ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】公開?非公開?転職者向けの求人情報の種類と特徴

転職サイトや転職エージェントの求人情報を見ていると、

「非公開求人」

「当社独占」

といった求人があります。

 

「非公開求人」は、サイトに会員登録していても会社名が見られないもの。

一方、「当社独占」は、その転職サイト・エージェントだけが取り扱っている求人のことです。

 

このように求人情報と一言で言っても、いろいろな種類があります。

ここでは、一体、どのような求人情報があるのかみていきましょう。

 

kyuujinjyouhou01

 

転職市場の顕在情報と潜在情報

転職者を対象とした求人情報は、 まず、一般にオープンにされている「顕在情報」 と、 まだ公開されていない「潜在情報」 の2つに大別できます。

 

顕在情報

顕在情報とは、企業の自社ホームページ、新聞、雑誌などのメディアや、ハローワークなどの公的な就業支援機関、転職サイト・転職エージェントなどの民間人材会社で、公開されている求人情報のことをいいます。

 

潜在情報

潜在情報とは、企業の中で存在しているけれど、人材募集をオープンにしておらず、ハローワークや転職サイトなどにも依頼していない求人情報のことです。

近い将来、人材を採用する予定であるけれど、まだ採用活動を始めていないか、あるいは、良い人材がいれば採用したいといった条件付きのものですね。

 

ほとんどの人は、「顕在情報」で転職活動を行うことになります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

顕在情報の種類と特徴

公的就職支援機関

求人情報と聞いて、いの一番の思いつくのはハローワーク。

ハローワークでは、主に失業中の求職者を対象に、求人情報の紹介や職業訓練といった就業支援全般を行っています。

また、地方自治体等でも、地域の住民やUターン・Iターン希望者を対象に、就職支援の窓口を設置しているところがあります。

 

このような公的就職支援機関には、そのエリアに所在する会社を中心に、あらゆる業種・職種・階層の求人が幅広く寄せられているので、「地元での転職を希望する」など、就業エリアを限定したい人にとってありがたい存在ですね。

 

実際、ハローワークに行って、パソコンで求人検索をしたら、エリアを絞っても「こんなにあるの?」とびっくるするほど、たくさんの求人を見ることができますよ。

 

人材を募集する企業にとっては、ハローワークに依頼するとお金がかからないというメリットがあり、採用にコストをかけられない会社が多く利用しているのです。

 

しかし、ハロワークが斡旋する求職者の採用に際して、一定の強制力があるため、人材の選り好みをやりにくいのも事実。

なので、 あくまで一般論となりますが、勤務条件はあまり良くない求人情報が多い傾向にあります。

 

メディア

新聞

日本経済新聞や朝日新聞といった全国紙には、エリアを絞った求人情報とともに、全国から広く人材を求める企業の求人情報が掲載されます。

後者は、たくさんの応募が集まるため、競争率は高くなる 傾向にあります。

 

また、地方紙では地元の求人が掲載されます。

全国紙に比較すると、競争率はさほど高くないのですが、求人内容によっては地元志向の求職者が集中することもあります。

 

なんだかんだと言いながら、新聞の影響力はまだまだ大きいもの。

他のメディアに比べても、広告効果は高いですね。

 

雑誌

「読者を絞り込める」という雑誌の特性を活かして、新卒者・転職者・アルバイトといった区分や、専門技術者・特定の職種・独立希望者向けなど、企業の求人ニーズに合わせた求人雑誌が各種あります。

都会地では、駅などにフリーペーパーとして設置されていますね。

自身のニーズに合わせて選び、定期的に入手・チェック すると良いでしょう。

 

 インターネット

ハローワークや新聞・雑誌、また、転職サイト等、あらゆる機関がインターネットで求人情報を掲載しています。

各情報は、発信元の機関・メディアが公開している情報と同じものとなります。

特に転職サイトでは、自身の希望等を登録しておくと、合致した求人情報をメール配信してくれるところもありますので、積極的に活用したいものです。

 

転職エージェント

転職エージェントには、

  • 求人企業と求職者のマッチング型
  • 求人会社の条件にあう人材を探し出すサーチ型

の2つの区分と、

  • 広く求人を扱う総合型
  • 特定の業種に絞った専門型

の2タイプがあります。

 

転職エージェントでは、キャリアカウンセリングから企業情報の提供、求人紹介、応募代行まで、幅広く転職活動をサポート してくれます。

そして、他で公開されていない「独占情報」があるのも転職エージェントの特徴なのです。

 

さらに、転職エージェントが主催する転職フェアでは、企業の採用担当者が多数出席して、企業説明会や簡単な面接を行っています。

直接、ナマの求人情報を得られるとても貴重な機会ですね。

転職エージェントに登録すると、転職フェアの開催案内が届きますよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

潜在情報の特徴

潜在情報は、まだ一般には公開されていない求人情報のこと。

これらには

  ・ 退職予定者があり、その後任が社内にはいない

  ・ 事業の拡大や新規事業進出の計画があるが、それを担う人材が社内にはいない

  ・ 人材の質を強化したい

といった背景があげられます。

 

潜在情報は、その会社の経営者など、ごくごく一部の人しか知らないものですので、なかなか入手できるものではありません。

よっぽど太いコネがないと難しいです。

 

転職エージェントのコンサルタントの中には、この潜在情報をたくさん持っている人がいます。

ヘッドハンターと言われる人たちですね。

でも、このような人とめぐり合うのもなかなか難しいかもしれません。

 

どうしても転職したい会社があるならば、ダメ元で直接、その会社にアプローチするという手はありますが・・・。

 

まとめ

求人情報にはさまざまな種類がありますが、転職に際しては、やはり、転職サイトと転職エージェントを組み合わせて活用するのがベストでしょう。

 

転職サイトでは、広く情報収集を行い、転職エージェントからは深い情報収集と転職活動のサポートを受ける、という活用の仕方です。

 

現在、転職活動を行っている人はもちろん、これから転職を検討している人も、是非、転職サイト・エージェントに登録して、情報収集していただければと思います。

 

<絶対おすすめの転職サイト>

MIIDAS(ミーダス)

自分が転職したらどれくらいの給料をもらえるかが診断できます。

適正年収はこちらから → MIIDAS(ミーダス)

 

リクナビNEXT

自分自身の「強み」が何かを診断できます。

自己診断はこちらから → グッドポイント診断

 

キャリコネ 

数十万以上のナマの口コミ情報をチェックできます。

口コミ情報はこちらから → キャリコネ転職サービス

 

 

絶対おすすめの転職エージェント>

リクルートエージェント

転職者なら必ず登録しておくべき最大級の転職エージェント。

詳しくはこちらから → リクルートエージェント

 

ハタラクティブ

20代でキャリアに自信のない方向けの転職エージェント。

詳しくはこちらから →  ハタラクティブ

 

 

レバテックキャリア

IT・Web・クリエイターに特化した転職エージェント。

詳しくはこちらから → レバテックキャリア

 

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!