ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「お疲れ様」はNGワードか?

     f:id:b-zone-salariedman:20150924174300j:plain

 

タレントのタモリが、「お疲れ様」という言葉の使用について、問題提起していたのを読みました。

 

内容は、

TV局の中で子役の子供が「お疲れ様です」といって、大人に挨拶をして廻っているが、目下が目上に対して「ねぎらい」の言葉を使うのはおかしいだろう

というものでした。

【スポンサーリンク】
 

私は入社してすぐに、

「目上の人に対して『ご苦労様』と言ってはいけない。『お疲れ様』と言いなさい。なぜならば、『ご苦労様』は目上が目下をねぎらう言葉だから。これ、世の中の常識」

と教えられ、今現在も「お疲れ様」を使っております。

なので、この記事を読んだときに違和感を持ちました。

 

また、ある会社では「お疲れ様」をNGワードにしている、という記事もありました。

理由は、

「仕事という行為に対して『疲れる』という言葉を使うと、意識がネガティブになる」

というもの。

 

いやいや、そもそも仕事って疲れるものでしょ、と。

その労苦にいたわりの言葉をかけることに何の問題があるの、と。

ついでに言うと、「お疲れ様」って言われたことが理由で、仕事に対してネガティブにはならないよ、と。

こんな感じで、一人つっこみを入れながら読んだのですが・・・。

 

「お疲れ様です」という表現は、発する人の心情もこめられた、実に日本的な美しい表現だと思っています。

なので、相手が目上、目下に関わらず使ってよい言葉だとおもうのですが、いかがでしょうか?

 

<関連記事>