ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「人は見た目が9割」は、実は大きな誤解だというのが分かった

見た目が9割と誤解されている

「メラビアンの法則」というものをご存知でしょうか?

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱した概念で、

  • 第一印象のほとんどは「視覚情報」から得られている

という内容で知られています。

 

具体的に書くと、印象を決定する要因には

  • 言語情報(Verbal:7%):話の内容、言葉そのものの意味
  • 聴覚情報(Vocal:38%):声の質・速さ・大きさ・口調
  • 視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線

といった数値があり、各情報の頭文字をとって頭文字を取って「3Vの法則」とか、あるいは数字から「7-38-55のルール」などといわれてるのです。

 

この概念をベースに、

  • 話の内容はほとんど相手に伝わらない
  • 話の内容よりも、服装や表情などの見た目と声のトーンや大きさのほうが重要
  • プレゼンでは、内容よりも資料の作り方などの見せ方が大切

といった考え方が伝えられています。

 

私自身がこの話を聞いたのは、たぶん10年位前、当時の上司からでした。

曰く、

「人は頭で内容を理解することよりも、目で見て耳で聞いた印象を重要視する、とメラビアンの実験が証明している。だから、中身が伴っていなくても、ハッタリをかますことのほうが、よっぽど大切なんだ」

といった内容。

さらに「人は見た目が9割だ!」とまで言い切っていたのです。

 

感覚的にも、「見た目や立ち振る舞い」の与える影響は大きいというのは分かりますし、実際、この元上司は「勢いだけ」でその場をしのぎ続けてきた人なので、非常に説得力があったのですね。

 

で、10年ほどの間、この説?を信じていたのですが・・・、実は、間違いではないけれど、大きな誤解と言うか、勝手な解釈が一人歩きしていることを知ったのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

メラビアンの法則

メラビアンが調べたものは

  • 話の聞き手が、言語・視覚・聴覚の3要素に矛盾があるメッセージを受け取った時に、どれを重要視するか

ということです。

 

「好感」「嫌悪」「どちらでもない」をキーワードに、各々に該当する「言葉」「表情(の写真)」「声音(の録音音声)」を組み合わせます。

 

「好感」の意味を持つ言葉を、にこやかな表情の写真を見せながら、好意的な声色で聞かせると、何の違和感も無く受け取られます。

 

ところが、笑った表情の写真を見せながら、「嫌悪」の言葉を怒った口調で聞かせると、受け手は混乱しますよね。

その際に、何を拠りどころにするかを調べたものだったのです。

 

その結果が、言葉7%、表情55%、声音38%であったというものです。

 

竹中直人が笑いながら怒っているのを見て、55%は顔から「笑っている」と判断する、といったところですね。

 

www.youtube.com

 

このようにメラビアンの実験は、限定的な条件下での人の「好き嫌い」の反応を調べたもので、それ以外の場面では等式は必ずしもあてはまらない、とメラビアン自身も述べています。

"Silent Messages" -- Description and Ordering Information

 

そもそもメラビアン自身、一体、どういう意図でこんな実験をしたのか、よく分からないのですが・・・、調べモノをしていてこの事実を知り、「人は見た目が9割」は、実は大きな誤解だというのが分かったのです。

 

誤解を与えるか、大恥をかくか・・・

もちろん、「見た目は大事」ですよね。

特に初対面での第一印象は、まさに「見た目」で決まると言っても過言ではないでしょう。

ですから、外見や立ち振る舞いを、より良く見せるように意識する必要はあると思います。

 

だからといって、「話す内容は、どうせ7%しか影響しないから、適当で済ませとけばいいや」なんて考えていると、それは大間違いということになりますね。

 

一方、「スピーチの内容は7%しか伝わらないんだよ」と自信満々に話すと、知らない人に対して大きな誤解を与えるか、知っている人から「あいつは知ったかぶりをしている」と思われて大恥をかくか、どちらかになりますので、絶対にやめたほうが良いですね(笑)。

 

さて、こちらの「人は見た目が9割 (新潮新書)」という本、ベストセラーになりました。

私の元上司は、おそらくこれを読んで、いろいろな場所で吹聴していたのではないかと思うのです・・・。

 

私自身はこの本を読んでいないので、何とも言いにくいのですが、本書に対する読者の評価はとても低く、辛らつなカスタマーレビューがたくさん綴られています。

↓ クリックすると、レビューを読めますので、ぜひ、どうぞ。

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 

 

【スポンサーリンク】
 

まとめ

メラビアンの法則、10年間、誤解したまま過ごしてきました。

数字があまりに細かいので、これまでも半信半疑ではあったのですが、完全な誤解であったことが分かり、結構スッキリしています。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160731210334p:plain

 

と同時に、10年間も「騙されていた!」というやられた感と、「あの人(=元上司)のことだから仕方ないか」というあきらめ感があります。

そして何より、「今、自分にとって当たり前のことが、実は誤解であるということが、他にいくつもあるかもしれない」というモヤモヤ感が残っているのです。

このモヤモヤ感は、自分が何を誤解しているかチェックのしようがないので、気にしても仕方ないのですが・・・。

 

では、また。

 

<おすすめの情報サイト>

自分の市場価値が分かるサイト

 

  自分の年収をチェックする →  MIIDAS(ミーダス)

 

 

現役社員や元社員が投稿した会社に関する口コミサイト

 

  他社の生の情報をチェックする →  キャリコネ転職サービス