ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

五月病は「隣の芝生は青い」と思っている奴がなるものと言われた話

五月病。

ゴールデンウィーク明け頃に起こりやすい心や身体の不調をさすもので、気分が沈みがちになったり、頭痛や肩こりが取れない、あるいは、ずっとだるさが続くといった症状があると言われています。

 

五月病の原因

一般には、新入学者や新入社員など、4月に大きな環境変化があった人が、1ヶ月間緊張し続けたものの、ゴールデンウィーク中にその緊張の糸が切れて、結果、心身のバランスが崩れることと言われています。

 

また、特に大きな環境変化がなかった人の場合は、いわゆる木の芽時から新緑になる春の時期に自律神経が乱れるケースがあるとも言われています。

 

いずれにしても、季節要因が大きい症状で、五月に多く見られることから五月病と呼ばれているわけです。

 

よく言われる五月病の予防法・対処法

五月病の予防法・対処法として、

  • 規則正しい生活
  • 十分な睡眠と適度な運動
  • 栄養の取れた食事
  • 休むときは休み、遊ぶときは遊ぶ
  • 悩み事は抱えず誰かに相談する

などといったことを目にします。

 

とても納得できる内容です。

だけど、これらの項目は、いろいろな健康法の基本とも言うべき事項で、特別、五月病を予防するとか対処する方法ではないですよね。

 

あわせて言うと、こういった事項をやろうとしている人でも、五月病になる人はなりますよね。

特に新しい環境の中で、たとえ小さなことであっても、悩み事や心にわだかまりがある人は、その原因を取り除くか、自分で乗り越えない限り解決しないもの。

もっと言うと、規則正しい生活を送ろうにも、夜、眠れないなんてこともありますので・・・。

 

なので、予防法・対処法としては正攻法だけれど、その効果については人によって千差万別だと思います。

 

【スポンサーリンク】
 

 

五月病は隣の芝生は青いと思う人がなる

自分が新入社員のときに、会社の先輩からいわれた言葉があります。

「五月病みたいなもんはな、隣の芝生は青いと思っている奴がなるもんや」

 

ゴールデンウィークの中日での出勤中、先輩と雑談しているときに、

「なんか、かったるいんですよねぇ。俺、もしかしたら五月病なんかなぁ?」

みたいなことを言ったんです。

 

すると先輩は、

「お前なぁ、ゴールデンウィーク中に会社に来るのは、誰でもかったるいの決まってるやろ。ワシかて、かったるいわ」

と言ったあと、「そもそもな、」と上の「隣の芝生は青い」と続け、そして、

「ま、お前が五月病かどうかは知らんし、別に五月病や何や言うてるのはええけどな、連休明けたらシャキッとしいや」

と言われました。

 

そのときは、特に思うこともなく、そのまま終わったのですが、それからず~っと何年も、この「隣の芝生は青い」という言葉が記憶に残っていて、「あれはどういう意味なんだろう?」と考えていたのです。

 

f:id:b-zone-salariedman:20170426221549j:plain

 

「隣の芝生は青い」の自己流解釈

「五月病は隣の芝生が青く見える奴がなる」という発言を自分なりに解釈すると、

  • 4月は新入社員として入社し、まだ、新しい環境に十分適応できていない
  • なので、現状に対して不満に思っていることが何かはある
  • 連休中、学生時代の友人や他部署の同期と会って話をする
  • その際、それぞれが「本当の自慢」と「不幸自慢」をする
  • 「不幸自慢」に対しては、「自分がそうではなくて良かった」と思う一方、「本当の自慢」に対しては「うらやましい」と感じる
  • この「うらやましい」という気持ちだけが残り、「隣の芝生は青い。なのにウチは・・・」と思うようになり、元気がなくなる
  • ゴールデンウィークがあけたころには、五月病になっている

との答えとなりました。

 

先輩本人に真意を確かめたわけではないので、当たってるかどうかわかりませんが、世間的にはありそうな話だろうと思っています。

 

五月病の一番の予防策

五月病には、さまざまな原因があるでしょうけど、案外、先輩が言ったように、「隣の芝生が青い」、つまり、周りと自分を比べて、他人の良いところだけをうらやましく思い、自分は恵まれていないと思い込むことから始まっていくケースも多いのでは?と考えました。

 

だとしたら、自分と周りを比べないことが、五月病の一番の予防策になると言えますし、それが出来ない人は、ゴールデンウィーク中、学生時代の友人とは会わない、SNSも見ないというのもありかもしれません。

 

まずは、規則正しい生活を送るなどの正攻法を行い、また、周りをあまり羨ましがらないようにすると、予防できるかも、です。

 

五月病は人によっては、とても危険な状態になってしまうこともあるそうです。

本当に気をつけましょうね。

 

では、また。

 

<ビジネスマンなら要チェック!>

自分の市場価値が分かるサイト

 

  自分の年収をチェックする →  MIIDAS(ミーダス)

 

 

現役社員や元社員が投稿した会社に関する口コミサイト

 

  他社の生の情報をチェックする →  キャリコネ転職サービス

 

 

<よろしければ、こちらもどうぞ>