ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

人は何のために働くのか?仕事のやりがいとは何かについて考えてみた

 

【スポンサーリンク】

「稼ぎと勤め」

「稼ぎと勤め」。

かつての日本では、この2つが揃ってはじめて「一人前の大人」と認められていた、との話を聞いたことがあります。

 

稼ぎとは、お金を稼ぐこと

「稼ぎ」とは、自分の食い扶持はもちろん、「一人前の大人ではない」家族を養うお金を稼ぐことであり、経済的に自立しているということでしょう。

 

勤めとは、役割を果たすこと

「勤め」とは、何らかの社会的な活動をしている、と言う意味です。

いわゆる、ボランティアや公的役職に就くなど、まさに社会的な活動を行っていることをはじめ、事業や会社勤めなどの経済的活動、そして、家内で育児や家事を行うなどその人なりの役割を担うことも、立派な勤めです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151016203203j:plain

 

現在の社会において、「稼ぎと勤め」がないからといって、一人前ではないのか?と問われると、それはちょっと違うと思いますが、それでも、”本質的”な部分は変わっていないように思います。

 

「何のために働くのか?」

「何のために働くのか?」

どなたでも、これまで一度は考えたことがある問題でしょう。

学生時代はもちろん、実際に働き始めてからも「なんで働かなきゃいけないんだろう?」って。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「何のために働くのか?」と自問自答したとき、一番目に来る答えは、やっぱり「お金のため」になりますよね。

現実問題として、「お金」がないと生きていけませんから。

だから、いやなことも我慢して働く。

で、イヤになって「何のために働くのか?」とまた自問する、これを繰り返します。

 

ところで、「じゃあ、お金のためだけに働いているのか?」と聞かれると、必ずしも、そうだとは言い切れない部分ってありませんか?

(もちろん、お金のためだけと割り切って働いている人もいるでしょうけど・・・)

 

働くこと、そこには、自分のやりたいことや、やらなければならないことがあります。

やっている途中の充実感や倦怠感、やり終わった後の達成感や挫折感、そこから生まれる次への欲求、そして、何より働くことを通じて人との関わりがあります。

 

これらが、ずーっと絡み合いながら続いていく、その中で、自分の役割を果たし、自身の存在を意識することが、「働くこと」ではないでしょうか?

 

こう考えていくと、「働くこと」は、一人前の人間である「稼ぎと勤め」の橋渡しだと言えます。

つまり、

  「稼ぐ」=”働く”=「勤める」

と言ってよいと思うのです。

 

【スポンサーリンク】
 

「仕事におけるやりがいとは」

上の「稼ぐ」=”働く”=「勤める」という図式から、お金の「高」を除いたら、仕事におけるやりがいとは、自身の役割を果たし、それが認められることだと言えます。

 

そして、それは、「人から頼られること」なのです。

 

どのようなことであっても、人から頼られることは、自分自身の存在意義を最も意識できるときではないでしょうか?

そして、頼られる内容の難易度が高ければ高いほど、示される感謝が強ければ強いほど、感じる幸福度は高い。

 

ですから、どのような職場であろうと、どのような仕事に就こうと、どれくらい周囲から頼られているかが、働く人間にとって、その価値と人生の幸福度の尺度となるのではないかと思います。

 

つまり、「仕事におけるやりがい」とは、仕事そのものに対して持つ部分もあるけれど、それ以上に、仕事を通じて「役に立ち、かつ、役に立てたことを自覚すること」で得られるものと言えるでしょう。

 

よろしければ、こちらもどうぞ!

 また、今の会社では、どうしても「仕事のやりがい」が感じられないという方は、下記の転職サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか?

一度、自分自身を客観的に見つめ直して、場合によっては転職を検討するのもよいかもしれません。

 

自分の適性を知ることができるサイト「ピタジョブ 」。

最短30秒で登録できます。

 

転職したら年収はいくらかがわかるサイト「MIIDAS(ミーダス) 」。

登録すると、「面談確約」のオファーメールが届きます。

「MIIDAS」で自分の適正年収を調べたら、ついでに企業が求めるスキルとその金額的価値が分かった話 

 

それでは、また。