ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】業種と職種の4パターン、転職しやすいのはどれ?

「この会社に入社して、あの仕事をしたい!」

このように転職活動を行う人が、希望する転職先がハッキリ決まっているのは、稀なケース。

通常は、今自分が働いている会社での仕事をベースに、どんな業界に転職するか(業種)、どんな仕事をするか(職種)を考えるのが一般的です。

 

現在の仕事をベースに転職活動をするほうが、情報は豊富だし、転職後どうなるかをイメージをしやすいですから。

 

しかし、今の業界や職種がイヤだという場合、あるいは、転職を確実に成功させたい人であれば、 現在の仕事のワクを外して、転職を考えるものでしょう。

 

こちらでは、 業種と職種の4つの組み合わせから、現実的な転職のあり方を考えてみました。

 

kyuujinjyouhou05

 

【スポンサーリンク】
 

 

転職時に考える「業種」と「職種」の4パターン

転職先の業界と職種を組み合わせると

  • 同業種×同職種
  • 同業種×異職種
  • 異業種×同職種
  • 異業種×異職種

の4パターンがあります。

それぞれの組み合わせについて、どのような転職となるかを整理しました。

 

同業種×同職種への転職

一番、オーソドックスな転職パターンです。

 

自分が持っている業界の知識や実務経験を、ストレートに生かすことができます。

何より同じ業種だと、業界の知識がありますので、どのような環境にあって、どんな仕事があるか大体のイメージがつかめます。

 

また、どの会社がどんなやり方をやっているか、社員の待遇はどのようなものかなど、同業他社の情報も入って来やすいので、会社選びもスムーズに行えますね。

なので、もっともスムーズな転職を実現できるパターンです。

 

同業種×異職種への転職

上記と同じく業界や同業他社の情報が豊富という面でメリットは大きいですね。

異職種に就くと、ゼロから仕事を覚える必要があるので苦労することになりますが、自身のキャリアの幅を広げられるので、この転職はとても意味があるでしょう。

 

ただ、希望する職種が全く経験のないものだと、転職に際して「専門性」をセールスポイントにはできませんので、転職活動そのものは同業種×同職種に比べ、厳しくなります。

 

異業種×同職種への転職

こちらは、業界事情には詳しくないものの、転職活動で自身の「専門性」を強く打ち出していくパターンです。

 

とは言え、これまでと異なる業界となりますので、必ずしも過去の「専門性」が通用するとは限りませんし、何よりカルチャーも含めて業界知識を得るために、多くの努力が求められますので、転職後は、同業種異職種への転職よりも大変になります。

それでも、苦労の分だけ得るものも多いので、とても意味があると転職と言えます。

 

高い専門性を持っている人であれば、転職活動はスムーズに進められるでしょう。

 

異業種×異職種への転職

異業種×異職種への転職は、完全なキャリアチェンジとなります。

第二新卒以外、狭き門であり、転職活動で膨大なエネルギーが必要となります。

転職活動を行うことで、はじめて「現実」を見聞きし、思い描いていたものとのギャップに途中で活動をやめてしまったり、転職後、うまくいかないケースが多いのも、このパターンです。

 

新しい業界で新しい仕事をしたい、強い想いがあればチャレンジする価値は十分ありますが、最もリスキーな選択だけに、転職活動は冷静に進めることをおすすめします。

 

4パターンの転職のしやすさは?

業種×職種の4つのパターンの中で、一般的な転職のしやすさは、

1同業種同職種 > 2異業種同職種 > 3同業種異職種 > 4異業種異職種

の順番となります。

 

一般的に、企業が 転職者に求めるのは「専門性」ですので、今と同じ職種での転職は「経験値」を売りにできる分だけ、有利に進められます。

 

ただ、 業種によって転職者の求人状況が異なり、人手不足で困っている業界は、異業種異職種であっても、比較的スムーズな転職ができる場合も。

一方、求人の少ない業種にいる人で、同職種での転職を希望する人は、別の業種を探したほうが、より良い転職先を見つけやすいとも言えるでしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

業種と職種をどうするかによって、転職活動の仕方が変わりますし、その結果としての今後の人生も変わってきます。

 

転職を成功させるためには、まずは自分自身の希望を最優先したうえで、業種と職種をどのパターンとするか考えたほうが良いのですが、1パターンだけにこだわらず、2パターン(業種を同じにするか、職種を同じにするか)で転職活動をするほうが、合理的だと言えるでしょう。

 

ただ、現実的に転職を成功させるためには、業種ごとの「ナマ」の採用状況を知ることが大切です。

これらの情報は、個人ではなかなか把握できませんので、転職エージェントに聞いてみることをおすすめします。

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!