ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

自己分析とつまらない仕事の対処法 能動的に仕事に取り組むために1

 

【スポンサーリンク】

前回のエントリーで、能動的に仕事に取り組めるようにするため、

  • 自分で仕事のやり方を変える
  • 自分の気持ちを変える

の2つがあると記しました。

これらについて、思うことを記したいと思います。

 

自己分析する

向き・不向き、得意・不得意、好き・嫌い

人間、誰でも得意・不得意があります。

この得意・不得意は、そもそも向き・不向きによるところが大きいと思うのです。

 

自分が向いていることは、少しの努力で出来るようになる。

すると、それが得意となり好きになる。

 

逆に向いていないことは、多くの努力をしてもなかなか思うように伸びないし、そもそも努力自体が大変な苦痛です。

なので、いつまでたっても不得意だし、嫌いとなる。

 

好きでない仕事に対しては、「やらされ感」を感じるものですが、大体が不得意なことでしょう。

そして、それは向いていない可能性が高いと思います。

f:id:b-zone-salariedman:20160412192907j:plain

 

自分を知ること

では、自分は何に向いていて、何に向いていないのか、漠然と思うところはあっても、具体的に把握できている人は、案外、少ないように思います。

そもそも、あまり自己分析を行わないですからね。

そこで、「自分は一体、どんな人?」か、チェックしてみると良いと思います。

 

書籍

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』

この本は、もう何年も前に出版されたものですが、コンスタントに売れているようで、就活者には必須なのかもしれません。

本のカバーにあるコードを入力すると、診断を受けられます。

 

転職サイト

いくつかの転職サイトでは、適性診断できるものがありますので、これらを活用するのも良いでしょう。

 

ちなみに転職サイトですが、世の中にはどんな仕事があり、どんなスペックや能力が求められているか、そして、労働市場の状況と自分の市場価値を知ることができます。

もちろん、自社・同業他社の状況もわかります。

メルマガで仕事のヒントなども知らせてくれますので、転職を考えていなくても、ざっと眺めていてもおもしろいですよ。

 

私は、下記のサイトに登録しています。

*一番のお気に入りが「 キャリコネ転職サービス」 。様々な企業情報や現役社員の口コミ、そして、給与明細を見ることができて、見ていて本当におもしろいのです。

 

性格診断プログラム

一番のおすすめは、私が受けたこのプログラムです。

仕事以外の面も含めて、本当に自己理解が進みました。また、他者理解の大きなヒントにもなりましたので、おすすめします。

少々、時間とお金が必要で、しかも、開催が限られているようですが・・・。

 

知人や家族に聞く

客観的に知るという意味で、一番手っ取り早いのは、これ。

ですが、正直に言ってくれるかどうかという問題がありますし、正直に言われたら言われたで、「カチン」ときてしまうこともあるでしょうから・・・、一度、自分で自己分析を行った上で、それを検証するために聞く、というのがよろしいかと。

 

これらを通じて、自分自身を把握できれば、どんな仕事に向いているか、どのような仕事が不得意か分かってきます。

すると、どんな仕事に力を入れればよいか、そのレベルを判断する材料にできます。

 

向いている仕事に力を入れると、大きく伸びます。

でも、向いていない仕事をいくら頑張っても、努力に見合った成果を得ることができないでしょう。

負担が大きい分、それが苦痛となり、結果、「つまらない」と感じる仕事を増やしかねないのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

つまらない仕事は、つまらないものと割り切る

仕事を分解する

「仕事」と一言で言っても、実際に担当している仕事はさまざまな業務に分解できると思います。

例えば、営業の仕事をザックリ分けると、

 販売計画の策定、セールス活動、納品・売上金回収、その他付帯事項

などと区分されますが、これらをさらに細かく振りかえって見るのです。

 

お得意様を訪問し、自社商品を扱っていただくというセールス活動は得意だけれど、帰社後、日報を書いたり、交通費を精算するのが億劫で・・・、というふうに、営業の仕事と言いながらも、その中には得意・不得意となる業務が混在していることでしょう。

つまり、今、担当している仕事の全てが得意あるいは不得意ということはないということです。

(もし万一、全て不得意という方は、今すぐ別の仕事に変わったほうが良いかもしれません)

 

さて、不得意と感じている業務は、ほとんどが自己分析で不向きと出たものが理由になっていると思います。

ただ、中には「自分は向いてそうだけど不得意」というものが混じっているかもしれません。それらは、本人の努力不足か、業務をこなす環境が整っていないことが原因だと考えられます。

 

つまらない仕事の対処

「どんな仕事も大切なのだから、つまらないなどと言ってはいけない」と言う人もいるでしょう。これはある面、正論です。

 

ですが、私には「業務としてあるもの」が全て大切だとは思えません。どんな職場でも、慣習的に行われている無駄な作業はたくさんあると思いますので。

まして、つまらない仕事はつまらないですよ。本質的に自分が向いていない以上、つまらないと感じても、それは仕方がないと思うのです。

 

なので、肩肘張らずに、つまらないものはつまらないものと割り切ったうえで、対処することが大切だと思います。

そう考えて、私が行ってきたことは、以下のとおりです。

  • 「苦手」と宣言する
  • 他の人にやってもらう
  • 必要最低限のことだけやる

 

「苦手」と宣言する

「向いていない」とか「不得意」といった言い方でもいいのですが、とにかく、その業務での自分のパフォーマンスは低いと宣言しました。

「期待されても、大したことはできませんよ」と周囲(特に上司)に理解してもらいました。

そういう目線で見てもらえるようになると、「苦手」とする仕事が振付けられることは、格段に減るのですね。

 

なお、間違っても「つまらない」とは言わないこと。こういうと、その業務そのものを否定することになってしまいますので。あくまで、「自分は苦手」と言うことが大切だと思います。

 

他の人にやってもらう

自分が苦手とする業務を得意とする人がいれば、可能な限り、その人にやってもらうようお願いしました。

ひとかたまりの業務であればお願いしやすいし、パートだけであっても、やってもらえることはやってもらいました。

もちろん、お願いする相手の苦手な業務を引き受け、忙しいそうにしているときは、がっつり手伝うのは言うまでもありません。

 

必要最低限のことだけやる

以上の2つをやるだけで、相当、つまらないと感じる仕事から解放されました。

それでも、自分でやらなければならないことは、たくさんあります。

これらは、必要最低限のことをギリギリ最低レベルのクオリティで、しかし、必ず納期内に仕上げることで対処します。

 

「たいしたことはやらないけれど、必要最低限のことだけはやる」、つまり、極力手を抜いて省力化することと、「イヤイヤながらもやるべきことはやっている」ことを周囲に分かってもらうことが重要なのですよね。

 

また、そのときには、「この仕事は時給いくらの仕事」と考えるようにしました。

自分がつまらないと感じるのは、作業職の強い付帯的な業務が多いのですが、仕事の難易度と自分の時給単価を比べると、間違いなく「割の良い仕事」ですので、そう考えると、多少はお得感が出るというか・・・。

もちろん、それで実入りが増えるわけではないですけどね。

 

注意点

つまらない仕事をできるだけやらなくて済む方法を書きましたが、これらを実行するにあたり、注意してもらいたいことがあります。

それは、

  • 一度は努力はする
  • 社内の人間関係を良くしておく

の2点です。

 

ただ単に「面倒くさい」とか、「かったるい」だけでやらないというのは、いくらなんでも無理があります。

向いていないことでも、どういう業務なのかを自分でやってみて、どこが向いていないか体感しないことには、説得力に欠けますし、何より、自分で自分の成長を止めてしまうことになりかねません。

一度は努力してみて、そのうえで本当にダメかどうか、判断すべきかと。

 

【スポンサーリンク】
 

また、人間関係、特に上司との関係を良くするのは言うまでもありません。

自分が会社でやりたいことをやる、つまり、会社で自由に生きるためには必須ですから。

これが出来ていないと、ただの「ワガママな奴」でしかありませんからね。

上司対応については、上司対応 カテゴリーの記事一覧 に、複数記事を書いていますので、参考にしてください。

 

あわせて、自分のポジショニング、特に「この仕事は、彼・彼女が一番」と思われるようにすることも大切です。

下記を参考にしていただければと思います。

 

自分の適性を知ることができるサイト「ピタジョブ 」。

最短30秒で登録できますよ。

 

転職したら年収はいくらかがわかるサイトは「MIIDAS(ミーダス) 」。

登録すると、「面談確約」のオファーメールが届きます。

 

続きは、こちら

それでは、また。