ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

あなたは自分の「顔」に責任を持てますか?

【スポンサーリンク】
 

 

内面が外面に出る8つのポイント

人間の内面を言い表す言葉で「うまく表現しているなぁ」と感心したものがあります。

 それは、以下の8つ。

 

  • 性格は顔に出る
  • 生活は体型に出る
  • 本音は仕草に出る
  • 感情は声に出る
  • センスは服に出る
  • 美意識は爪に出る
  • 清潔感は髪に出る
  • 落ち着きのなさは足に出る

 

これ、どうですか?当たっていると思いません?

 

私は、はじめてこれらの言葉を知ったとき、自分自身を振り返ってみて、そして、周囲にいる人を思い浮かべました。

そして、「当たってるなぁ」って思ったものです。

 

自分の顔に責任を持て

さて、アメリカの元大統領リンカーンの有名な言葉に

 「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」

というのがあります。

 

リンカーンが閣僚を選ぶとき、ある人物がその候補として推薦されました。

大変有能な人物であり、推薦人は「是非に!」との強い思いがあったのですが、リンカーンは、その人物の名前を聞いたとたん、即座に拒否したとか。

 

理由は一言、「俺はあの男の顔が嫌いなんだ」と。

 

推薦人は納得がいかず、

「彼があのような顔なのは、彼自身の責任ではない!」

と食い下がったのです。

 

しかし、そのときにリンカーンが発したのが、

「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」

という言葉だったのです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20151214204942j:plain

 

リンカーンが言いたかったこと

リンカーンっていうと、たいへんな博愛主義者ってイメージがありますよね。

そんな彼が、「顔」だけで人物評価をしたとは、まして、「顔が嫌い」だからイヤだといったとは、ちょっと信じられない話です。

 

でも、リンカーンが言いたかったのは、その人の内面にある人間性は表に出てくる、ということだったのですね。

 

人の内面は顔に出てくる

一言で性格と言ってもいろいろな種類がありますし、誰でも複数の性格を持ち合わせているもの。

ですから、すべての性格が特徴的に顔に出る、というものではありません。

 

それでも、内面にある本質的な人間性は、歳を重ねるごとに顔に出てくるといえるのではないでしょうか。

 

どのような人生を歩んできたのか、日々の場面場面で何を考え、どう行動してきたか、それらの積み重ねによって人の内面で育まれてきたものが、歳を重ねるごとに「顔」に滲み出てくる、ということです。

 

 思いやりのある人は、やさしい顔に。

 明るく前向きの人は、ほがらかな顔に。

 意思の強い人は、しっかりとした顔に。

 性根の悪い人は、悪人顔に。

 

こう考えると、顔はその人の生き様によって作られていくものであり、40歳を過ぎるころには、内面がしっかりと顔に表れているということ。

これをリンカーンは言いたかったのです。

 

そして、リンカーンは、「男は40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て」と男性限定の物言いをしましたが、これは女性にも十分あてはまるといえるでしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

歳をとってからも変わっていく

では、「40歳を超えると、もう顔は変わらないのか?」というと、そんなことはないと思います。

 

歳はとっていても、その人が置かれている状況が変われば、顔つきだって変わることは、いくらでもありますからね。

 

厳しいビジネスの最前線で毎日、必死になって働いていた人は、鬼のような面相をしているでしょうけれど、引退が決まったとたんに好々爺のような優しい面持ちになる。

毎日、ダラダラと過ごして腑抜けのような顔をしていた人が、生きがいを見つけて頑張り出したとたん、イキイキとした精悍な顔つきになる。

 

こういうふうに、歳をとっていても顔つきが変化する人は、たくさんいますよね。

そして、今現在のその人の内面が、もっとも強く顔に出ているとも言えるでしょう。

 

つまり、自分で自分の心の持ちようを変えることができれば、自分で自分の「顔」を変えることもできるはずなのです。

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

今の自分の顔は、これまでの自分の生き様と心の持ちようの積み重ねであり、自分が作ってきた顔です。

 

自分の顔に責任を持つということは、それがどのようなものであっても、産んでくれた「親のおかげ・せい」ではなく、自分自身の行いの結果であるということです。

 

そして、今現在の自分の顔は、今の内面がもっとも強く表に出ているもの。

鏡を見たときに、イヤ~な顔が映っていれば、まずは自分の気持ちをチェックしてみましょう。

内面が荒んでいたり、悪いことを考えているかもしれませんから。

 

そして、上にも記した内面が外に表れる8つのポイント

  1. 性格は顔に出る
  2. 生活は体型に出る
  3. 本音は仕草に出る
  4. 感情は声に出る
  5. センスは服に出る
  6. 美意識は爪に出る
  7. 清潔感は髪に出る
  8. 落ち着きのなさは足に出る

の残り7つもチェックしましょう。

 

下の6つは、内面のバロメーターですが、どれも意識していれば変えられるので、 良いものは出し、悪いものはださないようにしたいものですよね。

もっとも、2番目の「体型」だけは、急に何とかできるものではありませんが・・・。

 

では、また。