ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【閲覧注意・画像あり】調子に乗って一気に「日焼け」すると、とんでもない目にあいますよ

 

【スポンサーリンク】

毎日、暑い日が続いていますね。

8月の上旬からお盆までの間が、一年の間で最も暑い日が続くようです。

 

関東地方も、連日、カンカン照り。

こんな日は、少し日向に出ただけでも、日に焼けしてしまいます。

これが海辺だったら、水面の強烈な照り返しもあって、一気に日に焼けてしまいますよね。

 

それくらいハードな陽射しの下、調子に乗って一気に日焼けしようとすると、とんでもない目にあう、という出来事がありました。

 

以下、画像付きでレポートします。

えぐい画像がありますので、苦手な方は、ご退出を。

 

【スポンサーリンク】
 

 

とんでもない目にあったのは、私の次男。

生まれつき色白で肌が弱く、少し陽射しを浴びるとすぐに真っ赤になるのです。

 

そんな体質なのに、金曜日、友人たちと海に遊びに行った際、日焼け止めなどのケアを一切せずに一日を過ごして帰ってきました。

 

そして、帰宅したときの写真がこちら。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160807215647p:plain

 

上半身が、真っ赤っかになっています。

この日は、アイシングをして就寝したのですが、翌・土曜日、目覚めたら・・・・

 

 

 

 

 

以下、画像が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:b-zone-salariedman:20160807215710j:plain

 

肩が、ヤケド状態になってしまいました。

おまけに、特大の水ぶくれまで・・・。

 

遊んでいる最中、肩がヒリヒリしていたそうですが、あまり気にせずに、上半身裸のまま陽射しの下に長時間いたとのこと。

 

日焼け止めを塗るか、UVカットのシャツを着るか、せめて、Tシャツを着ておけばよかったのでしょうが、何のケアもしなかったのです。

 

それどころか、一気に日焼けしようと、サンオイルを塗っていたそうで・・・、後先考えず、調子に乗りすぎた結果がこれなのです。

 

さすがに、この状態のまま放置するわけにも行かず、それ以上に、痛くて痛くて仕方がないと言うので、病院に連れて行きました。

(ご覧のとおり、ケロイド状になっていたので、心配になって同行しました)

 

先生は、一目見たとたん、

「あぁ、やっちゃったねぇ」

と、半笑い状態。

 

一瞬、怪訝に思いました。

が、逆にその反応で、一安心できたのですけどね。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160807224712p:plain

 

【スポンサーリンク】
 

とりあえず、両肩に出来た水ぶくれのうち、大きなモノを2つ、針で刺してガーゼで中の液を絞り取ってもらいました。

ちなみに、水ぶくれはあまり、つぶさない方が良いとのことですが、ここまで大きいと破裂するのは時間の問題なので、潰しましょうということに・・・。

 

水ぶくれを絞り取るときの痛みは、本人曰く、「骨折したときの痛みの3倍きつかった」とのこと。

取るのにそこそこの時間がかかりました。その間、全身から痛みを我慢するときの汗が一気に吹き出ておりました。

 

そして、抗炎症の塗り薬と感染症防止の飲み薬、そして、痛み止めを処方してもらいました。

 

・・・・・・・・・

 

肌の弱い人は、海に行くときは、十分ケアされていることと思います。

でも、「そこまで弱くないよ」という方は、特段のケアなく気がついたら長い時間、陽射しの下にいた、ということがあるかもしれません。

 

特に今の時期の強烈な陽射しは、場合によっては「やけど」状態になってしまいます。

そうならないように、是非、気をつけてください。

 

最後に、今はなくなった水ぶくれ。

我が家では、「目玉焼き」と命名いたしました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160807215733j:plain

 

では、また!