ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

竜馬ファン必見!!坂本竜馬の名前を歴史の教科書に残す方法

何年か前に歴史の教科書から「聖徳太子」の名前が消えるというニュースがありました。

「聖徳太子」といえば日本の歴史の中で偉人中の偉人、その肖像が「お札」に使われた回数がダントツNo1というくらいの人。

そんなエライ人の名前が歴史の教科書から消えると言うのです・・・。

 

さらに、先日のニュースでは、坂本竜馬や武田信玄といった、これまた日本の歴史史上、燦然と輝くスーパーヒーローたちの名前が消えると話題になりましたよね。

 

こんなスゴイ人たちが歴史の教科書から消える・・・。

一体、なんで?と調べてみたら・・・、誤解というか何と言うか、(よくある)報道の先走りっぽい話だというのが分かりました。

 

あわせて、消滅の危機?にある坂本竜馬や武田信玄などの名前を、引き続き歴史の教科書に残せる方法も見つけましたので、ご紹介します。

 

歴史の教科書から聖徳太子の名前が消える理由

まずは「聖徳太子」の名前が歴史の教科書から消えようとしている理由なんですが・・・。

「聖徳太子」は、

  • 憲法十七条
  • 冠位十二階
  • 遣隋使の派遣

などなど、まさに、日本国内の法統治の基礎という歴史的に大変な偉業を成し遂げた人、ですよね。

でも、実は「聖徳太子という人はいなかった」という説が、かなり有力視されるようになってきたのだとか。

 

「聖徳太子」という名前は、「厩戸王」にその功績を称えるため、後世の人が贈った尊称です。

つまり、「聖徳太子=厩戸王」であり「厩戸王」は実在の人物です。

しかし、

「そもそも、「聖徳太子」の功績とされていることって、本当に「厩戸王」一人で成し遂げられたのか?」

という疑問が持ち上がっているのです。

 

「聖徳太子」は、とんでもない超・大天才だったから、多くの偉業を成し遂げたというのが通説ですよね。

でも、いろいろと調べていくうちに、「聖徳太子」が行ったとされていることも、本当は天皇や蘇我氏などが行ったこともあり、厩戸王ひとりだけの功績ではない(ものによっては、厩戸王が関与していないかも)という説が実際のところではとされてきたのです。

 

と言うことで「数々の功績を残した人物=聖徳太子は存在しなかった」、と考えられるようになり、歴史の教科書からその名前が消えようとしているわけですね。

 

ちなみに、今は「聖徳太子」の名前が残っている教科書もありますが、「厩戸王(聖徳太子)」と表記されるものもあるようですね。

さらに小学校の社会の教科書では、「聖徳太子(厩戸王)」と逆表記になっているとか(笑)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

坂本竜馬が歴史の教科書から消える理由

一方、坂本竜馬や武田信玄などの超有名人の名前が歴史の教科書から消えようとしています。

他の有名どころでは、「大岡忠相(大岡越前)」「上杉謙信」「吉田松陰」などが消えるかもしれないとのこと。

 

なぜ、こんな有名人たちの名前が歴史の教科書から消えようとしているか?と言うと、実は、高校と大学の先生たちで組織されている「高大連携歴史教育研究会」が、以下のように提言したからです。

 

高等学校の歴史教育では、従来、教科書に収録した用語の暗記中心の教育が行われることが多かった上、教科書の収録用語が改定の度に増大し、古代から始めた授業が近現代まで到達せずに終わることが多くみられました。その上、大学入試では、一部に思考力・表現力を問う記述式などの出題が増えてきたものの、多くの大学では依然として用語の暗記力を問う問題が出題され続けています。
このような現状の改善なしには、歴史的な思考力を育成する授業を大幅に増やすことは難しいと思われます。

 引用:高大連携歴史教育研究会HP

 

要約すると、

  • 覚えることが多すぎて(増えすぎて)最後まで教えきれない
  • 暗記一辺倒の歴史教育のままだとダメ
  • だから、覚える用語を減らしましょうよ

ということですね。

 

そして、先生たちが考える、あるべき姿としての「覚える歴史用語はこれでしょ!」という用語を、

当会提案の歴史系用語精選の提案(第一次)

として提示されたのです。

 

この提案の中に、坂本竜馬や武田信玄などの名前が載っていないので、彼らが歴史の教科書から消えようとしている、とニュースになっているのですね。

 

 つまり、

 竜馬たちの名前が歴史の教科書から消える

のではなくて、先生たちが教科書に載せる

 歴史上の重要事項の優先順位を付けたら上位に入らなかった

ということです。

そして、

 先生たちから提言されただけで、まだ決定したわけではない

のです。

 

*テレビのニュース番組は、こういう状況をしっかりと伝えずに、「坂本竜馬の名前が歴史の教科書から消える!」とだけセンセーショナルに報道するから、たくさんの誤解が生まれるんですよね~。

 

聖徳太子と坂本竜馬の違い

聖徳太子の名前が歴史の教科書から消えようとしているのは、

「実在の人物ではない」から

というのが理由です。

実際、新たな発見があるたびに、歴史の教科書は、書き方が行われていますので。

 

一方、坂本竜馬などが歴史の教科書から消えようとしているのは、覚える量を減らすことが目的で、歴史上、重要度が低い事や人は教科書に載せないというもの。

つまりは、「本人が何かをやったわけではない」というのが、優先順位が低い理由のようです。

 

大岡越前や武田信玄、上杉謙信、吉田松陰といった偉人たちも、歴史上、本人が直接何かやったわけではないので、あえて歴史の教科書に載せる必要は無い、ということなのでしょう。

 

たしかに、坂本竜馬本人が直接、歴史上のエポックを成し遂げたかと言われると「やっていない」かもしれません。

でも、薩長同盟、大政奉還、船中八策などといった「事実」に坂本竜馬が関与したり、与えた影響はとっても大きいはず。

 

もし、竜馬がいなければ、幕末の大激動はどうなっていたか分かりません。

これくらい重要人物を歴史の教科書から消してしまったら、学ぶべき内容は超薄っぺらいものになると思うんですけど・・・。

 

history01

大人になって歴史がおもしろくなる理由

小学校から中学・高校と歴史の授業がありましたが、めちゃくちゃつまらない時間じゃなかったですか?

 

「誰が、xxx年に、何をした」

「歴史的事実」を味も素っ気もないタダの事象に簡略化し、それをひたすら箇条書き?で覚えさせられるだけ。

本当に苦痛で苦痛で、「それが、どないしてん?!」と思いながら、つまらな~く授業を聞いていました。

 

ところで、大人になってから歴史が本当におもしろく感じるようになっていません?

私は、本当におもしろいなぁって思うようになってきました。

 

NHKが放映する歴史番組は、ほぼコンプリートで見てますし、林修の歴史ミステリーなんかもおもしろくて仕方がありません。

 

あれだけ大嫌いだった歴史が、大人になっておもしろくて仕方がない、その理由を考えたのですが・・・、やっぱり、「歴史は人間ドラマ」だからだと思うんですよ。

 

歴史って、乱暴に言ってしまえば、「権力者同士による争いごとと治世のあり方」だと思います。

権力者とそれを取り巻く様々な人間によるドラマが繰り広げており、その結果としての「歴史的事実」が積み重なっていくわけですよね。

 

この人間同士の絡み合いや因果、感情といったものは、年を取れば取るほど興味を持てるものですし、その妙味を楽しめるものでしょう。

なので、大人になると、歴史がおもしろくなるのだと考えます。

 

一方、学校の歴史の授業は、その背景である「人間の考えや行動」をすっ飛ばして、「事象」だけを丸暗記するものなので、ほんとうにつまらなかったのだろうと。

 

今回の「高大連携歴史教育研究会」の提案の主旨は、「暗記する項目を減らしましょう」ということですので、その分、歴史の学びに深みを持たせるのでしょう。

なので、私としては賛成なんですが・・・。

 

でも・・・、竜馬は・・・、残して欲しい・・・。

 

「なんで、あれだけ仲が悪かった薩摩と長州が手を結んだのか?」を説明するためにも、大政奉還のきっかけが何だったかを学んでもらうためにも、竜馬は残しましょうよ。

あと、できれば吉田松陰先生も!

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

坂本竜馬を歴史の教科書に残すには?

さて、現在、高大連携歴史教育研究会では、「当会提案の歴史系用語精選の提案(第一次)」の内容に関してアンケート調査を行っています。

その結果を踏まえて、用語精選の最終案の作成に進むとのこと。

 

そこで、本来のアンケート主旨とは違うかもしれませんが、たくさんの人がこのアンケートに、

「坂本竜馬の名前を歴史の教科書に残してください!!」

と書いて出すと、残る可能性は高まるはずです。

*アンケートはこちらから

高大連携歴史教育研究会HP

 

坂本竜馬の名前を残したい方や他の偉人の名前を残したい方は、ぜひぜひ、アンケートで訴えましょう!

締め切りは2018年2月末です。

 

 

学校の授業より勉強になる漫画

おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)

おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

 

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)

 

 

 

 では、また!

 

<関連記事>

www.b-zone-s.com