ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】転職者の採用面接の流れと注意事項

転職者を対象に行われる採用面接は、新卒採用の面接に比べると、とてもオーソドックなものです。

 

新卒採用では、社会人経験のない学生を対象に、一度に大量に試験や面接を行い、学生はしっかりと就職活動の対策をとってきますので、通り一遍のことをやっていても、なかなか差異や個性を見出しにくいもの。

そこで、それぞれの会社は趣向を凝らした?ユニークな採用試験を行うことがよくあります。

(マスコミ受けを狙って、おバカな選考試験を行う会社もありますが・・・)

 

一方、転職者の採用では、すでに社会人として経験を経た人が応募しますので、会社としては、応募者の経験と能力を中心に、プラス人間力をしっかりと把握できるような採用面接を行います。

そして、これらはオーソドックスな面接といって良いでしょう。

 

こちらでは、一般的な転職者の採用面接の流れと注意事項を記します。

 

mensetsu08

 

【スポンサーリンク】
 

 

採用面接の形式

転職者を対象とした採用面接は、ほとんどの場合、個人面接のスタイルがとられます。

応募者の経験や能力などをしっかりと見極めるために、1名の応募者に対して複数の採用担当者がじっくりと聞くという形式が取られます。

*2次・3次面接と複数回実施される場合は、初回面接を集団で行う場合もあります。

 

採用面接の流れと時間

採用面接の流れは

  •  導入
  •  質疑応答
  •  締めくくり

となり、面接時間は、目安として30分から1時間程度実施される場合が多いです。

 

導入

面接前からチェックされている

導入は、その企業の玄関に入った時点で始まっています。

受付での受け答えの仕方、控え室に案内されているときの態度、控え室で待っている様子など、採用担当者との面接が始まるまでにも、応募者がどんな行動をするか、相当部分がチェックされています。

(受付担当に様子をヒアリングしたり、モニターでチェックする会社もあります)

 

初めて会った瞬間が最大の山場

いよいよ、面接会場に呼ばれますが、採用担当者と初めて会うこの瞬間が、最大の山場となります。

よく、 「採用は最初の5分で決まる」 と言われますが、外見の印象はもちろん、最初の5分の間に、態度やビジネスマナー、コミュニケーション能力などがチェックされます。

このときに採用担当者に持たれた印象は、30分程度の面接時間内で、そう簡単にひっくり返りません。

導入においては、礼儀正しく、明るく、元気よく、採用担当者に好感を持たれることを強く意識しましょう。

 

自己PR中に「値踏み」されている

冒頭、面接者から応募の礼が述べられたあと、面接本番です。

通常は、自己PRと志望動機を述べるように促されます。

*私は過去、この自己PRをすっ飛ばされたことがあり、何が起きたのか?とちょっと焦りましたが・・・。

 

自己PRをしている間、採用担当者は手元にある履歴書や職務経歴書とあなたの顔を交互に見入っているはずです。

 

資料を見ているのは、あなたの話の内容と書かれていることが合っているかチェックしており、あなたを見るのは、その受け答えの様子から人物を見定めようとしているのです。

ストレートに言うと、自己PRをしているあなたの「値踏み」をしているのですね。

 

質疑応答の仕方で不採用がわかることも

自己PRが終わると、採用面接のメインである質疑応答に移ります。

 

質疑応答は、主に職務経歴書に書かれた内容について、採用担当者から確認される場であり、あなたは質問に対して的確に答えながら、あなたの意欲や能力、業務実績などを積極的にアピールします。

 

さて、質問は職務経歴書に書かれていることが、たとえば「転職先企業においてどうやっていくつもりか?」といったように、形を変えて質問される、ということです。

なので、大前提として職務経歴に何を書いたかはちゃんと覚えていないといけませんし、書いた内容と整合性のとれた回答をする必要があります。

 

また、その際には、採用担当者に正しく理解してもらえるよう、できるだけ具体的でわかりやすく説明する必要があります。

 

ここで、質問の主旨をはき違えてトンチンカンなことを答えたり、要領の得ない回答をすると、厳しい評価を受けることになるんですね。

 

ところで、質疑応答での質問が、とても「ゆるい」場合があります。

あまり大した質問をされず、回答に対しても、ツッコミが入らずにさらっと流されるケースです。

これは、とても残念ながら面接の最中に「不採用」が、決まったと考えて良いでしょう。

 

はじめの5分程度で、採用担当者は「落とすか・残すか」の線引きをしますが、「確実に落とす」と判断したら、面接を流しにかかるのです。

 

本当だったら、早々に面接を切り上げたいところですが、あまりに早すぎるのは応募者に失礼ですし、機嫌を損ねさせると、後々、問題になりかねません。

なので、ゆるく時間つぶしをするのです。

 

(面接の最後の一言で一発逆転し、採用になったという話を聞くことがありますが、これは都市伝説の類?ではないかと。その人は、面接中、ダメを喰らっていたということではなかったと思います。

もっとも、最後の最後に失敗して不採用になることはありますけどね)

 

【スポンサーリンク】
 

 

締めくくり

面接も終盤になると、

「ウチは○○だけど、本当に大丈夫ですか?」

といった念押しのような質問が続きます。

(「あ、それだったら結構です」と言いたくなるような質問も出るんですよねぇ・・・)

 

そして、終わりに近付くと、勤務条件などの要望や、どんなことでも良いから質問はないかと聞かれます。

勤務条件については、要望があればそれを伝え、なければ「御社の規定に従います」と答えてよいでしょう。

 

「どんなことでも良いですよ?」というフリーな質問に対しては、自身の意欲の強さが伝わる質問をするようにしましょう。

一番ダメなのは、「特にありません」と答えてしまうことで、入社後のことをあまり考えていないとか、やる気がないと受け取られてしまいますので。

 

だからといって、ここで「入社した暁には自分は、このように役立てる」と再度、アピールするのは考えもの。

このアピールの時間は、かえって悪い印象を与えかねません。

「一生懸命、頑張らせていただきます。よろしくお願いいたします」程度で留めておくのが無難でしょう。

 

まとめ

以上、転職者を対象とした採用面接の流れと注意事項を記しました。

面接自体は、本当にオーソドックスなものですので、自分のキャリアの振り返りを行い、応募先企業のニーズにそった志望動機や職務経歴書をまとめておくと、スムーズな受け答えはできます。

 

とは言いながら、やっぱり緊張はしますし、できれば、どんな質問をされるのか、それに対してどう答えるのが良いのかが分かると助かりますよね。

 

そこで、転職エージェントに登録している人は、コンサルタントから、その会社の面接のスタイルや質問される項目、そして、注意事項を確認するといいですよ。

あわせて、模擬面接をやってもらうと、落ち着いて面接本番を迎えられますよ。

 

おすすめの転職エージェント

こちらの3社は、面接指導もしっかりと行ってくれます。

 

20代で転職などの知識がほとんどないという方は、「ハタラクティブ」だと、丁寧な対応をしてもらえます。

詳しくはこちらから →  ハタラクティブ

 

 

これを機会に、それぞれのホームページをのぞいてみてください!

 

<転職者向け面接関連記事>

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また。