ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

宮古島の絶景、3つの大橋(池間大橋、伊良部大橋、栗間大橋)はどれも「素晴らしい」としか言いようがなかった!

 宮古島で南国ならではの海の絶景を楽しんできました。

 

 宮古島が舞台となった朝ドラ「純と愛」

今から約5年前、2012年度下半期に放映されたNHKの朝ドラ「純と愛(あいとあい)」というドラマをご存知でしょうか?

 

NHKの朝ドラらしく「明るく前向きな女の子が元気に頑張る」内容だったのですが・・・、ヒロインに次から次へと無慈悲な災難が降りかかるストーリーとともに、相手役が「他人の考えが読める」超能力を持つ男という設定だったため、年配者からの評判がすこぶる悪かったドラマです。

 

この後に放送されたのが「あまちゃん」だったので、影が薄くなった感はありますが、とても引き込まれる内容で、私としては初めてコンプリートした朝ドラでした。

 

このヒロインの出身地、そして、物語後半の舞台となったのが、この宮古島。

いつかは行ってみたいと思っていた場所に、ようやっと行くことが出来ました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

宮古島旅行の目的と行程

宮古島旅行の目的は「純と愛」の聖地巡礼・・・ではなく、彼の地に架かる3つの大橋を見ることと、ビーチでリゾート気分を味わうことでした。

 

f:id:b-zone-salariedman:20170510232835j:plain

 

2泊3日の旅行。行程は、以下の通りです。

 

<初日>

羽田空港(11:55) → 宮古空港(14:55) → 伊良部大橋 → うえのドイツ村 → ホテル(ブリーズベイマリーナ)

<2日目>

ホテル → 東平安名岬 → 砂山ビーチ → 池間大橋 → 来間大橋 → ホテル(宮古島東急ホテル&リゾーツ)

<3日目>

13時頃までホテル滞在 → 宮古空港(15:40) → 羽田空港(18:15)

 

往復とも飛行機は直行便だったので、とても楽チンでした。

また、現地での移動はレンタカーで、総走行キョリは、およそ180kmとなりました。

ちなみに、私はほぼ完璧なペーパードライバーでして、十数年前に自動車を手放して以降、ほとんど車の運転をしたことがありません。

そんな私でも、快適なドライブが楽しめるような交通状況でしたね。

 

宮古島の旅行記を3回に分けて記します。

初回の本記事では、3つの大橋の様子をレポートします。

 

 

宮古島3つの大橋

宮古島には、池間大橋、伊良部大橋、栗間大橋のいずれも島と島を結ぶ3つの大きな橋があります。

 

池間大橋

池間大橋は、宮古島と池間島を結ぶ橋。1992年2月の開通で、3つの橋の中で、いちばん古いものです。全長は1,425m。

 

f:id:b-zone-salariedman:20170510225016j:plain

 

池間大橋を渡りきったところにあるドライブイン。

レストランや土産物屋、グラスボートの乗り場になっています。

右端にあった土産物屋さんの屋上は展望台になっていて、自由に入れました。

f:id:b-zone-salariedman:20170510225026j:plain

 

展望台から下をみると、キレイなエメラルドの海と砂浜が。

向こうに見えるのは、大神島という名前のとおり神聖な島です。

f:id:b-zone-salariedman:20170510225034j:plain

 

 こちらは、宮古島にある展望スポットから眺めた池間大橋です。

f:id:b-zone-salariedman:20170510225047j:plain

 

 

伊良部大橋

伊良部島に架かる伊良部大橋は2015年1月に開通、全長3,540mです。

宮古島の3つの大橋の中で、最も新しく最も長い橋。

 

橋の名称が書かれた看板は、まだまだ真新しいものでした。

f:id:b-zone-salariedman:20170510224811j:plain

 

大型の船が行き来できるよう、橋の中ほどはとても高くなっています。

この橋の路肩は広く取られていて、車を駐車できるスペースがあり、絶景を楽しむことができました。

f:id:b-zone-salariedman:20170510224913j:plain

 

 写真のように、歩いて橋を渡っている人もいましたね。

f:id:b-zone-salariedman:20170510224956j:plain

 

 

栗間大橋

全長1,690mの橋。1995年3月に開通。

まっすぐに伸びる橋は、渡っていてとても気持ちが良いものでした。

f:id:b-zone-salariedman:20170510225132j:plain

 

f:id:b-zone-salariedman:20170510225147j:plain

 

この橋も、船舶が通行できるように中ほどが高くなっています。

f:id:b-zone-salariedman:20170510225158j:plain

 

【スポンサーリンク】
 

 

おわりに

 宮古島にある3つの大橋、それぞれ特徴があって、どれもすごく素晴らしいとしか言いようがありません。

池間大橋は、夕日が美しく、橋のたもとが海岸のレジャースポット。

伊良部大橋は、橋の中ほどから宮古島近辺の風景を楽しめます。

そして、栗間大橋は「東洋一美しい」と言われる与那覇前浜を臨むことができます。

 

宮古島に行かれる方は、ぜひ、これら3つの大橋全部を堪能してください。

 

では、また。

 

第二弾はこちら

第三弾はこちら

www.b-zone-s.com

 

<旅行で便利なクレジットカードはこちら>