ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

仕事観

職場に慣れないと悩んでいる方が知っておくべきことと試すべきこと

新年度が始まって、2週間が経過しました。 学校を卒業して、新入社員として入社された方 転職して、違う会社で仕事を始められた方 人事異動によって、違う部署や異なる役職などに就かれた方 もう、新しい職場には、慣れましたか? 「職場には、すっかり慣れ…

新入社員研修で「地獄の特訓」を行う会社

新入社員の方は今日で入社3日目、新入社員研修も佳境に入ってきたと言う方も大勢いらっしゃると思います。 新入社員研修では、毎日、研修日誌を書いていることでしょうが、くれぐれも手を抜いたり、ふざけたことを書かないようにしてくださいね。 いやらしい…

出世したいのか、したくないのか、それとも、出世できないのか

近年、若いサラリーマンで「出世したくない」という人が増えています。 いろいろな調査結果を見ると、「出世したい」という人のほうが多いのですが、以前のデータと比べてみたら、出世意欲が減っているのは事実です。 このように意識が変わりつつある出世に…

「仕事や会社がイヤになったら」関連記事のまとめ

働いている人であれば、どなたでも一度は「何のために働くのか?」「仕事とは何か?」について、考えたことがあるはず。 そして、仕事や会社がイヤになったことも、何度もあるのでは? 人は何のために働くのか? 言わずもがなですが、第一義的には「お金」を…

業種・男女間の平均年収差がものすごく大きくてビックリした

前回の記事で、「MIIDAS(ミーダス)」という転職サイトで、自分の適正な年収はどれくらいになるのかをチェックしたことを記しました。 こちらの転職サイトは、200万人以上の年収データから、転職別、年齢別、学歴別の年収データを整備し、かつ、 7万人の…

税金どろぼう?仕事をしない寄生虫公務員の最大の被害者は誰か?

皆さんは、「公務員」について、特に身近な存在である「地方公務員」について、どう思いますか? 私は以前、公務員の仕事ぶりに対して、非常にネガティブな印象を持っていました。 「お日さん、西西」、「親方、日の丸」、「遅れず、休まず、働かず」、「税…

なぜ「働かないおじさん」になってしまうのか、その理由を考えてみた

私は正真正銘のおじさんです。 そんな私が「働かないおじさん」と言うタイトルで批判的な記事を書くのは、天に唾する行為だと重々、承知してるのですが・・・、とあるおじさんの仕事っぷりを見て「ホンマに、ええ加減にせえよ」と思う事があったのです。 詳…

「人間万事塞翁が馬」を「計画された偶然理論」(プランド・ハプンスタンス・セオリー)にする5つの必要なこと

「セレンディピティ」という言葉、お聞きになったことはあるでしょうか? ちょっとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取る、という意味です。 振り返ってみると、たまたま行き合わせた場所、人との出会い、ちょっとした行動、判断、などなど、本当に偶然と…

長男のアルバイト観とブラックバイト先との交渉でわかったこと

我が家のルール 私には大学に通う2人の息子がいます。 長男が生まれて以降、私の細いスネは、ずっとかじられ続けているのですが、それも残すところ後少しとなりました。 大学に通うにあたって、2人の息子には以下のことを伝えています。 学生の本分は勉強…

今後を後悔しないために20代で身につけておきたい7つのこと

これまでの会社員人生を振りかえると、 「あのとき、ああすれば良かった」 「なんで、あんなことをしてしまったのだろう」 「もし、あのとき、今の考え方ができたら、全然違っていただろうに・・・」 と思うことがたくさんあります。 やらなかった後悔、やっ…

少し未来の自分をイメージしてみるだけで、毎日の暮らしぶりが良い方向に変わっていく

仕事で忙しい毎日が続く。 それが充実した日々であれば、とても良いことですよね。 でも、自分の意志とは関係のない目先仕事に追い立てられ、ムダに時間だけが過ぎていく・・・、そんな毎日だったら、現状への不満と疲れが溜まっていきます。 そして、何より…

仕事のスタイルを作り上げるうえで、意識して取り込んでもらいたい3つの要素

仕事のスタイルをつくる 人によって時期は異なると思いますが、概して30代中盤以降になると、考え方や行動の仕方が固まってくるように思います。 自分のスタイルが出来上がると言うことです。 これは、よっぽどのことがない限り変わりません。 そして、よ…

サラリーマンなら副業することをおすすめします

上司から副業をすすめられる 新入社員に毛が生えたくらいの頃、上司から言われた一言があります。 「会社からもらう給料以外に、何か収入源をつくるといい。総収入の2割くらいを目標にやってみたらどうだ?」 正直、「サラリーマンなのに、副業をしていいの…

仕事が嫌だ!会社を辞めたい!そう思う理由と対処法

仕事が嫌だ!会社に行きたくない!もう、辞めたい! 仕事をしていると、一度や二度は、こんな気持ちになったことがあると思います。 瞬間的に「やってられるか!」と言うときもあれば、「嫌だなぁ」という気持ちがずーっと続き、あるタイミングで「もう、無…

「ママ友と海鮮ざんまい」と投稿して懲戒免職になった公務員について

// (11月14日追記あり) 岐阜県池田町の職員が、停職中にSNSに書き込みをして、懲戒免職となりました。 毎日、ひとつやふたつは三面記事を賑わす「バカニュース」ってありますが、このニュースは、その最たるものだと思います。 主旨は以下のとおり。 岐阜…

仕事とは、時間の切り売りなのか

生物の先生の一言 高校生のときの話です。 「生物」の先生が授業中、皆に向かって、 「私は、教育者ではないので、皆さんを教育するつもりはありません。ただ単に「生物」の知識を切り売りしているだけですからね」 と言いました。 なぜ、そんな話をはじめた…

会社の中にある天然資源

天然資源 「天然資源」と聞くと、石油や石炭、あるいは、鉄や銅などの自然界にある有用な物質のことを思い浮かべます。 なので、タイトルの「会社の中にある天然資源」と言う表現、パッと見、変な感じがするのですが・・・、これは、ダグラス・ホールという…

ロールモデルとメンター、そして、ネットにある「師匠然とした行為」

ロールモデル 「社内にロールモデルとすべき人がいない」との話をよく聞きます。 ロールモデルとは、自分にとって「行動や考え方が、お手本となる人」のことですね。 まさに、社内に目標とすべき人や憧れの人がいなくなった、ということです。 「会社の内に…

仕事で「忙しい!」と言う人の能力と姿勢

「 忙しい」とは何か 単純に数式で考えると 「与えられた仕事時間」-「やるべき仕事の量と質」< 0 の場合に、「忙しい」となります。 「与えられた仕事時間」は、基本、全員一緒ですから、問題は「仕事の量と質」になりますね。 「忙しい」人は、 業務設…

TV「しくじり先生 俺みたいになるな!!」 見栄晴先生の無気力ぶりを見て思う

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」 「しくじり先生 俺みたいになるな!!」というTV番組をご存知でしょうか? TV朝日系列で、不定期に放映されている番組で、かって一世を風靡したものの、「しくじり」をしてしまったがために落ち目となった芸能人…

20代で巨大企業の管理職に抜擢された女子社員

若い管理職 20代で管理職に就いている知り合いが、何人かいます。 話を聞くと、離職率が高くて気が付いたらなっていたという場合、とんでもなく残業が多く、あきらかに人件費削減(=残業代を支給しなくてすむ)のため管理職にさせられた場合のいずれか、…

『自分を知り他者を知る』 会社のライバルに差をつけるため、絶対にやっておきたいこと

自分のことを、どこまで知っていますか? 「何であんなことをやってしまったんだろう」 「どうして、あんなことを言ってしまったんだろう」 自分で取った言動なのに、なぜそうしたのか、自分でもよく分からないときってありませんか? 「良くないこと」と思…

仕事のやりがいについて、「石を運ぶ人」の寓話だけでは物足りないと思ったこと

「石を運ぶ人」の寓話 「石を運ぶ人」の寓話を聞かれたことはありますか? 少しバリエーションがあるようですが・・・、こんな話です。 ・・・・・・・・・ 旅人が石を運んでいる人をみかけ、「何をしているのか?」と尋ねました。 すると、「俺は、石を運ん…

いつまでも あると思うな 親と福利厚生?

ボーナスについて 「必ずあるものと思っていたけれども、実はそうではない」 との主旨で書きました。 近いものとして、「福利厚生」があります。 慣れてしまうと当たり前に感じるものですが、これは会社が社員に対して行っている「サービス」ですよね。 単な…

かつて、会社には多くの社員がいたはずなのに・・・。

エピソード1 入社したときの同期のお話 入社したとき、同期の一人が工場に配属になりました。 所属は事務部経理課給与係で、工場に勤務する人たちの給与計算をし、支払うという仕事です。 ある程度、電算機化されていたとはいえ、まだまだ、人力で処理する…

「ウチの会社にCIAのスパイがいるかも」と疑っている皆さんへ

『CIAのスパイマニュアルに学ぶ「会社をダメにする11の行動様式」』 すでに広く拡散されているので、ご存知の方も多いと思いますが・・・。 渡辺千賀さんという方が、CIAの資料について紹介されています。 chikawatanabe.com 資料の内容は、「組織の…

簡単に取得できて、役に立つ国家資格「ファイナンシャル・プランニング技能士」

はじめに 私が取得したのは、ファイナンシャル・プランニング技能士3級です。 ご存知の方は、「なぁんだ・・・、FPの3級か」って思われるかもしれません。 2級・1級となると難しいのですが、3級は入門レベルで、試験の合格率も80%近くもあります。 …

いまさらながら、『ブラック企業』について調べてみた

『ブラック企業大賞2015』のウェッブ投票が実施されています。 ノミネートされている企業を見ると、マスコミ報道されていたり、ネットで大きく話題になった企業ばかりです。 途中経過を見ると、コンビニ最大手と引越会社がトップ争い?しているようです。 引…

努力を続けるという才能、そして、仲間

昨日、次男の高校生活最後となるサッカーの試合がありました。 通常3年生は、年末から開催される「全国高等学校サッカー選手権大会」が最後の試合となります。 次男は9月の予選で敗退した時点で「引退」だったのですが・・・。 東京都の高校サッカーには、…

人生の役割を演じる 「ライフ・キャリア・レインボー」から

「ライフ・キャリア・レインボー」とは ドナルド・E・スーパーというアメリカのキャリア研究家がいます。 様々なキャリア理論を体系的・包括的に研究された大御所です。 今日、ご紹介したいのは彼が提唱した「ライフ・キャリア・レインボー」という理論。 …