ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

蛭子能収さんの日めくりカレンダー「生きるのが楽になる まいにち蛭子さん」をみて

いかにも蛭子さんらしい?

 

 蛭子能収さんの日めくりカレンダー「生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)」が発売されますね。

 

蛭子さん、カレンダー印税7%と知りがっくり : スポーツ報知

 

記事を読んでいると、松岡修造さんの「まいにち、修造!」の人気に便乗されたことを、素直に認めてます。

あわせて「断るのが苦手」だけど、「印税欲しさに」とか、いかにも、らしい言葉が続いてて、思わずにやけてしまいました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

31の格言

 毎日ではなく、日めくりだそうで、”格言”は全部で31。
少し抜粋引用させてもらうと

 

 「人生の目的は死なないこと!」

 「勝ち組って、たまたま勝ちが続いているだけでしょ?」

 「空気を読んでそんなにいいことあります?」

 「どうせ人は適当に言ってるだけ、プレッシャーなんか感じる必要ないですよ」

 「人生には『前向き』だけじゃなく『後ろ向き』も必要ですよ」

 「思い切って逃げることも人生には必要ですよ」

 「自信なんて、たいして役に立たないですよ」

 「毎日、同じ仕事の繰り返しなのは悲しいことじゃないよ」

 「傷ついた記憶は人生の参考材料」

 「予測してもしょうがないものは予測しなくていいです」

 

蛭子さんならではの味わい深さ

味わい深い言葉ですねぇ。

ほんわかして、気持ちが安らいでいきます。

 

全部、ブログのタイトルにして記事が書けるんじゃないか、とも思いました(笑)。

と言うか、もうすでに、こんなタイトルのブログ記事、いくつも読んでるかも(笑)。

 

「いやいや、それを言っちゃあオシマイよ」と思う言葉もありますが、時と場合によっては、下手な元気付けより、よっぽどシックリくると思います。

 

「まいにち、修造!」も、すごく元気がでて良いですが、「なんか、今日は疲れたなぁ」「もう、いいかな」といった気分のときには、こちらの”格言”のほうが、心の健康に良さそうですね。

 

部屋に両方飾って、気分で使い分けるのが良いのかもしれません。

 

ただ問題は・・・、毎日、蛭子さんの顔を見るということかと・・・。

 

 よろしければこちらもどうぞ!