ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

私が「人見知り」を克服した6つの方法

 

【スポンサーリンク】

私、「人見知り」なのですが・・・

私は、かなりの「人見知り」です。

周りを見ると、社交的な人がたくさんいます。初対面の人であっても、すぐに打ち解け、楽しそうに話をしているのを見ると、本当にうらやましく思います。

 

思い返すと、小さいころから「人見知り」が強く、初めての人と会うときはものすごく緊張して、親や兄・姉の後ろに隠れようとしていました。

幼稚園に入っても、グループに溶け込めず、一人ポツンとしていることもありましたね。

 

小学生になると、さすがに誰かの背中に隠れることはなくなりましたが、それでも、初対面の人と話すのは苦手でしたし、集団の中で、疎外感を感じることもあったのです。

 

「人見知り」であるがゆえに感じる寂しさや、自分自身に対する不甲斐なさ・・・。

社交的とはいかないまでも、この状態を少しでも解消したいと、ずーっと思っていました。

 

「人見知り」は、性格というか、生まれ持った気質の問題だと思います。

私自身、年齢的には十分すぎるくらい大人になっていますが、中身は今も「人見知り」のままだと自覚しています。

 

しかし、今、何かの話の折に、

 「実は俺、ものすごい人見知りなんだよ・・・」

と言うと、ほぼ全員が、

 「うそ!全然、そんな風に見えない」

と反応してくれます。

 

このように、根本的に「人見知り」そのものは直っていないけれど、他者から見てそう感じないレベルになれているので、多少は「克服できた」と言えるでしょう。

 

そこで、人見知りを克服するために、これまで私が何をやってきたのかを整理してみました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160119165144j:plain

 

なぜ、「人見知り」なのか?を考えた

まず初めに、自分自身、人と接するときにどんな気持ちなのかを振り返ってみました。

すると、人から

  •  つまらない奴だと思われたくない 
  •  否定されたり拒否されたくない

という気持ちが強く働いている、というのが分かったのです。

 

これらには、「一目置かれたい」とか、「肯定されたい・受容されたい」など、「プラスの評価を得たい」という気持ちがあるのでしょう。

 

ですがそれ以上に、「マイナスの評価を得たくない」という気持ちのほうが強いと思ったのです。

言い換えると、「自分を守ろう」とする意識が先立っている、ということですね。

 

この自己防衛的な意識が、自分の「人見知り」の原因ではないか、と考えました。

そして、「他人から見た自分の存在価値を守ろうという意識」を緩めることができれば、「人見知り」が変わってくるのではないか、と。

 

この発想をもとに、いくつか考え実行したことがあります。そうのち、私が「人見知り」を克服するのに効果があった6つの方法をご紹介します。

 

【スポンサーリンク】
 

考えを変えてよかったと思うこと

自意識を下げる

『私が思うほどには、他人は私のことを考えていない』

これ、真実ですよね。

 

実際、家族や友人、日々顔を合わせている同僚など、本当に身近にいるごくごく少数の人を除けば、人は他人のことを、そんなに強く意識していません。

 

逆に考えれば、いくら自分(私)が「良く思われたい」、「悪く思われたくない」って願ったところで、他人はそこまで意識していないということです。

 

「だったら、相手がどう思うかは、あんまり気にしなくてもいいや」

と考えるようになりました。

すると、初対面のプレッシャーが、格段に少なくなったのです。

 

*ただし、ビジネスにおける初対面の印象は、以降の関係に大きく影響しますので、それに対する意識と準備はしっかりすべきです。

これは、性格的な「人見知り」への対処とは異なる類のものと考えるべきでしょう。

 

その場限りと割り切る

相手にどう思われているか気にしなくなっても、結果として、相手が「なんだ、こいつ」って印象を持つこともあるでしょう。

そのことについても、仕方ないことと割り切るようにしました。

 

もちろん、誰に対してもOKというわけではありません。

何かの会合でたまたま一緒になったとか、儀礼的な紹介を受けたなど、今後の関わりが少ない人が相手の場合、その場限りと割り切るということです。

 

少々、よろしくない表現となりますが・・・、

「どうせ今後、二度と会わないだろうし、仮に再会することがあっても、 相手は覚えていないだろう。だから、こちらが失礼なことさえしていなければ、あとは別にどうでもいいや」

と考えるようになったのですね。

すると、実に気分が楽になり、ぎこちなさが少なくなりました。

 

演じる

相手から、どう思われても良いと記してきましたが、ただ、「黙ったままの無愛想な奴」と思われてしまうと、相手もとっつきにくいし、会話はギクシャクしたままです。

それが、イヤだから「人見知り」を何とかしたい、という気持ちもありますし。

 

沈黙の苦痛が続くくらいなら、いっそ社交的な自分像を作って、それを演じるほうがまだマシだ、と思うようにしました。

 

今でも、無理に社交的な自分を演じようとしてスベったり、いらぬ一言を言ってしまったり、失敗すること多々ですが、気構えとして「逃げ腰」をやめるようにしました。

 

【スポンサーリンク】
 

やってみてよかったと思うこと

事前情報を集める

仕事相手のように「自分は人見知りで・・・」といった言い訳が通用しない場合は、その人の情報をできるだけ手に入れるようにしています。

今の立場や、やっていること、過去の経歴はもちろん、趣味や顔写真なども。

 

これらを見ていると、実際に初めて会ったとき、初対面とは思えないのですね。

たとえ書類上ではあっても、すでに知っていることが大きいのでしょう。

 

また、このような事前情報がなくても、「この人は以前からの顔見知り」と一方的に思い込むと、多少、「人見知り」は緩和されます。

 

話のきっかけは自分からつくる

意識して、自分から話のきっかけをつくるようにしています。

 

ビジネスで交渉を行う場合、主導権を握るのは鉄則です。

「人見知り」だからと言って「待ちの姿勢」だと、相手に主導権が渡り、いいようにやられてしまいます。なので、必ず自分が先導するように、心がけています。

 

このように「人見知り」だから・・・が許されない場面ではなくても、例えば顔見知りが誰もいない立食パーティーなどで、たまたま隣同士になった人に対して、自分から話のきっかけを作るようにしています。

すると、いろいろな話ができて、気の重い時間が楽しい時間になりますし、少なくとも「壁の花」にならずに済みますので。

 

相手に話してもらうようにする

自分がしゃべることで場持ちさせるよりも、相手に話をしてもらうほうが良いです。

話のきっかけは質問からはじめ、その答えに興味を持って聞き入り、さらに質問をする。あるいは、感想を述べたり、褒めたりする。

これによって、「自分が話をしなくちゃ」というプレッシャーから解放されますし、何より会話の流れに乗っていれば良いので、楽なんですよね。

 

ここで重宝したのが「傾聴」の技法です。

詳細は、こちら「聞き上手になるために」シリーズをご覧ください。

 

まとめ

「人見知り」を克服する方法を6つ記しました。

  1. 自意識を下げる
  2. その場限りと割り切る
  3. 演じる
  4. 事前情報を集める
  5. 話のきっかけは自分からつくる
  6. 相手に話してもらうようにする

 

なかでも 

  • 自意識を下げる
  • 自分からきっかけをつくる
  • 聞き上手になる

の3点は、大切だと思います。

 

「人見知り」を何とかしようという方、やれば何とかなります。

是非、トライしてみてください。

 

では、また。