ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

相手を良い気持ちにさせる上手なほめ方

f:id:b-zone-salariedman:20160719185657j:plain

 

ほめるということは、相手を良い気持ちにさせることです。

ほめることによって相手は喜んでくれますし、そして、人間関係がよくなりますので、どんどんほめたほうが良いですよね。

 

とは言いながら、上手にほめるのは、なかなか難しいものです。

 それなりのテクニックもあれば、その訓練も必要なのだろうと思っています。

 

本エントリーでは、まず「相手を良い気持ちにさせるほめ方」について述べたいと思います。

これは、私自身、「どういうほめ方をされたら嬉しいか」をもとに整理したものです。

ほめることが苦手な方のご参考になれば幸いです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

相手がほめてほしいことをほめる

どんな人でも「ほめられたい」という気持ちはあります。

中でも相手が「ほめてほしいこと」をほめる、つまり相手の「ほめられたいニーズを満たす」ことは、非常に効果があるといえるでしょう。

 

では、相手の「ほめてほしいこと」とは何か?

それは、本人がこだわっていることや大切にしていることだと思うのです。

これらは裏を返すと、本人が自慢したい、価値を分かってもらいたいとウズウズしていることなのです。

それを、人からほめられると本当に嬉しく感じるものです。

 

意外性のある点をほめる

自分では思いもしなかったことをいきなりほめられると、少々、恥ずかしい反面、とても嬉しく感じます。

自分自身に関する新たな気づき、そして、それが好意的に受け取られていることが分かりますので。

 

また、人によっては、「ほめられ慣れ」している場合もあるでしょう。

いつも、あることについて「すごいですね」とほめられ続けていると、同じ言葉を聞かされても、「またか・・・」となってしまう。

「そのほめ言葉は、もう聞き飽きた」といった感じで、「ほめられたいニーズ」を満たすことにはなりません。

 

こういう人に意外なほめ言葉を投げかけると、本人にとっては新鮮であり、喜びも大きいと思います。

 

具体的にほめる

「すごいですね」とほめたとき、相手はもちろん嬉しく感じるでしょうが、そのとき、心の中ではきっと、「本当にすごいと思う?」、「何がどうすごいと思う?」といった質問を持つはずです。

 

さらに言えば、「一番すごいです」とか、「ここが、こういう具合にすごいです」などといった自分が望む回答を心の中で準備し、その言葉が続くことを期待しているでしょう。

「もっとほめて!もっとほめて!」という感情とともに(笑)。

 

なので、ただ単に「形容詞的」にほめるだけでなく、何がどうすごいのかを具体的にもっと突っ込んでほめると、相手の喜びは倍増するでしょう。

さらに、ほめる質問、例えば、「どうすれば、そんなにすごいことができるのですか?」みたいな質問を続けると、さらに気持ち良くなってもらえるはずです。

 

ほめるタイミングを見計らう

基本的には、その場ですぐほめることがベストだと思いますが、しばらく経った後にほめるのも意外と効果的です。

 

何か関連する場面で、あるいは、ふと思い出したように、「そういえば、あのときはすごかったですね」とほめると、「ちゃんと覚えていてくれたんだ」と感激されることでしょう。

 

間接的にほめる

直接本人をほめるよりも、第三者経由でほめたほうが、強く心に響く場合もあります。

具体的には、ほめる相手が一目置いている人(例えば上司など)から、「そういえばAさんが、あなたのことを素晴らしい人だってほめてたよ」と聞かされると、ダブルでほめられていることとなり、かつ、ほめられている内容の信憑性が高まってくるからなのですね。

 

この間接的にほめることは、意図通りには出来ませんが、タネを蒔いていると、いつかは実がなるものだと。

(もちろん、この反対に、悪口が間接的に伝わることもありますのでご用心を)

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

以上、私が考える「相手を良い気持ちにさせる」ためのほめ方について述べました。

最後に、ほめるにあたって、意識したほうがよいことが2つあります。

 

直接、おおげさにほめすぎない

あまりにも突拍子もないほめ言葉は、相手に不信感と不快感を与えかねません。

ほどほどのさじ加減でほめることが大切だと言うことですね。

 

自分がほめられたら、相手をほめ返す

人が人をほめるときには、場合によっては「自分がほめられたいから相手をほめる」といったこともあれば、「ほめたんだから、ほめ返して欲しい」という気持ちになることもあると思います。

つまり、ほめた人の「ほめられたいニーズ」が高まっていると言えるのです。

そういうときこそ、しっかりほめ返すと、相手には喜んでもらえます。

 

相手がほめてくれて、おかげでこちらは良い気分になっているのですから、ケチケチせずに相手のこともしっかりとほめて、良い気分になってもらいましょう。

そうすれば、もっとほめてもらえる、かもですよ(笑)。

 

では、また。

 

<関連記事>