ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

リーマンショック級の不景気がくる、かもしれないそうです

 

【スポンサーリンク】

リーマンショックの再来?

池上彰さんの「ニュース そうだったのか!!」という番組があります。

3月19日の放送を見ていたら、「2016年にリーマンショックのような、世界的不景気がやってくるかも・・・」というショッキングなお話がありました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160322223828j:plain

2016年3月19日放送|池上彰のニュースそうだったのか!!|テレビ朝日

 

内容は概ね、以下のとおり。

  • 今、極端に原油価格が下がっている
  • その理由は、アメリカがシェールオイルを大量に採掘し供給過剰になっているから
  • シェールオイルとは、近年、採掘方法が開発されたもので、生産コストが高く、現在の原油価格では、採算が取れていない

 

  • 採掘会社は設立時に大量の社債(≒借金)を発行、そのお金で設備を整えた
  • 採算割れしている中、社債は「紙くずになるかも」というリスクの高い債権となり、利回りを高くしないと引き取り手がいなくなってしまった

 

  • リスクの高い社債を複数集めて証券にする方法がある(リスクは相対的に低くなり、他のまともな債権より利回りは高めであるため、買う人が出てくる。CBOと呼ばれるものです)
  • シェールオイルの採掘会社の社債が大量に組み込まれている
  • どの証券に一体いくら組み込まれたか分からなくなっているが、相当、売れており、証券の総額が「100兆円」になっているとの説もある
  • 社債の返還期が、この4月である。が、もし返せなかったら・・・・

 

f:id:b-zone-salariedman:20160322223954p:plain

出典:http://www.pwalker.jp/wtioil.htm

 

リーマンショックでは、返済能力の低い人向けの高金利の住宅ローンが証券に組み込まれていたことが発端とのこと、今回のは、とてもよく似た構造だと言えます。

 

そして、デフォルトとなると、安全資産として円が買われて円高となり、日本の特に輸出企業には大きな打撃になるわけですね。

 

ちなみに池上さんは、「なるかも」という言葉を連発しながら、「こういう説がある」と解説をされており、「こうなる」などの断言はなかったと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

よく分からないこと

池上さんの解説はとてもわかりやすかったのですが、でも、素人なりに疑問に思う点もあるのです。

 

リーマンショックの教訓はないの?

リーマンショックでは、世界中があれだけ大変なことになりましたよね。

なのに、また同じ轍を踏むのですか?という疑問。

超頭の良い人たちが、ひしめき合っている世界ですから、あの教訓を生かして、何らかの歯止めとなる策をつくっていると思うのですが・・・。

「チャンス!」とばかり、売り浴びせてくるのでしょうか?

 

そんなに大きな影響があるの?

それと、パンクする会社があったとしても、他の採掘会社が買い取ればよいと思うのです。すると、被害は小さくて済むんじゃないかと。

今も毎日、石油を掘っているわけで、リーマンショックのときみたいに、誰も住みたがらない空き家が、ごっそり発生するのとは、訳が違うと思うのですが・・・。

*住宅ローンは1.3兆ドル、シェール関連は3000億ドルとの説あり

 

まあ、これが引き金となって、疑心暗鬼による負の連鎖が起きる、さらには、アメリカの利上げや、中国問題が再燃するということのようなのですが・・・。

 

おわりに

池上さんの解説を聞いて、「へぇ~」と感心し、ちょっと賢くなった気分だったのですが、時間が経つにつれてモヤモヤしております。

ということで、実に煮え切らないエントリーになってしまいました。

 

ではまた。

 

5月26日追記

5月も後半となりましたが、幸いなことにリーマンショック級の不景気は来ておりません。

私が調べた範囲では、シェール関連でパンクしたという情報はありませんでした。

少しだけですが、石油の値段も上がっておりますので、一息ついたのでしょうか、ね。

 

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

 

 

【スポンサーリンク】
 

(6月24日追記)

6/24 11:45現在、イギリスのEU離脱に関する国民投票の開票中です。

離脱8,318,550 残留7,842,626。

直前までの予想と相反して、離脱の現実味が高まってきました。

EU Referendum Results - BBC News

 

この状況を受けて、ドル円99.08をつけ、また、NK225先物も15,010円と1,000円超の値下がりとなりました。

 

もし、イギリスがEUから離脱したら、リーマンショック級の不景気が本当に来るかもしれません・・・。

 

 

関連記事はこちらです。

 

<おすすめ図書>

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com

ではまた。

 

<関連書籍>