ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

料理も温泉も最高!保養所と呼ぶには豪華すぎる立派な保養所のご紹介

【スポンサーリンク】
 

 

先週末、Googleマップを頼りに、すったもんだの珍道中となった山梨での小旅行。

今回は、そのときに泊った保養所のご紹介です。

 

こちら、保養所と呼ぶには豪華すぎるとってもスゴイ施設なんです。

 

自治体の保養所なのに超豪華

都内の某区に引っ越してきてから10数年、ほぼ毎年のように行っているのが、区が所有する保養所です。

 

私の相方の親の介護の問題があったのと、社宅が廃止されることが決まったため、私の相方が生まれ育った実家の近くに引っ越してきたのですが、この保養所はその前からあって、親族として利用していました。

 

よろしければこちらもどうぞ。保養所と社宅について書いています。

www.b-zone-s.com

この保養所ができた当初は、それはそれは大人気で、たしか3か月前からハガキで申し込みを受け付けるも、めったに当選しないといった有様。

 

あわせて、キャンセルがでたときに開放される電話予約は、朝9時ジャストにかけても、なかなか通じませんでした。

今はだいぶん落ち着いて、そこそこ予約は取れるものの、土日祝日はほぼ満杯です。

 

広大な敷地には立派な宿泊棟や丸太で組まれたコテージがあり、温泉に温水プールやスポーツ施設が完備されています。

ほんと、自治体の保養所なのに、豪華すぎるくらい立派な施設です。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094523j:plain

 

敷地内からは、勇壮な甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳の姿を見ることができます。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094641j:plain

 

いつもはコテージに泊るのですが、今回は本館のツインルームで泊まりました。

 

 食事がとってもおいしい!

旅行の楽しみといえば、やっぱり食事。

こちらの保養所は、夕ご飯が創作料理の会席、朝食はバイキングで、これまた豪華なんですよね。

 

 レストランはこちら。

4階吹き抜けのきれいなレストランです。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094601j:plain

 

夕食は創作料理の和会席

夕食は、先付、前菜、造りからスタート。奥は酢の物と香の物。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094605j:plain

 

蒸し物。中にはおこわと麩、それに百合根がはいっていました。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094615j:plain

 

 強肴は甲州ワイン牛芋煮風。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094609j:plain

 

選べるメニューは、5種類の料理から一品、好きなものをチョイスできます。

私はキンメダイを。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094621j:plain

 

相方はチキンの香草ホイル焼き。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094625j:plain

 

あとは、吸い物にごはん、デザートに水菓子がつきます。

 

このように、和会席がひとあたり楽しめるメニューで、連泊者向けに3日サイクルで内容が変わっています。

 

料理は、保養所だけに年配者の利用が多いためか、全体的に薄味です。

でも、全部食べ切るとお腹がいっぱいになって苦しくなるくらいのボリュームで、とっても満足できました。

 

朝食は豪華なバイキング

朝、温泉に入った後にいただく朝食って、ほんとうにおいしいですよね。

こちらは、和洋両方の料理が楽しめるバイキングで、地元の食材や郷土料理?もあって、ほんとうに豪華です。

 

これ、取りすぎですよね・・・。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094629j:plain

 

フレッシュジュースは、その場で絞ってくれます。

右はいちごとミルク、真ん中はマンゴージュース、左はたしか八ヶ岳の牧場の牛乳だったと思います。

マンゴージュース、飲むと果実がけっこう大ぶりで残っていて、ちょっと嬉しかったですね。

f:id:b-zone-salariedman:20180329094634j:plain

 

私は普段は1日1食しか食べないのですが、旅行に行くと間食も含めて、しっかり食べます。

特にバイキングだと、ついつい食べ過ぎてしまうんですよね~。

 

【スポンサーリンク】

長男のアトピーを治してくれた温泉

施設は豪華だし、食事もおいしいし、料金も格安。

ですが、それ以上にこの保養所が好きな理由は、温泉が最高に気持ち良いからです。

 

泉質は、いわゆる単純泉、透明でクセがありません。

温泉通の人にとっては、ちょっと物足りなく感じるかもしれませんが、肌感がとっても良いのです。

 

浴室は広々としていて、もちろん、露天風呂にサウナもあります。

ボディソープと固形石鹸とともに、洗顔用のソープも備え付けられているのがうれしいですね。

 

さて、この温泉、我が家にとって、とてもありがたい温泉なんです。

というのも、この温泉は、長男のアトピーを一発で治してくれたからなんです。

 

長男が生まれてしばらくしてから、頬や首、胸などに赤い発疹がひろがって、見るからに痒そうなことになっていました。

 

病院に連れて行ったら、

「これは、アトピーですねぇ。成長したら自然と治るケースもありますが、今は何とも。

あまり薬を塗らない方が良いので・・・・。

まあ、しばらく様子をみましょう」

との診療。

 

医者から見れば、アトピーの一言で済ませる話であっても、実の子供のことですから、親としては、とっても心配ですよね。

薬はNGといわれたので、肌への刺激の少ない布を選び、アトピーに良いとされる「水」を買って身体を拭いてあげたりしていたのです。

でも、症状に、ほとんど変化はありませんでした。

 

で、長男が生まれてから半年ほど経って、この保養所に遊びに来たのです。

着いた当日、別に何も考えずに、普通に温泉に入れました。

翌日の朝、また温泉に入れようと服を脱がせたら、身体にあった発疹がキレイになくなっていたのです。

 

部屋に戻って相方に

「赤いのがなくなって、つるつるになっている」

と言って見せ、大騒ぎ&大喜びしたことを今でもハッキリと覚えています。

 

そして、ありがたいことにその日から、長男の身体に発疹が出なくなったんです。

 

温泉に1度入れただけで発疹がなくなるというのは、にわかに信じられないことですので、この温泉でアトピーが治ったと言い切れるものではありません。

さらに言えば、もともと、アトピーではなかったのかもしれませんし。

 

なので、そんなスゴイ効果があるというつもりは、全くありませんし、他の方でも効きますというつもりもありません。

 

ただ、我が家の長男に関して言えば、こちらの温泉をきっかけに、赤い肌荒れが完治したものですから、本当に嬉しくもありがたい温泉なんです。

 

おわりに

以上、保養所と呼ぶには豪華すぎる保養所をご紹介しました。

私が住む区には、ここ以外にも保養所があり泊ったことがありますが、料金は同じなのに、施設や料理の質が全然違っていましたね。

そこは、まあ、普通の保養所ですので、良くないというよりは、こちらが豪華すぎるということなんでしょうけど。

 

こちらでご紹介した保養所は、区民、または、区内勤務者のための施設ですので、具体的な名前は差し控えました。

 

 ご容赦ください。

 

では、また。