ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

日産と三菱自の資本提携に思う

三菱自動車と日産自動車が資本提携しました。

これは、事実上の買収と言ってよいでしょう。

 

今回の不正問題、どうやら本社から子会社に対する指示によるもので、会社ぐるみであったことは疑いの余地もありません。

また、当初、問題となった軽自動車以外にもデータ改ざんの疑いが出ています。

 

最大の被害者は、一般ユーザーであることは間違いありませんが、日産自動車も大変、大きな被害を受けていましたね。

これらに対する必要な補償額が一体、どれくらいまで膨らむのか、そして、三菱自動車は、どんな決着を迎えるか注目していましたが・・・、事実上の買収となるとは、本当に驚きました。

【スポンサーリンク】
 

報道では、三菱グループ各社が日産自動車に対して支援要請を行っていたとのことです。

おそらく、補償額の減免だったと思いますが・・・、結果的には資本業務提携といいつつ、事実上の買収になったわけです。

 

第三者割り当てによる増資を行い、日産自動車が2370億円で34%の出資するとのこと。

これですが、見方によっては、2兆2678億円の売り上げと、現預金4624億円を持つ会社を、2370億円で手中に収めたと言えますね。。

そして、ルノー・日産・三菱自の世界販売台数は959万台。

トヨタ自動車(1015万台)、フォルクスワーゲン(993万台)、ゼネラル・モーターズ(984万台)に一気に迫る体制になるわけです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160512190504j:plain

 

経営的な視点で見ると、日産自動車はとても良い買い物をしたと思うのです。

一方、今後の補償問題で相応の負担を強いられるのは間違いないでしょうし、これまで何度も問題を起こしてきた「お荷物」を抱え込むというリスクもあります。

 

こうなると、いの一番に考えられるのが、リストラですね。

日産自動車が傾きかけていたときに、カルロス・ゴーン社長が行ったコストカット、これが原因で「下請け法」が出来たのではないかと言われるくらい強烈でした。

 

前回は日産単独の話でしたが、今回は販売網やら部品調達先やら、両社がラップする領域全てで、相対比較の上、見直しがなされるのでしょう。

つまり、切られるのは三菱自側だけではないということ。

日産側であっても、優位性がなければ三菱自側が残ることになるのでしょうね。

 

これから、効率性とか、シナジー効果とか、経営としてやるべきことをやるのでしょう。

それが、良い方向に向かえばいいなぁとは思います。

が、今回の騒動、そして今後、起こることに「不本意」にも巻き込まれてしまう方々のことを思うと、何とも切ない気持ちになってしまいます。

 

では、また。