ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

社内での「調整」を、不毛の議論とさせないために

 

そもそも、社内調整ってなに?

仕事における「社内調整」とは、通常は、「いろいろな意見をすり合わせて一本化する」ことです。

スケジュール調整のように、ある程度決まったものを周知し、それに合わせた行動を取るといった軽いものもあれば、意見調整のように、対立する複数の意見から、より良いものを選び出す、あるいは、各々の良い点と妥協点を見出して、すり合わせながらくっつけていくといったものまで、さまざまなレベルがあります。

 

会社の中で仕事をしていくうえで、得手不得手は別にして、避けて通れない関門のひとつと言えるでしょう。

 

複数の立場が存在する以上、全ての利害が一致していることは、まずありません。

そのため、すり合わせるためには、時間と労力が必要であり、何よりストレスが溜まるものです。

とは言っても、目的が共有できていれば、建設的に話を進められるのですが・・・。

 

     f:id:b-zone-salariedman:20151011225250j:plain

 

本質的でない不毛の議論が・・・

やっかいなのは、意見調整の場なのに、関与者の面子(メンツ)と言ったものが、一番に優先されてしまうケースです。

こうなると、真っ当な議論にならない。

 

そもそも社内「調整」では、良いアウトプットを出すために、共同で最善のプロセスを作る、ことが目的です。

にも関わらず、自分の意見を押し通せたか、相手の意見を採用せずに済ませたか、相手がこだわっている大切なところを潰せたか、といったことに意識が集中してしまう。

 

こうなると、社内「調整」が関与者同士の勝負事になって、そこで「勝つか、負けるか」が目的になってしまっているのです。

 

本質的ではないことで潰しあう、不毛の議論としか言いようがない、実につまらない話ですし、関与者でも建設的に話を進めたい人にとっては、とてもストレスがたまります。

しかし、こういった事態は、会社の中でよく起きる話なんですよね。

 

私自身、管理部門での仕事が長かったため、常に社内「調整」という業務がついてまわります。

人の意見を聞けない・理解できない、自分の主張を一切曲げない、ポジション(社内の役職)によって声の大きさを変える、言うことや態度がコロコロ変わる、はじめっから喧嘩腰、・・・、いろいろな「やりにくい相手」がいますね。

こんな人たちを相手にするのは、本当に面倒くさし、ストレスフルです。

ちょっとでも気に入らないと、すぐに感情的になるし。結果が、自分にとってよろしくないと、いつまでも根に持たれるし・・・。

 

調整で大切なこととは

さて、「調整」におけるもっとも大切なこと、それは、

   主体性を持つこと

と考えています。

 

主体性・・・、自らが中心となって、その意思と判断で行動すること。

自分が発案者の場合は、主体性を持って事に臨みます。そして、主体者には一定の権限と同時に責任と義務がくっついてきます。

 

ここで大切なのは

「権限を役得とせず、責任と義務を重く受け止める」

ことです。

 

社内「調整」が面倒くさい 理由は、「面倒くさい相手に対して時間と労力を使う」ことにあります。

そのストレスとともに、結果として

「発案者ではない者の意見を押し付けられ、自分の意見を曲げなければならない」

というストレスを受けるから、と言えるでしょう。

 

裏を返すと、自分の「発案者ゆえに持つ権限に干渉される」のを嫌がっているということになります。

これは意識するしないに関わらず、発案者として「独善」に陥っているのです。

そして、「案を成功させる、そのためにより良い意見を集約する」という責任と義務を軽視しているのです。

 

自分の好き勝手にしたいと言う気持ちが、社内調整を面倒くさいものにしているわけで、知らぬ間にやっかいな調整相手と同じことをやっているのです。

 

【スポンサーリンク】
 

社内調整の意味を捉えなおしてみる

さて、ここで「社内調整」を、

自分が達成したい目的・目標を実現するため、他者(相手方や協力者)の理解と助力を得ること

と捉え直してみたらどうでしょうか?

 

すると、意見調整は、「自分の意見を押し付ける」ことから、調整相手の「良い意見を引きだす」ことに変化します。

どこかのパートをやってもらう際に、「指示通り動かす」ことから、「相手に、そのスキルとノウハウをより良く発揮してもらう」ことに変わるのです。

 

これがまさに「主体性を持って調整を行う」ことなのですね。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151011225821j:plain

 

調整される側になったとき

また、社内で調整をされる側となった場合も、同じく主体性を持つと良いですね。

自分が関与するパートを、他部門からの頼まれ事ではなく、自分が責任を持って主体的に行うことと考えるのです。

 

そうすると、「決められたことを決められた通りにこなす、押し付けられたつまらない仕事」ではなく、「自らが行っていくべきこと」に変わります。

 

こうなると、「より良いものにしたいという欲」が出てきますので、調整の際に、自分のメンツや楽をしようと言った後ろ向きの姿勢から、建設的な姿勢に変わってきます。

当然、結果に対しても、強くコミットしますよね。

 

あわせて、直接には関与できないパート、ひいては施策全体に対する当事者意識が高まっていきます。これは、仕事の巾が広くなっていることを意味します。

仕事が面白くなります。

こういった流れが積み重なってくると、もっともっと仕事が面白くなってくるのです。

同時に、自身の能力も信用も高まっていくものです。

 

まとめ

どんな会社でも、頭の固い分からず屋は少なからずいると思います。

そんな人たちを相手に、「勝ち負け」の姿勢で社内調整を行ったところで、不毛の議論となるばかりです。

 

ここはひとつ、「主体性」を持って、相手の良い意見を引き出し協力を得るというスタンスで臨みましょう。

これによって、あなたの手で社内調整を建設的な場に変えることができるはずです。

 

 では、また。

 

【スポンサーリンク】