ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

78歳の婆さんと標高2000mの入笠山山頂に行こうとしたけど、途中で引き返した話

ライフログ ライフログ-お出かけ

 

【スポンサーリンク】

今週はじめ、2泊3日で八ヶ岳の麓に遊びに行ってきました。

同行者は、嫁さんと婆さん(嫁の母)です。

 

初日と3日目は、移動を含めて予定は立ったのですが、中日となる2日目をどうしようか?ということで、リサーチしたところ「富士見パノラマリゾート」を見つけました。

 

ここは、スキー場として開発された場所で、春から秋にかけては季節の花が咲いて、ハイキングにもってこいのところです。

そして、その行き着く先には「入笠山(にゅうかさやま)」という標高1955mの山があります。

 

1800m近くまではゴンドラで行けるので、実質、200mほどの登りで山頂に到着できるのです。

また、JRの駅から近いのもあって、2日目はそこで過ごそうとなりました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20160916172708p:plain

富士見パノラマリゾート・八ヶ岳、入笠山トレッキング・すずらん群生地・すずらん群落地・花の宝庫・MTB・恋人の聖地

 

この話を婆さんにしたところ、「アタシ、行けるかなぁ?」との返事。

結構、不安そうな反応でした。

 

なのに、毎日、雨が降らなければ近所を2~3km散歩しているとか、週に3日は近くのプールに行って1時間ほど泳いでいるとか、7月には四国に旅行に行って金比羅さんの階段を昇りきったなど、体力自慢と言うか「大丈夫アピール」を始めたのですね。

 

これは、行くには行きたいけど、もし迷惑をかけるようなことがあったら、と悩んでいるんだろうなと思い、

「だったら、入笠山に登るかどうかは、その時に判断することにして、とりあえず当日は、そこに行きましょう。登るにしても、無理そうだったら途中でやめれば良いんだし」

と言うと、

「じゃあ、そうしようかしら」

で、決定となりました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

当日、電車とタクシーを乗り継ぎ、ゴンドラに乗って、まずは頂上駅に到着しました。

あいにくのお天気、視界はあまりよくなかったのですが、十分、高度を感じられました。

f:id:b-zone-salariedman:20160916172152j:plain

 

マウンテンバイクで山下りを楽しんでいる人たちも大勢います。

ゴンドラから見たサイクリングロードは、急な坂道で道幅も狭く、おまけに、すぐ脇は崖になっている場所もあり、メチャクチャ怖そうでした。

f:id:b-zone-salariedman:20160916172404j:plain

 

ゴンドラ山頂駅からジャリ道を登り、林道を少し下ると、「入笠湿原」が見えてきます。

f:id:b-zone-salariedman:20160916175025j:plain

 

おそらく、伐採のうえ整備したのでしょう、それなりの起伏はありますが、かなり広々とした場所に到着です。

 

ここにはたくさんの花々が咲き乱れている・・・はずなのですが、残念なことにあまり、咲いていないのです。

 

まったくゼロということではありません。

写真に収めれば、それなりに撮影はできます。

f:id:b-zone-salariedman:20160916175702j:plain

でもねぇ・・・、思っていたよりも全然、少ないんですよね。

本当の見ごろは、7月から8月の上旬あたりまでなのでしょう。

正直、がっかりしました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ここはゆっくり過ごす場所でもないな、ということで先に進みます。

このあたりから、婆さんはだんだんと不機嫌になってきます。それなりに上り下りがあるので、疲れてきたのでしょうね。

日頃は、温厚で、愚痴も弱音もあまり言わない人なのですが、口調がきつくなってきたのです。

 

「ちょっと、ヤバイな」と思っていたところ、登山口にある山小屋に到着。

すると婆さんは、

「アタシはもう無理だから、あんたたちで登ってきなさい。ここで待っててあげるから」

と、ギブアップ宣言です。

 

山頂までのコースタイムは、往復で1時間程度ですが、さすがに婆さんを一人で待たせるのは可哀想だし、悪くなっている機嫌がもっと悪くなりそうなので、ここで引き返すことにしました。

 

帰り道は、記念撮影をしながら超ゆっくり進んでいったので、少しづつ機嫌も良くなり、山頂駅に戻ってソフトクリームを食べる頃には、すっかりいつもの婆さんに戻っておりました。

 

半分以上はリップサービスでしょうが、

「頂上までいけなくてごめんね。でも、あんなに高いところは初めてだから、楽しかった。ありがとう」と、言ってくれたので一安心しました。

 

もっとも、道中、嫁は婆さんが不機嫌になっているのを、あまり気にしていなかったのですね。

「大丈夫かな?」と聞いても、「大丈夫だよ。無理だと思ったら、自分から言うから放ってていいよ」と。

実の娘って、そういうもんなんですかね?

 

では、また。

 

こちらもどうぞ