ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「引き寄せの法則」には、プラスもマイナスもあることを実感する

引き寄せの法則

引き寄せの法則、一言で表すと「思ったことや願ったことは実現する」ということであり、ポジティブな思考を推奨するかたちで使われるケースが一般的だと思います。

 

でも、マザーテレサは、警告的に語っていますね。

思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい それはいつか運命になるから

 

 一昨日の日曜日、そして今日、引き寄せの法則のプラスとマイナスの両方を経験しました。

いずれも、人との出会いの話です。

 

プラス面として

今日、2つの会合がありました。

 

偶然の広がり

本当にたまたま偶然、知り合いになって、付き合いが始まった人がいます。

今日は、そのご縁で知り合いになった別々の2人と時間を置いて合ったのですが、両者とも「紹介したい人がいる」と、さらに違う人を引き合わせてくれました。

 

その方々も、これまた素晴らしい人たちで、一緒にいて、本当に楽しく過ごすことができ、おまけに、たくさんの気づきやヒントをいただきました。

そして、それぞれ別れ際に、「次回、紹介したい人がいるんだけど」、「今度、とある集まりがあるんだけど、来ない?」との声がけが。

 

まさに、引き寄せの法則があるんだということを、実感したのです。

 

 

マイナス面として

今日は、こんなに良いことが続きハッピーだったのですが、実は日曜日にとてもイヤなことがあったのです。

 

不愉快な時間

7月に、これも偶然だったのですが、とある人と接することがありました。

その人に対する第一印象が非常に悪く、実際に話をしていてもムカムカすることばっかりで、実に気分の悪い時間を過ごしたのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

それでも、たまたま偶然一緒になっただけだし、以降は何の関係も続かない相手だから、別れた後、「この先、一生二度と会うことはない」と自分で自分を慰め、不愉快な時間を忘れようとしていたのです。

でも、そんな人に限って、ふとした拍子に思い出し、気分を悪くする、みたいなことが時々あったのです。

 

不愉快な再会

そうしたら、日曜日・・・、とある会合に出席したところ、その人もいたのです。

いったい、どれくらいの確率で再会してしまったのか・・・。

 

「マジかよ?!」

一瞬、帰ろうと思ったのですが、ここで帰るのも何か負けた気がすると思い、その場に残りました。

で、やっぱり不愉快な時間を過ごすことになりました・・・。

「会いたくない」という想いが、「もしかしたら、また、会ってしまうかも」と変わり、引き寄せの法則が逆に実現してしまったようです。

 

「思考を現実化させる」には

今日は、久々に午前様になるまで飲み、帰宅中、楽しい2つの出会いを反芻しておりました。

それとともに、日曜日のイヤな再会を振り返ってみました。

 

そして、思い至ったことがあります。

それは、

プラスの思考はチャンスに変えられる、一方、マイナスの思考は悪いほうに現実化する

ということ。

 

【スポンサーリンク】
 

ただ、とは言いながら、この2つには決定的な違いがある、とも思いました。

それは、プラスの思考は、どんどんと広げられるのに対して、マイナスの思考は収束できる、と言うこと。

 

「思考は現実化する」とは言え、「思考を現実化させたい」という気持ちがあれば、人は行動に移すことができるからです。

 

プラスの思考を広げたいと思うのであれば、そのように行動すれば良い。

マイナスの思考を収束させたいのであれば、考えなければ良い。

どうしても考えてしまうのであれば、考え方をできるだけ違う方向に切り替える。

すると結果は変わってくる可能性がある。

 

ということで、「引き寄せの法則」も、「プランド・ハプンスタンス・セオリー」も、一番大切なのは、やっぱり本人の意思なのだなと、改めて思いました。

 

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)

  • 作者: エスター・ヒックス,ジェリー・ヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,吉田利子
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2007/10/30
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 96回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る