ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

健康保険の被扶養者になるのが最も経済的

 

家族(配偶者・親・子など)が社会保険の健康保険に加入している場合、その被扶養者になると、あなたの持ち出しとなる健康保険料は「0円」です。

 

また、被扶養者が増えても社会保険料は変わりませんので、家族の負担増もありません。

なので、健康保険の被扶養者になるのが、最も経済的な選択肢です。

 

しかし、誰でも被扶養者になれるものではなく、一定の条件が必要なのです。

【スポンサーリンク】
 

被扶養者の範囲

社会保険の被扶養者となれる範囲は以下の通りです。

  • 被保険者の直系親族、配偶者(事実婚を含む)、子、孫、弟妹で、主として被保険者に生計を維持されている人。
  • 被保険者と同一の世帯で主として被保険者の収入により生計を維持されている被保険者の3親等以内の親族または事実上婚にある人の父母および子

 

被扶養者となれる収入の制限

被保険者と同居している場合

年収が130万円未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)であり、被保険者の年収より低い。

 

被保険者と同居していない場合

年収が130万未満(60歳以上または障害者の場合は180万円未満)であり、被保険者からの援助額より低い。

 

50代で退職される方で無職(=年収が130万円以下)の方は、一緒に暮らしている配偶者かお子さんで会社勤めの人がいれば、概ね、被扶養者となれます。

 

ただし、退職直後で失業保険をもらっている人は要注意です。

 

失業保険は「所得」とはみなされず税金もかかりませんが、社会保険においては「収入」とされ、ここに「130万円」の壁があるのです。

 

給付日数に関わらず、基本手当日額が約3,600円以上の場合、見込み年収が130万円を超えますので、被扶養者にはなれません。

 

失業保険の給付が終わるまでは、任意継続とするか、国民健康保険に入るしかないのですね。

 

被扶養者になる手続き

被扶養者の条件を満たしていれば、手続きはとても簡単。

ご家族の社会保険の加入者が、勤務先に申し出て、必要な書類を書くだけでOKです。

 

失業保険をもらっている間は入れないものの、健康保険では、被扶養者になるのが最も経済的な方法です。

条件が揃っている人は、被扶養者を選択するのがベストですね。

 

<関連記事>