ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

埼玉県名物! 武蔵野うどん おすすめベスト5!+アルファ5

 

【スポンサーリンク】

<2017年3月25日追記あり>

あまりイメージないかもしれませんが、埼玉県は、香川県に次ぐうどん生産量全国第二位の「うどん大国」なのです。

 

その中でも、名物と呼ぶべきは「武蔵野うどん」。

もともとは、武蔵野地方の郷土料理で、コシの強い麵をさしているとのことですが、近年は、この地方で肉汁につけて食べるうどんを総称して「武蔵野うどん」と呼んでいるとのこと。

(「武蔵野うどん」を埼玉名物と言うと、多摩地区の人にお叱りを受けるかもしれませんが・・・)

 

この「武蔵野うどん」、実においしいのですよ。

ということで、私的におすすめする埼玉県の「武蔵野うどん」をご紹介します。

 

福福

f:id:b-zone-salariedman:20160115181050j:plain

 

「暑いぞ!くまがや」の熊谷市にあるうどん屋さん。

少し平たい麵は、100%地元・熊谷産の小麦粉を使用とのこと。もっちりとしたコシがあります。

お肉が、かなり大きめですが、とてもやわらかく、歯切れも良いですね。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115202545j:plain

住所:埼玉県熊谷市妻沼台29

TEL:048-589-2900

営業時間:11:00~18:00(売り切れしだい終了)

定休日:月曜日

元祖熊谷うどん福福

 

田舎っぺ

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115181521j:plain

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115181632j:plain

 出典:埼玉名物田舎っぺうどん

 

いなかのうどん屋さんといった風情の建物。

店内には創業当初に使われていた年季の入った「のれん」が飾られています。

 

この店の一押しは、きのこうどん。

手切れのうどんに、つけ汁がほどよく絡まり、とてもおいしくいただけます。

 

そして、ぜひ、名物のきんぴらを食べていただきたいのです。

その大きさ、太さにきっと驚かれると思います。


住所:埼玉県北本市深井7-159-2
TEL:048-541-4137
営業時間:10:00~15:00
定休日:年中無休

埼玉名物田舎っぺうどん

 

【スポンサーリンク】
 

藤店うどん

もちもち、というよりは、固い、本当にコシの強いうどん、これぞ「武蔵野うどん」です。

つけ汁には、大きく切られたネギが、これでもか!というくらいに入っています。

お昼時は常に満席で、駐車場待ちの車の渋滞ができるほど。

 

住所:埼玉県さいたま市西区三橋6-14-7
TEL:048-624-2509
営業時間:10:00~15:00
定休日:日曜・祝日

 

 藤原

f:id:b-zone-salariedman:20160115211308j:plain

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115211457j:plain

 

こちらのお店は、「藤店」からののれん分けのようなのですが・・・、激辛うどんが売りのお店。

上の写真は「旨辛うどん」多分、レベル3です(記憶があやふや)。

ごらんの通り、まっかっか。強烈な辛みです。

ですが、一度食べたら、さらなる辛みが欲しくなります。

 

このような辛みにはまった人のために・・・、こちらが、「ジョロキア地獄うどん」です。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115212418j:plain

 

これを完食すると、栄誉あるブラックカードと、ある権利がもらえるのです

完食とは、つけ汁を飲み干すこと。10本以上入っているジョロキアは免除です。

 

「ジョロキア地獄うどん」完食に2度、チャレンジしました。

 

辛い!なんてもんじゃないです。

痛い!!

ひたすら痛いのです。

味も何もあったもんじゃありません。さすがにこれは・・・。

2度とも玉砕しました・・・。

 

1度目はノーガードでチャレンジして、あえなく玉砕。

2度目は温泉たまごとイカのてんぷらをトッピングし、少しでもつけ汁を飲めるようにしたのですが、やっぱり、無理でした。

 

さて、「ジョロキア地獄うどん」を完食できた者にのみ与えられる権利、

それは、「DEATH UDON」へのチャレンジ権です。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115212939j:plain

いつかチャレンジしてみたいのですが、道のりは、まだまだ遠いです。

 

住所:埼玉県さいたま市中央区本町東5-13-21

TEL:048-858-7600

営業時間:11:00~15:00

定休日:日曜・祝日・第三月曜日

2号店が大宮市場の中にもありますよ。

【スポンサーリンク】
 

古久や(武蔵野うどん私的おすすめNo1)

f:id:b-zone-salariedman:20160115204906j:plain

 

f:id:b-zone-salariedman:20160115204924j:plain

 

こちらは、私的にダントツNo.1のおすすめ。

歴史を感じさせるとても古い建物ですが、それもそのはず、創業100年以上続くという老舗だそうです。

造りは昔の農家そのまんまで、畳敷きに年季の入ったテーブル、ぺっしゃんこの座布団で、お世辞にもキレイとは言えません。

が、そこがまたいいんですよね~。

 

この店では「肉つゆうどん」との名称です。

ご紹介している店の中では、麵は柔らかい方ですが、それでもしっかりとしたコシがあります。

 

そして、つけ汁。

なんとも言えぬ、深い味わいがあります。一度食べたら、本当に忘れられないくらい旨いのです。

器がとっても小さいので、食べ始めのころは、気をつけないと、汁があふれ出します。

 

住所:埼玉県飯能市八幡町6-9

TEL:042-971-3215

営業時間:11:00~14:00

定休日:日曜・祝日

 

 

以上、私的ランキング5位を紹介しました。

これら以外にもたくさんおいしい店があります。

 

【スポンサーリンク】
 

+アルファ5

熊谷市「熊たま屋」

JR熊谷駅構内にある上品な味の店です。小さなすり鉢で、自分で七味を調合します。

たしか、生たまごが食べ放題だったと記憶しています。

 

さいたま市「円満」

店構えは町にあるふつうのうどん屋さん。ですが、しっかりとした「武蔵野うどん」のお店。麵は、もっちりした歯ごたえです。

 

さいたま市「駕籠休み」

黄色の目立つテントに、外側でも内側でも、とにかく自己主張しまくりの店です。

毎日、湧き水を汲んできて、それでうどんをこねているとか。

 

加須市「久下屋脩兵衛」

武蔵野うどんとしては、かなり柔らかい麵です。こちらでは「加須うどん」と呼ばれていますね。

 加須市には、「加須手打ちうどん会」と言ううどん屋さんの組合があります。

 加須手打うどん会ホームページ

 

所沢市「竹國」

<2017年3月25日追記>

所沢市のプロペ通りにあるお店です。同じ所沢市の小手指や狭山市、川越市にも支店?があります。

 

店頭では、お団子とお持ち返り用のうどんが販売されています。

入り口を入って右側の券売機でチケットを購入します。

 

まずはこちら、定番の肉汁うどんとイカのてんぷら。

f:id:b-zone-salariedman:20170326012155j:plain

麵はもちろん、武蔵野うどん特有の太めで角がたったもので、しっかりとした歯ごたえです。

つけ汁は、少し甘めで武蔵野うどんとしては割りとアッサリしています。

(が、しっかりとコクはあります)

 

同行者はねぎ汁うどんとエビのてんぷら。

f:id:b-zone-salariedman:20170326012207j:plain

 ねぎ汁うどんですので、もちろん、つけ汁のメインはねぎ。

少し飲ませてもらったところ、肉汁うどんのつけ汁よりもさらにアッサリした感じ。

 

さて、上の写真のうどんを見比べていただきたいのですが、肉汁うどんは中盛で500g、ねぎ汁うどんは並盛でも350gもあり結構なボリュームです。

さらに、大盛は700gもあるのですが、これらは全部同じ値段で650円なのです。

 

並盛とその倍の量の大盛でも値段が一緒とは、大盛を注文したら得した気分、並盛を注文すると損した気分になりますね(笑)。

ちなみに、どちらでもなく中盛を注文した私、500gでも十分すぎる量で、この日の晩ごはんは、おなかいっぱいで食べられませんでした。

コストパフォーマンスは最強です。

 

おわりに

埼玉県内には、本当にたくさんの武蔵野うどんのお店があります。

中には、「絶対に、二度と行かない!」と思った残念な店もないことは無いのですが、こちらで紹介しているお店は、間違いありません。

何かの機会があれば、是非、お立ち寄りください。

(昼間だけの営業店が多いので、ご注意を)

 

<ご参考>

埼玉県の観光スポット

 

埼玉県のアニメ(漫画)の舞台となった場所

 

グルメ記事

 

 

では、また!

【スポンサーリンク】