ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

一番お得な年金は厚生年金の被扶養者になること

 

会社を退職したら、厚生年金から国民年金に切り替えることとなります。

 

その時に、国民年金の保険料の免除を申請すると、免除期間中、保険料を支払わなくても、およそ半分の額の年金をもらえることになります。

 

これは、失業状態で収入がない人にとって、かなり有利な制度ですが、実はこれよりもさらに有利な制度があります。

それは、厚生年金の被扶養者になることです。

 

厚生年金の被扶養者になると保険料は?

厚生年金の被扶養者になること、つまり、「第3号被保険者」になると、保険料は、払わなくてもOKです。

 

厚生年金の被保険者(第2号被保険者)が支払っている保険料で、被扶養者の保険料もカバーされるからですね。

 

そして、「第3号被保険者」の期間分は、国民年金は満額、受給できます。

つまり通常の国民年金加入者である「第1号被保険者」と同じ扱いとなるのです。

 

国民年金の免除を受けた場合、年金としてもらえるのは半額で、かつ免除期間は「2年」の制限がありますから、その差は歴然ですね。

 

厚生年金の被扶養者になるには

このように、保険料を払わなくても国民年金がしっかりともらえる「厚生年金の被扶養者」。

なれるものなら、なりたいですよね。

 

ただ、これも「健康保険の被扶養者」と同じく、誰でもなれるわけではありません。

被扶養者となるには、一定の条件をクリアしなければならないのです。

 

被扶養者の範囲

厚生年金、共済組合に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

*健康保険では、親族の被扶養者となれますが、国民年金は厚生年金加入者の「配偶者」だけが被扶養者になれるのです。

 

収入の制限

年収が130万円未満で、被保険者の年収より低いこと

*こちらにも130万円の壁があります。そして、失業保険は収入として見なされるので、基本手当日額が約3,600円以上あると年収130万円を超えるので、ひっかかります。

 さらに年収は「配偶者よりも低い」という条件があります。

 

厚生年金の被扶養者になるための手続き

厚生年金の被扶養者になる手続きは、配偶者が勤め先に申請すると、書類が渡されるので、それに書いて終わり。

後の処理は会社がやってくれます。

 

 

関連記事