ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

『嫌われる勇気』 一度、読みかけて挫折したけれど、再度、読んでみようと思う

 

【スポンサーリンク】

『嫌われる勇気』、大ベストセラーですね。

 

手元の一冊、帯には「80万部突破」と記されています。

買ったのが今年の夏ですので、もう100万部を超えているかもしれません。

 

それだけ多くの人が読んでいる本です。

「自分も」と思い、手にしたのですが・・・、途中で挫折しました。

 

この本、「哲人」と「青年」が対話を重ねていく形式です。

「哲人」の言葉(=主旨・内容)は、易しい言葉で、具体的に書かれているので、わかりやすいのです。

 

ところが、「青年」の問いかけが、あげ足取りであったり、瑣末なところに突っ込みを入れたりで、本論からブレていく感じがしてくるのです。

「哲人」の言葉を、咀嚼し深堀りする前に、枝葉に気が散ってしまう、といえばいいのでしょうか・・・。

 

そして、それ以上に、「青年」のもの言いがやたらに大仰で、「!」を連発しているのが、どうしても鼻について仕方なかったのです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151208022853j:plain

 

それで途中止めをしたのですが、なんか気持ち的に「負けた感」が残り、ちょっと悔しかったので、別のアドラー本を買いました。

 

 それが、『「ブレない自分」のつくり方』

文字が大きく、挿し絵が多くて2色刷り、おまけに項目ごとに「ポイント」のまとめがあって、チェックボックスまでついています(笑)。

 

内容は、

  1. 「ブレない自分」をつくる方法
  2. 「対人関係」の悩みを解決する
  3. 「人生」を前向きに歩む

の3つの章立てで、

  • 他人の評価ばかりが気になる
  • 会社の上司とそりが合わない
  • 同僚の活躍をねたましく思う
  • イヤなできごとが忘れられない

など、「あるある」って思う項目が全部で35記載されています。

 

読みやすいし分かりやすい。スラスラ~っと読めました。

そして、「アドラー心理学」ではどんなことを言っているのか、そのベースとなる部分に触れることができたと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 でもね、今度は逆に、ものたりないのです・・・。

 

内容は、

  • よろしくない状況
  • なぜそうなったかの原因
  • 望ましい姿はどういうものか

が書かれていてます。

 

「おぉ、なるほどね」と納得できるものばかりなのです。

でも、一番知りたい「望ましい姿」になるための方法が、「○○するとよい」とか、「○○と考えるようにすればよい」と、サラッと流されている感じなのです。

 

「いやいや、それは分かってる。だけど、それが出来ないんだよ」って突っ込みをいれたくなるのですね。

(もちろん、「そうやればいいんだ!」と合点のいくことも、たくさん書かれていますが・・・)

 

そこで、『嫌われる勇気』をパラパラっと斜め読みしたら、なんで?、こういう場合は?、で、どうすりゃいいの?を、「青年」がネチネチと絡むように質問してくれています(笑)。

ということで、改めて読み直そうと思っています。

 

何か新しい分野の知識を得ようとするときは、とにかく読みやすい超入門書を一冊買って、最後まで読みきること。

その上で、さらに知りたいのであれば、普通?の入門書を購入する、これが自分には合ったやり方のようです。