ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

管理職と一般社員の間にあるもの

集団における役割

人が集まって、何らかの集団ができたとき、参加メンバーの中に「役割」というものが発生します。

集団の「目的」や「しばり」によって、「役割」はハッキリしていくように思います。

 

たとえば、仲の良い友達同士の集まりの場合、飲み会をセットする人、会計する人、FaceBookで公開する人、などがゆるやかに決まっているように思います。

 

これが、小学校の学級会になると、委員長、副委員長、美化係、図書係、給食係・・・のように、クラス運営という目的の元、役割が決められ、ある程度の強制力?(授業の開始時に委員長が「起立・礼・着席」と号令をかけ、全員それにならう)みたいなことがありますよね。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151028175859j:plain

これが、最もハッキリしているのが「国家運営」だと思いますが、ある種、一番厳格に適用されているのが「会社」という組織だと思うのです。

 

株主はちょっと別にすると、

  取締役 / 執行役員 / 管理職 / 一般社員

に大きく区分できますし、それぞれの中にも階層があります。

 

私のいたって個人的な感覚ではありますが、人口比率は、取締役と執行役員は多くても2~3%程度、管理職が10~15%、一般社員が85~90%くらいではないかなぁ、と。

そして、それぞれの中にさらに階層があり、なすべき役割を果たしているものと思っています。

【スポンサーリンク】
 

上司と部下

さて、一般に言う上司と部下の関係とは、管理職と一般社員のそれだと思うのですが、ここに「対立の図式」が出来やすいのは、まさに管理する側とされる側の軋轢によるものでしょう。

 

同じ従業員という立場でありながら、管理職は経営サイドに立っていて、一般社員に仕事をさせることが仕事となります。

 

ドライに割り切った言い方をすれば、

  • 一般社員は、労力と時間を提供して自分の「役割」を果たし、対価としての給料をもらう
  • 管理職は、責任と権限に基づき、複数の一般社員が「役割」を果たすよう管理し、組織として成果を出す「役割」がある

わけです。

 

さらにドライに言えば、

  • 一般社員は、より少ない労力と時間で、より高い報酬を得たい
  • 管理職は、より少ない投資(人員数を含む)で、より多くの収益をあげたい

ということです。

 

どこからどう見たって、バッティングしますよね。

 

さて、このように、理屈だけで突き詰めて考えれば、双方相容れないものではあります。

また、同じ一般社員の間でも、他のメンバーを束ねる立場や、新入社員や後輩を指導する立場があり、管理職の間では、より厳格な上下関係がありますので、各々の区分けの中でも、当然のように軋轢は発生します。

 

ただし、人間が営むものである以上、そこには智恵があり、うまくこなすことも出来るものでもあるのでしょう。

 

部下に対して、何をどう考えなすべきか、これは、とても重く難しいことですが、上司として最も重要な仕事だと思います。

 

<関連記事>

上司の心得

 

部下との関係

 

部下の成長支援と業務指示