ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「ザックリ調べてみた」関連記事のまとめ

日々、暮らしていると、よく分からないことに出くわします。

「それって、どういうこと?」

「なんで、そうなってるの?」

「自分に、どんな影響があるの?」

「で、自分はどうすれば良いの?」

 

ただの素朴な疑問で済ませられるものもあれば、自分自身に影響するので放置できないことも。

このように疑問に思ったことを調べて、ザックリとまとめた記事を紹介します。

 

社会・経済

2016年は、社会的に大きな話題がいくつかありました。

アメリカ大統領選挙は、一番、話題になったことですが、この大統領選挙の仕組みって、よく分からないことが多いですよね。

そこで、疑問に思っていたことを調べてザックリまとめたのがこちら。

 

次にイギリスのEU離脱。

国民投票の結果は、大方の予想に反して離脱となりました。その理由と影響についてまとめました。

 

もう一つ、実生活に影響しそうなのが、アメリカの金利政策。「利上げするぞ~」と言いつつ長く据え置きになっていましたが、2016年12月に利上げが実施されました。

 

その他、話題になったものとして、取り上げたのがこちら。

 

【スポンサーリンク】
 

 

お得な情報

知っていたら得すること、知らないと損することって、世の中にたくさんあります。

お金に関する知識や情報は、ストレートに「いくら得した(損した)」がわかる分だけ、調べて実行する価値が感じられます。

 

長年、放置していた住宅ローンの金利を引き下げてもらうよう銀行に交渉した話。

結果、金利はおよそ半分にまで下げてもらえました。

 

メガキャリアと呼ばれる携帯電話会社の料金は、一言「高い」。

おまけに、家族割りやら2年縛りやらと、一度契約したら乗換えが面倒だったり損するシステムがあります。

ですが、思い切って格安SIMに替えたところ、年間1人8万円、家族四人で32万円も節約できました。

 

クレジットカードを利用するのは、際限なくお金を使ってしまいそうで抵抗があったのですが、よくよく考えてみたら「使わないと損」というのがわかりました。

以降、コンビニでもクレジットカード支払いを行うようになり、その恩恵を与っています。

 

ふるさと納税も「なんか面倒くさそう」と抵抗があるものですが、そもそもの仕組みと手続きを調べたところ意外に簡単でした。

こちらの記事では、できるだけ分かりやすくまとめています。

 

株主優待も損得で言うと、やると得することのひとつですね。

金利が「ゼロ」の銀行預金をするくらいなら、最小単位の株を買って、株主配当と株主優待をもらうと、数パーセントの利回りになることも。

特にお得感のある株主優待をまとめたのがこちら。

 

一方、株やFXで売買益を狙うと「ほとんどの人が損をする」という現実があります。

なぜ損をするのか?その背景にある人の心理についてまとめたのがこちらです。

 

今の日本の金利だと、日本の銀行にお金を預ける気にはなれません。

一方、外貨預金には相変わらずビックリするような高金利のものがたくさんあります。

こちらに預けたら大儲けできそうなのですが、実は大きな落とし穴があるのですね。

 

給料関係

お金がらみで、給料やボーナスについて調べたのがこちらの記事です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

社会保険関係

3月末に退職するのをきっかけに、年金・健康保険・失業保険と切り替えを行っています。

在職時は会社がやってくれたことも、自分でやらなければならず、直接、役所に行くこともしばしば。

それにしても、日本の制度って、本当に複雑と言うか、わざと分かりにくくしているのでは?と勘ぐりたくなるようなことばかり。

そのような分かりにくい事柄や、自分が実際に役所で行ったことをザックリまとめたのがこちら。

 

杜撰なデータ管理で名目上の組織解体となった旧・社保庁。

我が家の年金データもムチャクチャなことをされていたので、電話で確認したら、その対応がひどすぎて笑うしかなかったというお話。

 

また、年金の制度上の条件がよくわからず、右往左往したのがこちら。

 

退職したら、当面、お世話になる失業保険。

どうすればもらえるか、いくらもらえるかをまとめました。

 

会社員であれば、会社の健康保険に加入すればよいのですが、退職したらどうすべきか、金銭的な負担が少なくなる方法を調べました。

 

野次馬的な興味・関心

何かのきっかけで、気になったものを調べたのが以下の記事。

会社名の由来と都道府県ランキングは、調べていておもしろかったですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

<紹介した記事一覧>

 

 では、また。