ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

会員カードのポイントを使わないのは、「得してないけど損もしてない」というのは間違いだと思う

ライフログ ライフログ-投資・お金

 

【スポンサーリンク】

おじさんはポイントが苦手

クレジットカードやショップの会員になるともらえるポイント、皆さんは有効に活用されていますか?

私は、ほとんど活用できていません。

 

これはたぶん、中年以上の「おじさん」に共通していることかと思うのですが、「良く分からない」のとともに、「面倒くさい」という思いが先立ってしまうのですよね。

 

私自身、この手の情報に疎いのと、自分の性に合わないようで、あまり気にすることがありませんでした。

「ふるさと納税」も今年になってはじめてやったくらいですし。

 

買い物をするときは、数万円のときはクレジットカードを使いますが、基本は現金か駅の券売機でチャージした「Suica」で支払っています。

また、ショップで買い物をするとき「会員になるとお得ですよ」と言われて、その場で入会手続きを行い会員になることもあります。

でも、帰宅後、もらったカードは引き出しにしまいこみ、以降、ほとんど使うことがないのです。

 

こうやって、ちょっとだけポイントが入っているカードが増えている、というのが現状です。

もっとも、そのポイントのほとんど失効していると思いますが・・・。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ブラックカードのパワー

先日、友人と話しているときに、各種カードの話題になりました。

 

余談ですが、その人は、「ブラックカード」所持者!、その恩恵を受けてるんですね。

 

使用額に対するポイントが割り増しなのはもちろんですが、各種のVIP専用の施設が利用できること、電話1本で飲食店の予約をしてもらえ料金が格安になること(半額など、ぐるなびの割引どころではないレベルです)、様々な相談にのってもらえること、などなど。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160909194529j:plain

 

このような実利的な恩恵もありますが、「ブラックカード」所持者だと分かったとたん、待遇が格段に上がるというのが、最大のメリットだそうです。

相手の見る目が変わり、優越感に浸れる、ということですね(笑)。

 

飛行機で移動するときはビジネスかファーストですが、たまたま乗りたい便では満席だったため、エコノミーにしたときのこと。

機内で土産品を買って、支払いでブラックカードを出したところ、CAの顔色がサッと変わったそうなのです。

 

「CAは、『オーマイ・ガー』って言いよった?」

「言ってた、言ってた(笑)」

「それって、『なんで、あなたのようなブラックカードを持っている方が、エコノミーに乗っているの?カード会社がアップグレードの手配をしていなかったとは、一体どういうわけ?あ、今日は満席だから・・・。なんとお気の毒』という『オーマイ・ガー』だったわけ?」

と、半ば茶化しながら尋ねたら、

「そう、その通り」

と答えたのですね。

 

CAが、本当にこのように思ったかどうかは・・・、少々、自意識過剰のような気がしないでもないですが、本人いわく、それ以降、やたらに声をかけてきては、世話を焼かれたそうです。

ま、いずれにしても、遠くの知らない世界の話でした。

 

得してないけど損もしてない

話題は続いて、ショップの会員カードの話に移りました。

2人とも、「カードのポイントって、面倒クセーよなぁ」との意見。

 

ブラックカードのウン十万円もする年会費はポイントで処理されているため、実質的な持ち出しはゼロ、あとはカードの恩恵を受けるだけの人でも、ショップのカードポイントは面倒くさいのです。

もっとも、その財力からみれば、ポイントごときは微々たるもので、どうでも良いというのが本音かもしれませんが。

 

で、結論は、「ポイント分を初めから値引きしてくれれば良いのにね。そしたら、カードを持ち歩く手間がはぶけるのに。もっとも、ポイントを使わなかったところで、得してないけど、損もしていないから、別に良いんだけどね」となりました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

やっぱり損している

その場は、それで終わったのですが、よくよく考えてみると、ポイントを使わないということは、やっぱり損しているな、と思ったのですよね。

 

というのも・・・、貯まったポイントは、実質的に「現金化」のうえ、顧客に還元さますが、それは初めから価格に上乗せされている、と言えるからなのです。

 

まず、どのような費目で計上されているかは別にして、ポイントそのものの対価は、ショップや会社にとっては費用となります。

で、その費用の原資は売り上げから捻出されています。

つまり、販売価格には、ポイントに要する費用分が含まれていることになります。

 

さらに、ポイント実施においては、その企画からシステム開発、保守・管理や仕入れ・発送などのコストがかかっています。

 

実際に商品等に交換されるポイントは、発行量より少ないでしょうが、それを差っぴいても、相応のコストとなっているはず。

 

なので、価格に転嫁されている金額は、場合によっては、ポイント分よりも高めとなって「徴収」されている可能性もあるのです。

ポイントを使わないということは、買ったときに「徴収」されたポイント分を取り戻していない、と言えます。

 

会員制を導入し、ポイントを貯めるシステム、これは顧客の囲い込みですよね。

ユーザーをリピーターとして取り込み、顧客情報と購買行動のデータが容易に入手できる、企業にとっては、とても都合の良い仕組みです。

 

顧客は、ポイントを活用すると得した気分にはなれますが、実は損をしていないといった程度なのですね。

もっとも、トータルの還元率によっては得することもある、と言えるでしょうけど。

 

ということで、会員カードのポイントを使わないのは、「得してないけど、損もしてない」のではなく、

「損している」

との結論になりました。

 

おわりに

くどくど書き連ねたわりには、しょうもない結論になってしまいましたね(笑)。

 

このロジック、会社の費用は全て価格転嫁されている、という前提にたって、ユーザーの損得がどうなのかを書いたものです。

ポイント制度自体は、会社やショップにとって正当なビジネス行為であり、これを否定するつもりは、さらさらありませんので念のため。

 

 さて、そんなこんなも含めて、さらに検討した結果、このたび、「楽天カード 」に入会しました。

ブラックでもゴールドでもない、普通の銀色のカードです(笑)。

 

検討した内容は、こちらをどうぞ。

 

入会後、ポイントゲットした話は、こちらをどうぞ。

 

では、また。

 

<よろしければ、こちらもどうぞ>