ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

元勤務先から退職祝いのお品が届きました

 

本日、元勤務先から退職祝いのお品が届きました。

プチプチ(緩衝材)でぐるぐる巻きにされたダンボールには、「こわれもの」とか「ガラス製品」とか「取り扱い厳重注意」とか、宅配便の人に目一杯、プレッシャーを与える注意書きがベタベタ貼られておりました。

 

ダンボールを開けると出てきたのがこちら。

f:id:b-zone-salariedman:20170424215335j:plain

自分で選べるカタログギフトとバカラのペアグラスです。

 

グラスは大きめで、ビールや水割り、ハイボールを飲むのにちょうど良いサイズです。

f:id:b-zone-salariedman:20170424215351j:plain

 

根が貧乏性なので、ついつい値段が気になります。

「一体、いくらくらいするんだろう?」とamazonで金額チェックしたところ、結構なお値打ち品でした。

 

 箱に仕舞いこんでしまうとずっと使わなくなるので、夕食時にこのグラスで冷たい麦茶をいただきました。

 

もうひとつのカタログギフトは、良くある品揃えのものでした。価格帯は、おそらくペアグラスと同じくらいのようですね。

 

 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ところで、退職してから3週間以上が経過したこのタイミングで、お祝いの品が届くのは随分と遅いのですが、その理由は、調達担当者がミスをしていたからなのです。

 

退社式の日に、

「本来だったら、今日の夕方、ご自宅にお届けする予定だったのですが、手違いがあり来月末になります」

と説明を受け、その際、

「品物は、当初、案内していた「江戸切子」のペアグラスから、「バカラ」に変更となります。

実は担当者が発注ミスをしていて、数を揃えられなかったためです・・・」

との話がありました。

 

説明をする人は大変恐縮していましたが、説明を聞く退職者側は大爆笑でしたね。

 

約1ヶ月遅れとはなりましたが、こうやって、退職のお祝い品をいただけるというのは本当にありがたいことで、改めて良い会社にいたんだなぁって思いました。

 

では、また。