ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

コンビニのコーヒーサーバーに豆がないのに水を補充しようとする店員の話

 

コンビニに行った際、ちょっとした出来事がありました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20161015104402p:plain

 

目当ての品物の会計を済ませ、ついでにセルフコーヒーを注文しました。

紙コップをコーヒーサーバーにセットしてボタンを押すも、ウンともスンとも言いません。

おかしいなとサーバーを見たら、「マメヲホジュウシテクダサイ」とメッセージが出ています。

 

「豆を補充せよ」とのこと?

それ、俺に言われても困るんだけど・・・。

ということで、カウンターにいる店員さんに、「豆がないみたいですよ」と伝えたんです。

 

「申し訳ありません」とすぐに対応はしてくれたんですが、なぜか、「これは、水が足りないんだ」と独り言を言い、タンクを抜きました。

そのタンクの中には、満々と水が入っています。

 

一方、サーバーのメッセージは、「マメヲホジュウシテクダサイ」から「タンクヲセットシテクダサイ」に切り替わります。

それを見た店員さん、「うん、やっぱり水だな」と言って、そのタンクを持ってカウンターの中に入って行ったのです。

 

ところが、そのまま、すぐに戻ってきました。

水を補充しようにも、タンクは元々一杯ですから、補充のしようがなかったのでしょう。

そして、タンクをサーバーにセットしたところ、画面の表示は「マメヲホジュウシテクダサイ」に戻ります。

 

それを見た店員さんは一言、「あれぇ、おかしいなぁ」と。

 

いやいや、おかしいのは店員さん、あんたでしょ。

「豆がない」って言ってんだから、それを補充しないことには、何をやったってダメでしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

少々、イラっときている状態、いつもであれば、この時点で100%注文キャンセルしているところです。

 

が・・・、今朝、 らっきぃ (id:profeels) さんの「緊急時の対応」という記事を読んだばかりでした。

まさに今日、飛行機がエンジントラブルで飛ばなくなって待機されているのですが、航空会社の対応を観察して、レポートされています。

 

こちらはコンビニでの機械トラブル。

せっかくなので、どんな対応をするか、私も見ることにしたのです。

 

ところが、こちらの結末はすぐに訪れました。

対応は一言、至ってシンプルなもの。

 

すぐに他の店員さんがこちらに向かって、「機械の調子が悪いので返金します」と100円返してきたのです(苦笑)。

そして、「大変、申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げました。

トンチンカンなことをやっていた店員は、「おかしいなぁ」と言いながらオロオロしているだけでした。

 

この対応、いろいろ疑問に思うことはありました。

  • トラブルのメッセージが客に対して発せられるのは、「状況説明」的な意味合いがあってのことだろうけど、店員側(カウンターの内側)には、どのように伝えられているのか?
  • 代わりに対応した店員はしっかりとしていたものの、こちらが返金に応じずにゴネ始めたら、どうしていたんだろうか?

そして、何より、

  • 「豆を補充せよ」のメッセージが出ているのに、なぜ、「水がなくなった」と判断したのか?

 

その店員は、「水が足りない。それ以外はありえない」と強烈に思い込んでいた風だったのです。

勝手に思い込んだのか、以前に同じような状況になって、そのときは水がなくなっていたという経験が強く擦りこまれているのか。

あるいは、ただの「おバカさん」なのか・・・。

 

店員の行動が、思い込みや擦りこみによるものだとしたら、本人は無意識のうちにやっていこととなります。

無意識に行動することは、この店員に限らず、いろいろな人がいろいろな場面で行っており、自分自身も勝手な思い込みや擦りこみで行動している可能性は十分あるわけです。

そして、他人から注意されない限り、自分では気づかないものなのです。

そう考えると、薄ら寒くなりました。

 

ではまた。

【スポンサーリンク】
 

 

<よろしければ、こちらもどうぞ>