ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

日経新聞、読んでますか?

 

はじめに

日本経済新聞、略して日経。

多くのビジネスマンが愛読している「経済紙」、約300万部の発行部数を誇っています。

あなたは、日経新聞を読んでいますか?

 

読んでいない方の中には、

「速報性で言えばテレビやインターネット、深さであれば雑誌があるので、わざわざ日経新聞を読まなくても経済情報には困らない」

このように考えている方も、いらっしゃるでしょう。

 

にも関わらず、上司や先輩たちから、

「日経新聞は、読んでおいたほうがいいぞ」

とすすめられて、訳わからんとなっているかもしれません。

 

情報を得るという意味では、他のメディアで十分でしょう。

それでも、日経新聞を読むことには、プラスアルファとなるメリットがあると思うのです。

以下、思うところを3点、述べたいと思います。

【スポンサーリンク】
 

日経新聞を読むメリット

情報の偏りを少なくする

インターネットでニュースをチェックする人は、新聞社のサイトや、「Yahoo!」などのポータルサイトで、自分が見慣れたサイトを閲覧していると思います。

 

その際、ヘッドライン(記事タイトル)を見て、気になったものをクリックして読む、

さらにリンクされている関連記事を読んでいき、ひとあたり読み終わったらトップページに戻って、また、ヘッドラインから記事を選ぶ、こんな読み方をされていると思います。

 

この読み方は、自分の興味・関心があることについては、過去や関連する事項も含め、深く知ることができるのですが、興味・関心のないことには、ほとんど接することがありません。

 

また、ヘッドラインは頻繁に更新され、どんどん入れ替わっていきますので、目に触れないまま埋没し、過去のものになってしまうものもあります。

 

これらから、ネットでニュースを見るということは、

  • サイトにアクセスしたタイミングで、たまたまヘッドラインに掲載されていたニュースの中から、自分の興味・関心を引くものを選んで読む

傾向にあると考えられます。

つまり、情報の偏りが生じていると言えるのです。

 

もちろん、これは読み方の問題ですので、過去一覧までさかのぼって、広く目を通せばよいわけです。

が、これが結構、面倒くさいのですよね。

あと、新聞だと掲載されないような「瑣末な情報」も、ネットではニュースとして取り上げられることもありますからねぇ。こんなのを読むのは、本当にムダですから。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160609052915p:plain

 

一方、新聞は、紙面が広い分だけ、パッと見でたくさんの情報が得られます。興味がない記事も、否応なく目に入ってきます

紙面というスペースが限定されているところに、編集・整理というフィルターがかかっているので、「ゴミ記事」は掲載されにくい(はず)です。

また、紙を捨てるまでは、手元に情報が残っています

 

このようなことから、ネットニュースだけを見るよりも、情報の偏りは、少なくなると言えるのです。

 

情報の重要度が分かる

新聞では、ニュースの重要度とカテゴリーに応じて、記事の掲載位置とボリュームが決められます。

なので、どこにどれだけ載っているかを見るだけでも、重要度が分かるのです。

「一面トップ」は、カテゴリー無視の最重要扱いですね。

 

どう載せるかは新聞社が決めることですが、日経新聞はまさに日本を代表する経済紙、その信頼性はとても高いと思います。

 

多くの人が読んでいる

これが一番重要なことでしょう。

「多くの人が読んでいる」ということは、そこで書かれている情報が多くの人に共有されているということ、つまり、その情報をもとにコンセンサスが得られているということです。

これを知っているのかいないのかでは、大きな差が出るのは明らかです。

 

そこまで仰々しい話ではなくとも、雑談で「今日の日経新聞に、○○という記事が載っていましたね」と水を向けると、乗ってくる人は多いですよね。

 

このように、日経新聞を読んでいると、少なくとも「おいてけぼり」にならなくて済むと言えるのです。

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

日経新聞を読むメリットについて、3点、思うところを述べました。

職場で定期購読している方は、そちらに目を通してもとよいと思いますが、できれば、個人で購読されることをおすすめします。

自腹を切れば、その分だけちゃんと読むでしょうから。

 

また、電子版もありますが、是非、「紙」で読んでください。上述のとおり、紙媒体のほうが圧倒的に総覧性が高いのです。

*自動広告で「日経電子版」が表示されているかもしれませんが(笑)

 

そして、カバンからはみ出すようにして持ち歩くと、周りから「お、日経新聞を読んでいるな」と思ってもらえますから、ね。

 

<ビジネスマンなら要チェック!>

自分の市場価値が分かるサイト

 

  自分の年収をチェックする →  MIIDAS(ミーダス)

 

 

現役社員や元社員が投稿した会社に関する口コミサイト

 

  他社の生の情報をチェックする →  キャリコネ転職サービス

 

 

自分の強みを簡単に把握できる転職サイト

リクナビNEXT」の「グッドポイント診断」。

  自分の強みを診断する →   グッドポイント診断

 

では、また。

 

b-zone-salariedman.hatenablog.com