ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「ビジネスマナー」関連記事のまとめ

 

ビジネスマナーとは、仕事の上での「お作法」のこと。

なかには、「こんなことして、何か意味があるの?」と思えるものもありますが、これを身に付けていないと、「ビジネスマナーをわきまえぬレベルの低い奴」と相手にしてもらえないことも。

ビジネスパーソンたるもの、ぜひ、抑えておきましょう。

 

ビジネスマナーが必要な理由

 

上で述べたように、ビジネスマナーがなぜ必要なのかを記しています。

 

ビジネスマナーに限らず、様々な大人の作法が詳しく書かれている本を紹介しています。

 

あいさつ

 

あいさつは人として基本中の基本。

なのに、(特に中高年に)まともなあいさつができない人がいます。

その時点で、ビジネスパーソンとしてはアウトなのですが・・・。

あいさつは、その気さえあれば、誰でもできる簡単なこと。身に付けるというよりは、ちゃんと行うようにしましょう。

 

 

 

言葉使い

 

ビジネスにおいては、社外に向かっては敬語を使うことが基本です。

一方、社内では、それぞれの会社のローカルルールがあって、必ずしも敬語が奨励されているわけではありません。

 

ただ、対上司において、当たり前で使っている「いいですよ」とか「分かりました」と言う言葉は、人によっては不快感を持たれるものなのです。

その理由などを以下の記事で紹介しています。

 

ビジネスシーンで頻繁に登場する英単語(カタカナ語)を紹介しています。

 

【スポンサーリンク】
 

 

電話対応のマナーとクレーム対応

 

電話対応時の所作も、ビジネスマナーの基本です。

また、突如かかってくるクレーム電話は、初期対応次第で沈静化できるか、炎上するかが分かれます。

以下の記事では、基本的な電話対応とクレーム電話への対応方法をまとめています。

 

訪問・来客時のビジネスマナー

 

お客様をお迎えする、あるいは、自分が訪問するとき、どのような立ち振る舞いをすべきかをまとめています。

これらは、知っているかいないかで大きな差がでるもの。また、ビジネスシーン以外でも使えますので、知識として抑えておきたいですね。

 

身だしなみ

 

身だしなみも立派なビジネスマナーです。

いくら仕事が出来ても、立ち振る舞いが立派でも、身だしなみがボロボロだったら、すべては台無しになります。

「相手に不快感を与えない」ことをベースに記したのが、以下の記事です。

 

おわりに

 

本ブログで紹介していること以外にも、様々なビジネスマナーは存在します。

これらの多くが時代を経ても変わらないのは、それだけ日本のビジネスシーンで重視されているからなのでしょう。

 

そのためか「うだつの上がらぬ人」には、残念ながらビジネスマナーが身についていない人が多いように思います。

ビジネスでいらぬ損をしないよう、そして、「ダメ社員」と呼ばれないようビジネスマナーを身につけたいものです。

 

 

<紹介した記事>