ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】募集要項の応募条件を満たしていなくても、転職したい会社だったら応募すべき

「この会社はいいな」「応募しようかな」

転職サイトや転職エージェントのホームページを眺めていると、「あ、ここはいいな!」と思える求人情報がいくつもあります。

 

仕事そのものがおもしろそう、給料などの待遇が良い、残業が少ない、知名度のある会社などなど。

 

「いいな」と思いつつ募集要項を読み込んでいくと、こういう会社に限って、応募条件はとても高いレベルを求められているんですよね・・・。

 

「これじゃあ、とてもじゃないけど、自分には無理だ」

ガックリして、 応募をあきらめてしまう・・・ 、そんな経験はありませんか?

実は、これ、けっこう「もったいない」 ことをしているかもしれませんよ。

 

応募条件を満たしていないと、書類審査で通過しないのが一般的ではあります。

でも、応募者次第で、応募条件を「緩和」し、採用する会社もあるのです。

 

 kyuujinjyouhou04

 

【スポンサーリンク】
 

 

転職者の応募条件は高めに設定される

そもそもの話なんですが、求人情報に書かれている応募条件は、高めに設定されているケースがけっこうあるんです。

 

私(=管理人)は、採用担当者として転職者の採用を何度も行ったことがあります。

最初に行うのは、応募条件を整理して求人広告に出すこと。

応募条件として、採用後の処遇とともに、「求める人材」を具体的に書きますが、頭の中で「こんな人に来てもらいたい」「こんな人と一緒に働きたい」とイメージすると、いつのまにか理想像が膨れ上がってしまい、ものすごくレベルの高い人材を求める内容になってしまうのです。

「さすがにこれはやり過ぎ」と、いつも書き直しするんですけど・・・。

 

他の会社の採用担当者からも同じようなことがあると聞いたことがありますが、人材を求める会社としては、少しでも良い人に来てもらおうとするため、応募条件は高めになってしまう傾向があるんですね。

 

応募条件を全て満たす必要はあるか?

応募条件の「求める人材」像では、複数の条件が列記されています。

「これは、厳しい!」というものもあれば、「これは自分はクリアしている」という条件もあるでしょう。

 

応募条件を見てあきらめた人は、おそらく

「自分は、こことここはクリアしているけれど、これが足りないからダメだ」

と判断したのではないでしょうか?

 

でも、ここで考えてみてください。

あなたが全ての応募条件を満せていないとしても、いくつかの条件に合致していたら、その会社に入社して力を発揮できると思いませんか?

 

自分が条件不足であることに多少の負い目は感じるかもしれませんが、ここは目をつぶっても応募すべきところです。

 

応募条件には優先順位があります。

そして、本当に全ての条件を満たしていないとダメかというと案外、そうでもない場合があるんですよね。

あなたが満たしている条件の優先順位が高く、満たせていないものの順位が低かったら、会社は、「良し!」とする可能性は十分にあります。

 

中には「絶対条件」として明記されているものがありますので、これを満たせていないと、書類審査は厳しいです・・・。

でも、そうでなければ、100%ダメだとは言い切れないのです。

 

さらに言えば、能力や経験よりも、意欲や人間性が重視されるケースはたくさんあります。

特に若手の転職であれば、転職後に経験を積んでもらおうという会社もいっぱいありますので。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

「ぜひ、行きたい!」と思える会社が見つかったら、応募条件を満たせてなくても「ダメ元」で応募しましょう!

 

もともと、求人情報に書かれている応募条件が高めの場合はよくあることですし、仮にあなたが全ての条件を満たせてなくても、採用される可能性は十分にあるのです。

だけど、応募しないと内定は絶対にもらえませんからね。

 

転職は「ご縁」のもの。何が起きるか分かりません。

自分が本当に行きたいと思える会社だったら、絶対に応募しましょう!

 

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!