ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

仕事で「忙しい!」と言う人の能力と姿勢

 

【スポンサーリンク】

f:id:b-zone-salariedman:20160204185741j:plain

 

「 忙しい」とは何か

単純に数式で考えると

 「与えられた仕事時間」-「やるべき仕事の量と質」< 0

の場合に、「忙しい」となります。

 

「与えられた仕事時間」は、基本、全員一緒ですから、問題は「仕事の量と質」になりますね。

 

「忙しい」人は、

  • 業務設計そのものが間違っている
  • 本人の仕事の能力に対して、仕事の量か質、あるいは、その両方が高すぎる

と言えるでしょう。

 

両方とも、マネジメントサイドが間違えているわけですが、世に言う「ブラック企業」は前者の比重が高いでしょうし、後者は、本人の仕事の能力の問題だと言えます。

 

そして、その仕事の能力の問題とともに、「仕事に対する姿勢」にも問題がある思うのです。

 

【スポンサーリンク】
 

能力の傾向

程度問題はありますが、「忙しい」と言っている人たちは、おしなべて仕事の能力が不足しており、結果、時間当たりの処理量が少ないと思います。

中でも、以下の能力が不足している傾向が強いのではないでしょうか?

 

業務スキル不足

  • 一般的なビジネススキルが低い
  • 担当業務に関する専門的知識・技能がアップデートできていない

*ベテラン社員に多く見られる傾向で、ITリテラシーが低く、昔の非効率的なやり方に固執する。

 

コミュニケーション能力不足

  • 人が言っていることを正しく理解できない
  • 自分が言いたいことを正確に表現できない

*コミュニケーションエラーが多発し、無駄な仕事や空回りを発生させている。

仕事を断ったり、依頼したりといった「捌き」が出来ないため、一人で抱え込んでしまう。一方、抱え込むことを「自分は頼られている」「自分でなければだめ」と勘違いし、喜びを感じたりする。

 

整理能力不足

これが最大の問題だと思っているのですが・・・。

  • 資料やモノの整理が出来ておらず、どこに何があるかわかっていない
  • 頭の中の整理が出来ておらず、目的・目標の履き違え、手段の目的化、そして、本質をおざなりにして枝葉末節にこだわり、結果、不要不急の仕事を作り出している

 

【スポンサーリンク】
 

仕事に対する姿勢

もうひとつの問題である「仕事に対する姿勢」、これにもいくつかのタイプがあると思います。

 

生活防衛として忙しくしているタイプ

  • 本当は忙しくないけれど、ヒマそうにしていたら余計な仕事を押し付けられるので、忙しいフリをしている
  • 家に居づらくて、会社以外に行く場所がなく居残る
  • 残業代を稼いでいる

 

忙しくないと落ち着かないタイプ

  • 「仕事とは忙しいものである」との思いに凝り固まっており、身体に染み付いている → 他の人間にも忙しさを強要するタイプ

 

忙しい人と思われることに価値をおくタイプ

  • 「忙しい人」=「必要な人」という思い込みがあり、必要のない仕事を勝手に作り出していく。「忙しい!」と言うのが好き → 「忙しそうですね」と言ってもらうことに喜びを感じるタイプ

 

上記以外のタイプもあると思いますし、複数のタイプに当てはまる人もいるでしょう。

能力不足も含めて、この手の人が近くにいると、良い感じはしません。

まして、「忙しい!忙しい!」と、ワーワー騒がれたら、鬱陶しくて仕方ないですよね。

本当に忙しい人は、あまり「忙しい!」と言わないですからね。

 

まとめ

ここで書いてきた人たちは、本質的には変わらないかもしれませんが、少なくとも周囲に迷惑をかけない程度に、「マシになる」ことは可能だと思います

 

  • 仕事の能力が足りない人には、その能力を身につけてもらう。
  • それでも無理なら、担当する業務の見直しを行う。
  • 姿勢が良くない人には、その問題点を自覚し、改めてもらう。

 

本人の仕事に対する価値観に踏み込む話ですので、大きな軋轢は発生しますが、マネジメント如何、つまり上司の考えと行動によって解決できることだと思います。

 

一方、注意すべきは、「忙しい!」と言う言わないは別にして、上述の問題、特に「仕事の能力不足」は、誰にでも起きうる問題であると言うこと。

 

この傾向にある人たちは、年配者が多いと思いますが、人間である以上、年を取るほど、新しいことに対する抵抗感が強くなります。

まして、これまでの長い年月、身につけたやり方で仕事をして来ているわけですから、それを「正しい」と思い込むのは、ごく自然なことです。

結果、知識・スキルは古びていくけれど、人の話には耳を傾けられなくなるわけです。

 

これが起きるかどうかは、実年齢に関係なく「自己成長」を意識しているか否かによるものだと思います。

 

若くて吸収力があり、知力が高い人であっても、「自己成長」しようという気力がなくなると、時代の流れについて行けなくなる、ということではないでしょうか。

これは、是非、留意していきたいところです。

 

以下の記事、参考になると思いますので、よろしければお読みください。

b-zone-salariedman.hatenablog.com

それでは、また、次回!

 

【スポンサーリンク】