ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

こんな会社、辞めてやる!

 

【スポンサーリンク】

会社、辞めたきゃ、辞めれば。でもね・・・

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれる会社、世の中にまだまだ、たくさんあるようです。

でも、社会的に見て「まとも」と言われる会社のほうが大多数だと思います。

そんな「まとも」な会社に勤めている人から、たまに「辞めたい」と相談を受ける、というか、雑談で話してもらうことがあります。

 

なんで?って聞くと、

体力的にキツイ・人間関係が良くない・出世の見込みがない・給料が安い・飽きた

のどれか、または複数該当する場合がほとんどです。

 

会社勤めをしていれば、何度か「辞めよう」と思うことがありますし、今、勤めている会社だけが会社でなければ、人生の全てでもありません。

 

なので、「辞めたきゃ、辞めれば」と言うのが結論になるのです。

それでも私は「でも、もう一度、考え直してみれば?」と問いかけます。

 

と言うのも、「宮仕えという立場は、どこに行っても一緒」である一方、「今の会社でしか出来ないことが、必ずあるはず」だと思っているからです。

 

  f:id:b-zone-salariedman:20151005235259j:plain

 

しょせん、宮仕えは宮仕え

前者は入社3年目、私が転勤する際に、新卒2年目で他社に転職していた後輩に教えてもらったことです。

彼は私が勤める会社に新卒として入社してきました。1年ほど勤務した後、「こんな堅苦しい会社、辞めてやる!」と言って、他の会社に移っていきました。

が、そこは2ヶ月もたずに退社し、しばらくしてから3社目に再々就職していたのです。

 

さて、私は辞令を受けて、異動することになりました。

はじめて会社を辞めようとしたときの話・・・

この異動で滅茶苦茶落ち込んでいて、もう辞めようかと考えていたので、彼に相談してみました。

すると、

「会社なんかねぇ、どこに行ったって同じですよ。我慢しなければいけないことばっかりです

としみじみと語ってくれたのです。

 

彼は、会社の風土、それは社員の気質とか、その会社での仕事のやり方とか、あるいは人事制度とかになるのですが、それらがどうしても自分には合わず、転職したのです。

 

でも、次の行き先でも合わずにまた転職、そして、3社目でもやっぱり合わない。

そのときに、はじめて「会社なんか、どこに行っても同じ」だと気づいたそうです。

 

要は、「合わないことは絶対にある。それにどこまで合わせられるかは自分自身の問題。最低限、合わせなければならないことすら出来ない人間は、どこに行っても通用しない」ということです。

この言葉は、重かったですね。

【スポンサーリンク】
 

 

今の会社でしか出来ないこと

そして後者の「今の会社でしか出来ないことが必ずあるはず」は、私がこれまでを振り返って、本当に実感していることなのです。

 

私自身は今、会社でかなり自由に振る舞えている、と思っています。

しかし、いきなり自由になれた訳ではありません。

 

仕事をしていく中で、いろんな手練手管を覚え、ものごとの理不尽さを知り、失敗もすることで、「ここまでは許されるけど、ここを超えるとNG」という境界線が見えてくるようになりました。

そこを踏み越えない術を身につけてはじめて、自負できるレベルになったと思っています。

 

【スポンサーリンク】
 

会社で自由であること

「会社で自由であること」とは、ある側面から言えば、「会社でやりたいことが出来る」ことです。

そして、それは一定の実績と経験、そして、周囲の容認の上で、「その会社のその立場でその仕事をしている」ことが条件になると思います。

 

なので、会社を辞めてしまう前に、その会社でしかできないことはないか、を考え直してみれば、と思うのです。

辞めるのはいつでも辞められるけど、同じ会社に再度、入社するのはほぼ不可能ですからね。

 

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com