ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「いいですよ」「分かりました」「了解しました」は、使ってはいけないNGワードか?!

 

f:id:b-zone-salariedman:20150924172746j:plain

部下が上司に対して、「いいですよ」と言っているのを聞くと、「ん?」と思うことがあります。

 

「いいですよ」は、日常会話ではもちろん、仕事中の会話でも、普段はあまり気になる言葉ではありません。

 

ただ、明らかに上司が部下に指示・命令していて、それに対する部下の返答として、「いいですよ」と答えるのは、どうも聞こえがよろしくないのです。

 

【スポンサーリンク】
 

おそらく答えた本人は、何の意識も無く、軽い気持ちで答えているのでしょう。

しかし、言葉の持つニュアンスには、「やってあげる」という意味が含まれており、答えた本人も間違いなく「やってあげる」という意識があるから、このような答え方になっているわけです。

 

これは、上司によっては、この意味を敏感に感じ取り、不愉快に思う人もいるでしょうから、使わないようにすべきです。

 

また、「分かりました」「了解しました」も、実はあまりよろしくない言葉遣いなのです。

 

この2つの言葉は、「あんたが言いたいことはわかった」とともに「あんたが言ってることを許可してやる」というニュアンスを持っているのです。

いわば、上から目線の言葉です。

したがって、目下である部下が、目上である上司に使うには不適切、となるのです。

 

「分かりました」「了解しました」は、ビジネスシーンで、日常的に使っている人は多いですよね。

「了解しました」は、むしろ丁寧な言い回しと思われているのですが・・・、これも、意識して使わないようにすべきです。

 

では、どう答えれば良いでしょうか?

「うけたまわりました」「承知いたしました」「かしこまりました」あたりを使いこなせるようになるのがよろしいようです。

 

慣れるまでは言いにくい言葉ですし、はじめのうちは照れくさいものがあるでしょう。

でも、「かしこまりました」って言われた上司は、満更でもない顔をすると思いますよ。

 

では、また。

 

<関連記事>