ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

沖縄・那覇の国際通りと牧志公設市場をぶらついてきた

 

沖縄・那覇に行ったら必ず出かけるであろう国際通り。

座間味島ツアーでは、初泊が那覇市内でしたので、もちろん、国際通りをぶらついてきました。

今回は、そのときに見かけたお土産屋さんなどの紹介です。

 

f:id:b-zone-salariedman:20180716221004j:plain

 

定番の牧志公設市場で熱帯魚を観察?

那覇市の泊港にあるホテルにチェックインしてから、国際通りに交差している市場本通りに出かけます。

 

まず、最初に向かったのが「牧志公設市場」。

たくさんのブログなどで紹介されているとおり、「牧志公設市場」では、本土?ではなかなかお目にかかれない色鮮やかな魚が売られています。

 

いちばん多く目に付いたのが、赤い色をしたグルクン。

グルクンは、座間味島で毎日、食卓に並んでいましたので、沖縄では一番、ポピュラーなんでしょうね。

 

インパクトがあるのは、青緑のイラブチャー。

この色合いの魚は、東京のスーパーでは、まずお目にかかれないですね。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221127j:plain

 

ハリセンボンも売られています。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221155j:plain

100g300~400円という値段、高いのか安いのかよくわかりません。

が、こんだけ、トゲトゲの魚、どうやって食べるのか?と思っていたら・・・。

 

f:id:b-zone-salariedman:20180716221228j:plain

ガッツリと皮をはがれたハリセンボンが数匹、重ねて陳列されていました。

その周りには、熱帯魚チックな魚に、何かのキモ、それと若干、グロい魚も売られています。

 

店員さんに聞くと、

「ハリセンボンは、ふぐの一種で、とっても美味しいよ。

でも、シロウトが捌くのはむずかしいから」

と言って、市場の2階にある食堂をおすすめされました。

 

そこでは、買った魚を持ち込むと料理してくれるのです(もちろん、有料)。

そういえば、20年ほど前に出張で沖縄に来たときに、地元の人に連れて行ってもらったことを思い出しました。

ついでに、そのとき食べた魚が「あまり、おいしくなかった」ことも思い出してしまいました。

 

絶対おすすめの琉球珍味「仙琉院」

メイン通りに戻って、嫁さんがインスタに「熱帯魚」をアップしている間にチェックしたのが「仙琉院」というお土産屋さん。

 

芸能人のサインがたくさん展示されていたので、それを見ていたら、とっても気の良さそうな店員さんが、

「どうぞ、召し上がってください」

と、いわゆる珍味を試食するようすすめてきます。

 

f:id:b-zone-salariedman:20180716221250j:plain

*ご本人から掲載許可をいただいております。めっちゃ感じの良い人でした。

 

いただいたのは、イカの黒糖煮。

甘みと辛味にイカの歯ごたえがマッチして、とても美味しかったです。

 

「うまいですね、これ」

というと、

「どんどん、召し上がってください」

と次から次へと試食をすすめられます。

 

どれもこれも、とてもおいしかったのですが、中でも気に入ったのが

「旨辛にんにく いちゃりば黒糖煮」

という珍味です。

 

見た目はまっくろで、一体、何がはいっているのかまったくわからない代物。

でも、口に入れたとたん、最初は甘みが、次いで辛味が感じられる絶妙のお味。

「うまし!」です。

 

正直、沖縄で食べ物を「おいしい」と思ったことはほとんどないのですが、これは間違いなく絶品です。

ごはんにも、酒の肴にも、もろきゅうのかわりにキュウリに付けて食べても、絶対にイケルお味です。

 

なので、買おうとしたら店員さんが、

「あ、今、無理に買わなくていいですよ。手荷物にもなりますし。

ひとあたりぶらついて来て、それでも欲しいなと思うんだったら、その時に買ってくださって結構ですから」

と、神対応なのか、商売っ気が無さ過ぎるのかよくわからん一言が。

この奥ゆかしさが、なんともたまらんかったですね(笑)。

 ぶっちゃけ、手荷物になるほどの大きさではありませんので、即買いしました。

 

ちなみに通販もやっているので、手持ちの分がなくなったら注文しようと思っています。

 

お店のホームページはこちら

沖縄おみやげ(沖縄琉球珍味)に大好評!めんそ~れ沖縄名物 | 仙琉院本舗公式ホームページ

【スポンサーリンク】
 

 

 牧志公設市場の裏通りはディープな雰囲気

市場本通りが途切れたあたりで右折し、裏通りに入っていきます。

時刻は夕刻だったのに、飲食店はシャッターを降ろしたまま。飲みが始まるには、まだ早い時間だったようです。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221327j:plain

 

沖縄旅行に来る少し前に、たまたま「怒り」という映画を見ました。

広瀬すず演じる準主役の女の子が、とっても痛ましい目に合うシーンがあって、そのロケ地がこの辺りなんです。

その印象もあってか、なんとなくディープは雰囲気を感じましたね。

(今から、ウン十年前、大学生だったときに初めて沖縄に旅行した際は、この辺りには足を踏み入れるなと注意されるような場所でしたし・・・)

 

とってもインパクトのある占い屋さんは、営業中でした。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221347j:plain

 

ふたたび、明るい商店街へ

ディープな通りを抜けると、明るい商店街へとつながっています。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221410j:plain

 

修学旅行生相手なのでしょうか、なかなかケバい土産物屋さんが。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221545j:plain

 

嫁さんが、自分と次男のTシャツを買うと言って、立ち寄ったTシャツショップ。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221444j:plain

 

ごらんのとおり、有名人物やキャラクターを模したTシャツが売られています。

東京に戻って地下鉄に乗ったら、全身バリバリ、タトゥーだらけのいかついお兄さんがのりこんできたのですが、その人がなんと、左上のアンパンマンのモザイクを着ておりました。

 

店員さんに聞いたら、こちらで販売しているTシャツはすべて、この店のオリジナルなんだとか。

 

ゴールデンウィークに代々木公園で開催された「沖縄フェスタ」に出店していたとのことなので、いかついお兄さんは、その時に買ったか、あるいは、沖縄に旅行に来て、この店で買ったんだろうなぁ、と思います。

って、どうでもいいんですけど、ね。

【スポンサーリンク】
 

 国際通りの店並が変わっていた?

夜ごはんを食べたあと、国際通りをぶらつきます。

一昔前の国際通りには、米軍払い下げ(横流し?)のカバンや服、それにライフルのヤ薬きょうなんかの軍需品を販売する店が多々ありましたが、今は店並はすっかり変わっていますね。

 

嫁さんいわく、「長男にぴったり」の土産物が売っていました。

買って帰ろうとしたので、「さすがに怒るから、やめとけ」とストップをかけました。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221807j:plain

 

次に「ここ、見ていく」と嫁がこじゃれたお店に入っていきます。

で、買ったのがこちら。まさかの「老眼鏡」です。

f:id:b-zone-salariedman:20180722162515j:plain

 

「なんで、わざわざ沖縄で老眼鏡を買う?」

と尋ねたら、一言、

「かわいいから」

と、それ以上、反論の余地のない答えが返ってきました。

 

パイナップルの店では、試食だけして何も買わずに写真を撮りまくり。

f:id:b-zone-salariedman:20180716221857j:plain

 

f:id:b-zone-salariedman:20180716221922j:plain

 

それぞれの職場への土産を買いに入ったのが「ちんすこう本舗」というお店です。

f:id:b-zone-salariedman:20180722163526j:plain

 

「ちんすこう」は定番過ぎるので、この「ちいるんこう」という蒸しパンみたいなのを買いました。

職場で配ったら「おいしい」と高評価でしたね。

f:id:b-zone-salariedman:20180716222003j:plain

 

 もう一度、市場本通りに戻り、入ってすぐ左手にあるフルーツショップでデザートを食べます。

f:id:b-zone-salariedman:20180716222044j:plain

 

いただいたのは、マンゴーのシャーベット。

f:id:b-zone-salariedman:20180716222057j:plain

 あまりおいしくなかったです(苦笑)。

 

おわりに

沖縄にはときどき旅行に出かけているものの、行き先は離島ばかりで、那覇市内は10数年ぶりの訪問でした。

言わずもがなですが、街並みは以前の記憶にあるそれとはずいぶんと様変わりしています。

が、今も変わらず、独特の雰囲気を楽しむことができました。

 

では、また。

 

<こちらもどうぞ>

www.b-zone-s.com

www.b-zone-s.com