ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

トラウマ漫画 心のシコリとなった10作品

エグさ、怖さ、いやらしさ・・・、読んでいて実に不快で、その不快さがいつまで経っても心のシコリとして残っている、そんなトラウマ漫画10作品を選んでみました。

*古い作品が多めで、多少のネタバレを含んでいます。

 

光る風(山上たつひこ)

軍国主義が進んだ日本。国家権力によって国家統制が行われ、若者は戦場へ駆り出されていく。

軍人一家に育った主人公は、戦地で両手両足を失って帰還した兄の負傷に疑問を持ち、その謎を探ろうとするのだが・・・。

 

独裁体制、格差社会、差別、そして、軍事同盟国であるアメリカが日本に対して行った仕打ちなど、ナマナマしいものがあります。

 

光る風」は、連載を「強制終了」させられたようです。

すぐにでも逃げ出したくなるような世界観が描かれていますが、保守化が進んでいる今、もしかしたら「光る風」で描かれた世界が、一歩ずつ現実化しているのかもしれません。

 

 ゆうれい談(山岸涼子)

 「幽霊談」は、タイトル通り怪談話、著者本人や漫画家仲間の体験談をそのまま漫画にしたものです。

ストーリー自体はたんたんとしているのですが、その分余計にリアルに感じました(国分寺市等の実在の地名が出てきますし)。

 

私が一番、恐れおののいたのは、著者が仏間で幽霊を見たシーン。

宿泊先で夜中に目覚めると、男の幽霊が顔に手ぬぐい巻き、正座をして、右手で何かを指差している、そんな姿を見てしまうというものです。

 

これを読んだのは小学校3年生くらいのとき。

怖くて怖くて、しばらくの間、夜ひとりで寝ることができず、母や姉の布団にもぐりこんでいた記憶があります。

 

ちなみにこの幽霊、映画「リング」に出てくる指差し男のモデルとも言われています。

 「幽霊談

【スポンサーリンク】
 

 

アシュラ(ジョージ秋山)

 大飢饉。凄惨な死体の山。幼児のお尻にかぶりつく男。男の死体を解体し、その腕を喰らう女・・・。

気のふれた女が、産み落とした赤ん坊、それが主人公のアシュラ。

 

こんなシーンから始まる作品です。

えげつない描写とともに、「生まれてこなければよかったのに」というフレーズが何度も出てきて、陰鬱な気持ちになりますが、終わり方は救いのあるものです。

アシュラ

 

 銭ゲバ(ジョージ秋山)

 貧しい家に生まれ、醜悪な容姿である主人公。

貧しさを憎み、醜さを憎み、銭だけが全てと、銭を得るためにありとあらゆる悪事をこなしていくというストーリー。

 

「都知事」という座にまで昇るも、なんとも救いようのない最期を迎えます。

その行動と「この世は銭ズラ」というセリフがあいまって、当時はお金に対する拒否感めいたものを強く感じたものです(今は、まったくありませんが・・・)。

銭ゲバ

 

 どろろ(手塚治虫)

天下盗りという自身の野望のため、生まれたばかりのわが子を妖怪に捧げる父。

あらゆるパーツを奪われ芋虫のような身体で産まれる子供は、医者に義手義足などを与えられ、妖怪を倒すごとに身体の部位を取り戻していく。

 

様々な妖怪よりも、むしろ、登場する人間のおぞましさが、後味悪く残る漫画です。

一方、食器を持っていないため、配給のお粥を両手で受け取り、やけどをする。そこまでして、子供にごはんを食べさせようとする母親の行動に、とても強い思いを持ちました。

 

漫画の連載は途中打ち切り、アニメ化されるもやはり消化不良の終わり方をしています。

どろろ

 

 はだしのゲン(中沢啓治)

 広島を舞台に、戦争の悲惨さを描いた作品。

「発達過程にある児童に見せるべきではない」との理由で、小学校の図書館からの撤去騒動が起きました。

それくらい悲惨な描写とともに、(おそらくは著者の持つ)政治信条が綴られています。

はだしのゲン

 

 神の左手悪魔の右手(楳図かずお)

恐怖ものです。

大人になってから読んだものですが、とにかく描写がエグイのです。

うなされている少女の両目を突き破ってハサミが出てくるシーンから始まる、そんな漫画です。

神の左手悪魔の右手

【スポンサーリンク】
 

 ぼくらの(鬼頭莫宏)

 夏休みに自然学校で過ごしていた15人の少年少女が、興味半分でゲームに参加。巨大ロボットを操作して、地球を襲う敵と戦うものだが、それはゲームではなく現実におきていることだった。

 

こう書くと、いわゆるロボットヒーローもののようですが、ゲームには隠された意味があり、また、戦闘に参加する子供には残酷な運命が待ち構えているなど、作者独特の「鬱」感が満載の漫画です。

 

同系統で「なるたる」という漫画もありますが、重苦しい雰囲気は「ぼくらの」のほうが格段に上です。

ちなみに作者は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版「破」のデザインにも関わっています。

ぼくらの

 

 座敷女(望月峯太郎)

深夜、隣の部屋の呼び鈴がなっているのを不審に思い、様子を見たところ、そこには薄汚い格好の大女が。

その女の問いかけに応えたことから、その女に付きまとわれることに。

 

「リング」貞子を彷彿させるような大女が、常軌を逸した行動で主人公を追い詰めていく様は、まさに恐怖のひとことです。

座敷女

 

火の鳥2・未来編(手塚治虫)

都市のコンピュータの対立によって戦争が勃発、核爆弾によって人類は滅亡する。
生き残った主人公は、火の鳥によって不死にされ、地球を復活させるよう命じられるのだが・・・。

 

「火の鳥」は、その血を飲むと不老不死になれるという伝説の鳥。この未来編では、実際に不死になった(不老ではない)人間が描かれています。

何千年、何万年、何億年と、肉体は消滅しても意識は残り、やがて、神と呼ばれる存在となり、そして・・・。

 

永遠に続くということ、終わりがないということは、途方も無く絶望的だということを感じた一冊でした。

火の鳥2・未来編

 

・・・・・・・・・・・・

 

多くの作品は小学生の頃に読んだものですので、より強いインパクトを感じたのだろうと思います。

 

 瞬間的に「怖っ!」となるもの、生理的に嫌悪感をもつもの、ジワーっと落ち込んでしまうものなど様々ですが、まさに「怖いもの見たさ」で読んでしまい、印象的な描写とそのときに持った感情などが、今もトラウマとなって残っています。

ご興味がありましたら、どうぞ。

 

<紹介した作品>

光る風 | 幽霊談 | アシュラ | 銭ゲバ | どろろ | はだしのゲン | 神の左手悪魔の右手 | ぼくらの | 座敷女 | 火の鳥2・未来編

 

 

<あわせてどうぞ>


 

では、また。