ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

公的年金の簡単なおさらい

 

公的年金とは、ざっくり言うと、歳をとって思うように働けなくなったとき、生活資金と受け取る保険のようなものです。

20歳から60歳までの人は全員、加入の義務があり、保険料を支払わなければなりません。

 

公的年金には、

  • 国民年金 :日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
  • 厚生年金:厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務する全ての人
  • 共済年金:公務員・私立学校教職員

があります。

 

国民年金には、

  • 第1号被保険者:農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人など。
  • 第2号被保険者:厚生年金保険の加入者
  • 第3号被保険者:厚生年金保険の加入者の配偶者で年間収入が130万円以下の人(130万円以上の人は、第1号か第2号となります)

の区分があります。

 

この関係を示したのが下の図。

 

日本年金機構のHPより

 

基礎年金である「国民年金」は、年金加入者全員に共通するところ。

 

会社員や公務員には、さらに上乗せ部分(俗にいう2階部分)である厚生年金、共済年金があります。

 

また、第3号被保険者(厚生年金・共済年金加入者の配偶者)は、第1号の人と同じく「国民年金」だけですが、保険料は納付しなくてもかまいません。

 

さて、会社を退職すると、第2号被保険者(厚生年金加入者)から外れ、原則、第1号被保険者(国民年金加入者)となります。

 

そのためには、切り替え手続きが必要です。

 

 

関連記事