ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

ネットショップによる即時宅配サービスの話を聞いて思ったこと

 f:id:b-zone-salariedman:20151212235536j:plain

 

 

即時配達サービス

某ネットショップ大手が、即時配達サービスを行っているのをご存知でしょうか?

 

エリアは東京都の渋谷区を中心とした4区限定で、ネット注文から最短20分、平均でも1時間想定で配達、送料は390円~、購入金額が2500円を超えると無料になる(条件はあるようですが)、というサービスです。

 

皆さん、このサービスについて、どう思いますか?

 

私は、「そこまで時間を切り詰めた商売をやらなくてもいいのに・・・」と思う反面、ユーザーの立場としては、使い方によっては便利なサービスだと思っています。

 

我が家で日常的に行くスーパーは、家から自転車で10分ちょい。

毎回というわけではありませんが、お米やビールを買ったときは、とても自転車に載せきれない量になります。

 

以前は、買った品物を入れるため、登山用の大きなリュックを背負って、買い物に付き添っていたのですが、数年前、配送サービスを始めてくれたおかげで解放されました。

その際の配送料は、一律200円。届けられる時間は、混雑状況によってまちまちです。

 

生鮮食品のように、現物を見て買いたいものを別にすると、ネットショップのほうが、少ない手間で買い物できるように思います。

うちは該当エリアではないので、利用したことはありませんが・・・。

【スポンサーリンク】
 

 

仕事の様子は

さて、今日、ご一緒していた人の息子さんが、その配達のアルバイトをしているとのこと、少し話を聞かせてもらいました。

 

バイト代が良い

通常の配達のバイトの1.5倍くらい。その分、応募者が多く、10倍の難関だったとか。

で、採用されたのは、なぜか、高偏差値の学生ばっかりだそうです(←ここに一番興味を持ちました)。

 

待ち時間が多い

彼が勤務しているのは、お昼の時間帯で4時間程度ですが、待機時間が多いそうです。

配達料収入だけだと、彼の時給は捻出できないレベルだそうです。

 

*通常の注文で送料をショップが負担していれば、相応の宅配料を支払っています(正規料金だと、700円以上はかかっている計算)ので、それとの差し引き収支は不明ですが・・・。

 

印象的な配達物

 赤ちゃんの「粉ミルク」

  → すぐに必要だけど、買い物に出かけにくい状況だから?

 高層マンション上階への「ビール」

  → 重いので、買出しや運搬するのが億劫

 

気になっていること

仕事が少ないので、バイト仲間たちは「この仕事がなくなってしまうのではないか?」と一様に心配している、とのこと。

 

割の良いバイトだから長く続けたいけれど、彼らのシフト時間である昼間では、あきらかにペイラインに乗っていないので、このサービス自体がなくなってしまうのではないか?ということです。

で、「何とかしなきゃ」って、言っている人が結構いるそうです。

 

これを聞いて、バイトにあえて高偏差値の大学生(≒頭の良い学生)だけを選んだのは、

仕事は、好条件で時間的に余裕がある、けれど、無くなるかもしれない危機的状況

の際、

自分たちの仕事を守るために、何らかの有用なビジネスアイデアを出す

かもしれない、という実験をやっているのでは?と思ってしまいました。

 

・・・、非常に穿った見方ですね。

実際、「バイトの人たちは、自発的に何か始めたの?」と聞くと、「それはない」との答えでしたので・・・(笑)。

 

 

Amazon Prime Now

Amazon Prime Now

 

 

 

よろしければ、こちらもどうぞ