ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】トラブルを起こさず上司に退職を伝えるために注意すべきこと

転職活動の甲斐があって、希望する会社から内定をもらったら、いよいよ、今の会社に「退職」する旨を伝えることとなります。

この退職の伝えるときに、やり方や言い方を間違えると、後々のトラブルの元になってしまいかねません。

 

こちらでは、トラブルを起こさず上司に退職を伝える方法をご紹介します。

 

<参考>

【転職者向け】部下が突然「退職する」と言い出したら上司はとっても困るものです

 

tenshokukatudou02

 

直属の上司に退職を伝える

まず最初に気をつけたいこと、それは、「直属の上司に退職を伝える」ということです。

 

上司が原因で転職を決意したくらい上司のことが大嫌いであっても、退職を最初に伝えるのは、直属の上司としましょう。

正式に退職の旨を伝える相手が直属の上司以外の人だったら、話を聞いた上司は必ずヘソを曲げて、何らかの嫌がらせをしてくる可能性が大きくなります。

こうなると、いらぬトラブルを引き起こしますので。

 

上司に退職を伝える時期に注意

早めに伝える

退職を伝える時期は、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月前が理想です。

会社によっては、就業規則などのルールで「退職する者は、○ヶ月前までに申し出ること」と決められている場合がありますので、事前に確認のうえ、規則に則るようにしてください。

 

法律上は、直前に退職を申し出ても大丈夫なのですが、あまりに急な申し出はトラブルの原因となります。

 

忙しい時期は避ける

年末年始、年度末・年度明けなど会社が忙しい時期に退職を申し出るのは避けましょう。

また、上司が忙しそうにしているときも、避けるべきです。

 

もちろん、どんなに忙しくても、上司は時間を取って、話を聞いてはくれるはず。

でも、忙しさゆえにイライラしている可能性が高いので、退職の話を聞いたとたん、感情的になってしまい、「トラブル」となる可能性が高いのです。

上司もあなたも、時間的・精神的に落ち着いて話せるタイミングを狙って話をしましょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

上司への退職の伝え方で注意すること

アポイントを取る

退職を伝えるには、事前に上司のアポイントを取ったうえで、会議室等の他の人がいない場所で行いましょう。

 

なお、上司にアポイントを取るときは、

「今後のことでお話ししたいことがあります。お時間をいただきますようお願いします」

と伝えますよね。

すると、上司はびっくりするか、心配するかで、「どういった話かな?今から聞かせてくれないか?」」との切り返しも想定できます。

こうなると、そのまま退職を申し出ることになりますので、アポイントを取るときには、心の準備はしておきましょう。

 

意志の固さをはっきり伝える

退職の申し出のポイントとしては、

「これまで大変お世話になりましたが、このたび退職させていただくこととしました」

と切り出します。

そして、自分の将来的な目標 を述べ、それを 実現するために「転職する」 と伝え、一度、話を止めます。

このとき、 転職する意志がの固さがはっきり伝わるように話すことが大事です。

 

すると上司は、

「いつから転職を考えていたんだ?」

「転職先はどんな会社だ?」

「なぜその会社に転職を決めたのか?」

などなど、いろいろな質問してくるので、それに対して回答していくと良いでしょう。

上司からの反応は、こちらの記事をごらんください。

 

感情的にならない

退職を申し出たときに、上司からの質問には正直に答えて構いません。

しかし、トラブルを起こさないためには、いくつかの注意点があります。

それは

  •  穏やかに話すこと
  •  職場への不満は言わないこと
  • (もちろん、上司を批判しないこと)

です。

 

上司によっては、イヤミたっぷりの口調で、ネチネチと質問やコメントをするかもしれませんし、場合によっては、罵声を浴びせてくるかも・・・。

でも、例えどのような言われ方をしても、グッとこらえて、穏やかに対応するようにしましょう。

ここで感情的になって言い返したりすると、後々のトラブルを引き起こしかねません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

今後の段取りを確認する

退職の申し出を行ったら、今後の段取りを上司に確認しましょう。

具体的には、

  •  退職届の提出月日
  •  先輩・同僚への周知
  •  仕事の引継
  •  社外へのあいさつ回り
  •  その他、退職に要する事務手続き

などです。

おそらく、上司は即答せずに「改めて指示する」との答えるでしょうから、それに従うと良いですね。

 

退職を慰留されたら

上司の立場から言うと、部下が会社を退職するのは、悪い話なのです。

なので、

「君は会社にとって必要な人材だから、辞められたら困る」

と退職を慰留されることも多いでしょう。

 

でも、この一言で気持ちが変わるくらいなら、はじめから転職活動しませんよね?

この言葉は半分ありがたく、半分はリップサービスと受け取りつつ、退職・転職の意思はハッキリ伝えましょう。

 

退職時期を遅らせて欲しいと言われたら

退職は了承するものの、仕事の引継、後任者の配置などなどの準備があるから、退職時期を先延ばしして欲しいと言われることもあるでしょう。

上司の立場では、できるだけ時間が欲しいところですが、それに付き合ってズルズルと引き伸ばすと、これまたトラブルの原因になりかねません。

 

上司との関係が良い人は、「上司に申し訳ない」と思うかもしれませんが、ここはやはり、丁重にお断りするべきですね。

 

まとめ

以上、トラブルを起こさずに退職を伝えるために注意すべきことを記しました。

スムーズな転職を行うためには、前の会社から円満退社することが一番ですし、退職を伝えた後、会社での残りの期間を平穏に過ごすためにも、特に上司とトラブルを起こさないことが、とても大切となります。

タイミングを見て、穏やかに、でも、はっきりと退職する意思を伝えましょう。