ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

新幹線キセルグループ逮捕のニュースを見て思ったこと

昨日(11/24)、東京駅の入場券を使って新幹線のキセル乗車をしたとして2人の男が逮捕されたというニュースを見ました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20171125235633j:plain

 

新幹線キセルグループ逮捕

新幹線キセルは、某アイドルグループのコンサートなどで移動する際の交通費を浮かせるため、ファン仲間たちが入場券を渡す「迎え」を行い、キセル乗車を助けていたというものです。

 

手助け?は、1回当たり2000~3000円の報酬で、逮捕された男は150回くらいやったと自供しているとのこと。

さらに、このキセル乗車のネットワークは数百人に及んでいるそうです。

 

キセルでの逮捕なので「無賃乗車」かと思ったら、逮捕容疑は「電子計算機使用詐欺」と「建造物侵入」とのことなので、これから、きっと芋づる式に逮捕者が出てくるんでしょう。

 

「追っかけ」と呼ばれる熱狂的なファンは、コンサートのチケット代やCD代にお金がかかるのは仕方ないにしても、交通費に金をかけるのはもったいないと言ったところなんでしょうか?

あるいは、お金を払わずに済む「逃げ道」があるから、確信犯的にやっていたのか。

 

どっちにしても、まともにチケットを買って乗車している者にとって、腹が立つ話ですよね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

どうやってキセル乗車したのか?

このニュースを見たとき、腹が立ったのとともに疑問に思ったのが、どうやってキセル乗車したのか?ということ。

駅への入場、退場は、入場券で出来ます。

でも、電車内の車掌による検札(車内改札)をどうやってくくり抜けたんでしょうか?

 

少し前に、新幹線の指定席では、車内改札は廃止されましたが、自由席はまだ、ガッツリとやっています。

なので、車内改札が始まったとたん、トイレに逃げ込んでいたのでしょうかね?

 

【スポンサーリンク】
 

 

在来線特急で車内改札がなかった

今年の9月に北八ヶ岳に登り、その後、JR中央本線の茅野駅から長坂駅まで移動して、北杜市にある温泉宿で泊りました。

 

電車に乗るキョリは30km弱、普通の在来線で十分なんですが、本数が1時間に1本あるかないか。

なのに、特急はそれ以上の本数が走るというダイヤが組まれています。

で、駅に着いたのが普通電車が出たすぐ後、次の電車まで待ち時間が1時間以上あったので、仕方なく小淵沢駅まで特急電車に乗ることにしました。

 

特急電車に乗っている時間はわずか14分、在来線だと22分の区間に500円の乗車券とは別に750円の特急料金を支払うわけです・・・。

「なんかアホらしいなぁ」と、あまり気分は良くなかったですね。

 

さて、特急電車に乗っている14分の間、車内改札はありませんでした。

さらに、長坂駅は無人だったので、こちらでもチェックはありません。

ぶっちゃけ、特急券無しでも、なんのお咎めも無く乗車できていたのです。

 

もちろん、自分はズルをするつもりはありませんし、以降もこんな状況になれば(イヤイヤながらも)特急券は買いますよ。

バレたらとても面倒なことが待っているので、割が合いませんし、ね。

 

でも、こうやって特急券がチェックされないって分かっていたら、買わずに乗ろうという気持ちになる人が出てきてもおかしくないと思うんですよ。

 

私鉄の特急電車は、車両に乗り込むときに駅員が特急券をチェックし、車両から降りるときに回収したりしています。

JRは経費削減のためか、そこまで手が回っていないんですよね。

 

さらに言えば、新幹線キセルグループは、入場券のやり取りでキセルを行っていたわけですが、これが出来るってことは、JRの人たちなら分かっていたと思うんですが・・・、どうなんでしょうかね?

 

ということで、今回の新幹線キセルグループのニュースで、組織的にキセル乗車している奴がたくさんいたことを知り腹が立ったというお話しでした。