ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

ロキソニンの副作用に関する報道について

f:id:b-zone-salariedman:20160326143915j:plain

 

痛風持ちの私は、痛み止めの薬である「ロキソニン」を愛用しています。

 はじめて発作が起きて、のた打ち回っているときに、救ってくれたのが「ロキソニン」

歯医者さんで処方してもらった余りを飲んだところ、痛みを抑えることができたのです。

 

それからは、痛風の痛みはもちろん、頭痛や風邪気味のときに服用するようになり、(当時はまだOTC医薬品ではなかったので)通院のたびに多めに処方してもらっています。

【スポンサーリンク】
 

 

TVニュースで、その「ロキソニン」に、重大な副作用があるとのアナウンスが!

愛用者である私にとっては、大問題、どういうことかと見ていたら・・・、小腸・大腸の閉塞・狭窄などが追記されたとのことなのです。

 

「ええ?!そうなの?俺、別に何ともないけど?」と見ていたら、アナウンサーは、

「ただちに服用をやめる必要がある、というほどの話ではない」

と締めくくっていました。

その程度だったら、別にニュースで取りあげるほどじゃないでしょ、と思ったのですが・・・。

 

もともと、薬には用法や注意事項が多々ありますが、「ロキソニン」も、1日2回を上限とするとか、胃が気持ち悪くなるなどの「副作用」が、いくつも記されています。

 

にも関わらず、今回、こうしてTVでも報道されるなど、「大袈裟」な反応となったのは、人体への影響というのは、もちろん、「ロキソニン」自体は歴史のある薬で服用者も多く、また、この追記された「副作用」が、随分と時間が経過した中で見つかったものだから、報道の価値ありと判断されたのだろうと思います。

 

時間が経って分かってくることってあるんだなぁ、と思い、あの「下町ロケット2 ガウディ計画」に出てきた「医薬品医療機器総合機構」のホームページをチェックしたら、

  • 医療用で服用した人患者で、小腸・大腸の狭窄・閉塞関連症例が6例あり、うち、因果関係が否定できない症例が5例(死亡0)

と書いてありました。

わかったような、わからんような内容ですが・・・、とにかく、そういうことだそうで、「情報に尾ひれがついて拡散した」感がします。

ま、身体への影響に関することですから、その是非については、何とも言いにくいのですけど。

 

私はこれからも「ロキソニン」を愛用します。

それにしても、自分にとって相性の良い薬が、「副作用」云々を報道されるのは、あまり気持ちの良いものではないですけど、ね。

 

それでは、また。