。激ウマの小田原ホルモンは今日も最高!でした

伊豆・葛城山と発端丈山の登山と大賑わいの沼津港で海鮮浜焼きをたっぷりと楽しんだあとは、最後のお楽しみ、小田原グルメです。

 

小田原ナンバー1海鮮は今日も行列ができていた

「うん、今日はやっぱり海鮮だな」

ということで、絶妙のうまさの「まかない丼」とさっくり天ぷらが食べられる「サカナ・キュイジーヌ RYO」を目指します。

 

<小田原グルメ記事はこちらをどうぞ>

www.b-zone-s.com

 

強風の影響で電車ダイヤが大幅に乱れ、小田原駅に到着したのが午後5時過ぎ。

この時間だったら予約なしでも大丈夫だろうと店に訪れたのですが・・・、さすがは行列が出来る大人気店、すでに満席で、待っているお客さんがいます。

 

お店の人に聞くと、

「今からだと45分待ちになります」

とのこと。

 

「わかりました。また来ます」

と、今日のところはアッサリと引き下がりました。

 

小田原の超絶激うまホルモン「源屋」最高!

ソッコーで「サカナ・キュイジーヌ RYO」を見送ったのは、第二候補に超絶激うまホルモン「源屋」を考えていたからなんです。

 

こちらも人気店、予約なしでの不安はあったものの、店に向かう約5分の道中で、頭の中をホルモン焼きにチェンジし、今日のオーダーをシミュレーションします。

 

そして、「源屋」に到着。

ラッキーなことに、まだ席は空いていましたので、座るなり、

「生中、ホルモン、上ミノ、ハツ、レバ、それと、ハラミ!」

とシミュレーション結果を即オーダー。

 

で、出てきたのがこちら。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214533j:plain

手前から、ハラミ、ハツ(網の上のも)、レバ、ホルモン、上ミノです。

下味は全部、タレでお願いしました。

 

う~ん、美味い!

やっぱり、「源屋」のホルモンは、最高においしいです。

どれもこれも全部、美味しかったのですが、中でもハラミは、まぁ、なんとも美味でしたね~。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214553j:plain

 

あと、店員さんから、

「お好みで、ハツは和辛しでお召し上がりください」

とのおすすめがあり、試しに食べてみたら、これはこれで、結構なお味でした。

(が、私はやっぱり、コチジャンを多めに入れたタレで食べるほうが好きです)

 

壁に貼られたメニューを見ていると、冬期限定で「カキ」の焼き物を発見。

もうすっかり春だけど、まだあるかな?と尋ねたら「もちろん!」の答え。

せっかくだからと、こちらは「塩」でオーダーしました。

 

大振りの「カキ」を炭火でいただきます。

殻の付いていない「カキ」を直火で焼くのは初めてで、食べごろが良くわからなかったので、「もう、いいや」と少し炙った程度でいただきました。

もちろん、ぷりぷり感たっぷりで、美味なり。

新鮮なだけあって、焼き具合も、炙る程度が一番良かったようです。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214626j:plain

 

あと、「トマトとチーズのキムチ和え」という一品ものも注文。

(写真を撮り忘れました)

これが、また、ビールにぴったりの美味さでした。

少し甘めの隠し味が施されていたようですが、それが何か分からず。

なので、家で作っても、同じ味は再現できそうにありません・・・。

 

小田原の超絶激うまホルモンは今日も健在!でした。

 

夜の小田原散歩。「御幸の浜」は中途半端な明るさでした

超絶激うまホルモンで大満足。

いっぱいになったお腹を落ち着かせるため、夜の小田原を散歩することに。

 

まずは、「おしゃれ横丁」のイルミネーション。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214655j:plain

このモニュメント?は昼間しか見たことがなかったので、こうやって点灯しているのは初めて。

良く良く見ると、細部まで細かい装飾がなされていますね。

 

当日、小田原はお祭りで、たくさんの人出と多くの山車やお神輿が繰り出していました。

(私が見たのは、ほぼほぼ祭りも終わるタイミングで、後片付けが始まっていましたが・・・)

f:id:b-zone-salariedman:20180508214743j:plain

 

そして、「御幸の浜」に到着。

街灯らしい街灯はないものの、すぐ側を通る自動車道のライトで、薄っすらと足元が見えるくらいの明るさでした。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214815j:plain

 

少し時間が経って目が慣れてくると、あちこちで座って話し込むカップルが見えてきました。

そのうちの一組はどうやら高校生のようで・・・、祭りの夜、暗い海岸で2人と、まあ、「あおはる」されていたのですが、こちらはそんなのお構いなし、暗い海をなんとか写真に収めようとフラッシュたきまくりです。

きっと、鬱陶しいなぁと思っていたことでしょうね(笑)。

 

でも、まあ、何枚撮ったところで、真っ暗な海が写るわけもなく。

しかたなく、途中で買ったどうってことないドーナツをパチリと写し、帰路につきました。

f:id:b-zone-salariedman:20180508214829j:plain

 

おわりに

早朝、出発して

  • 葛城山、発端丈山からの雄大な富士山と駿河湾の眺望を楽しむ
  • 沼津港でぷりぷり海鮮浜焼きをいただく
  • 小田原の激うまホルモンを堪能する

と何とも慌しくも贅沢な休日を楽しんできました。

 

どれもおすすめしたいスポットで、中でも葛城山、発端丈山からの眺望は、ぜひ、見てもらいたい絶景です。

 

機会がありましたら、ぜひ一度、ホント、おすすめですよ!

 

 

<関連記事>

www.b-zone-s.com

www.b-zone-s.com

 

<小田原関連記事>

 

 

では、また。