ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

任意継続と国民健康保険、どちらが得か

 

家族の被扶養者になれない人が会社を退職したら、健康保険は「任意継続」するか「国民健康保険」に入るか、いずれかとなります。

 

どちらに入ったとしても、保険の内容は同じようなもの。

だったら、保険料が安いほうが良いですよね。

 

では、「任意継続」と「国民健康保険」、どちらに入るのがお得でしょうか?

 

任意継続は保険料負担が2倍

退職前の会社の健康保険に継続して入る「任意継続」は、退職直前に支払っていた保険料のほぼ2倍の金額を負担することになります。

 

保険料そのものはほとんど変わらないのですが、在職中であれば、会社が負担してくれていた半額分を、退職後は自分で支払わなければならないため、約2倍の負担となるからです。

 

*詳しくは、こちらをお読みください。

【スポンサーリンク】
 

国民健康保険は自治体と家族数で異なる

国民健康保険は市区町村役場が管轄・運営しているもので、自治体によって保険料の計算方法はまちまちです。

 

さらに、国民健康保険には扶養という考え方がなく、1つの世帯で加入する人数によって金額が変わってくるのです。

 

なので、扶養家族(配偶者や子供、親など)の数が多いほど、金額は高くなるのですね。

 

<国民健康保険の一般的な計算方法>

  • 所得に応じて算出される「所得割総額」
  • 固定資産に応じて算出される「資産割総額」
  • 世帯内の被保険者一人につき一定額を賦課する「被保険者均等割総額」
  • 世帯に対して一定額を賦課する「世帯別平等割総額」

*会社で入る健康保険は、加入者の給料で保険料がきまり、何人、扶養家族がいても金額は変わりません。これは任意継続となっても同じです。

 

任意継続と国民健康保険、どちらが得かは一概に言えない

以上のように、任意継続となって単純に2倍の保険料を払うか、あるいは、国民健康保険に入って、家族それぞれの分を支払うか、どちらが得かは、一概に言えないのです。

 

任意継続となった場合、保険料が一気に2倍になるので、とても高く感じられます。

でも、国民健康保険だともっと高くなることも十分ありえるのです。

 

多くの自治体では、国民健康保険に加入したら保険料がいくらになるのか、シミュレーションできるようになっています。

 

私(=管理人)も、自分が住む自治体のホームページで、試しにやってみたところ、任意継続の1.5倍以上の金額になることが分かり、本当に驚きました(ちなみに、4人家族です)。

 

このように、退職すると保険料は、会社に在籍していたころに比べて、格段に高くつきます。

 

国民健康保険と任意継続のどちらかにするかは、役所に正確な金額を問い合わせた上で決めたほうが良いですね。

 

<関連記事>