ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「褒める」関連記事のまとめ

 

褒めるということは、人と人とを結ぶコミュニケーションの手段として、とても大切なことです。

人を褒めること、人から褒められるということは、お互いにとても嬉しいもの。

褒めることを通じて、より良い人間関係が作られていきます。

 

一方で、褒めること自体は、なかなか難しいものでもありますし、褒められることも、実はそれをまともに受け取ってはいけない場合もあります。

 

これまで、褒めることについていくつか記事を書いてきましたが、今回、それらを、まとめてみました。

(関連記事は、見出しをクリックしてご覧ください。記事下にもリンクを載せています)

 

簡単なようで難しい!人を「褒める」ということ

褒めるという行為について、私自身の考えを記したものです。

(あんまり内容はありません・・・笑)

 

ほめ上手になる実践的な3つのテクニック

褒めるのが苦手な私自身が、意識して行ってきたことを記したものです。

ポイントは、

  • ほめるネタを考えておく
  • コメントすることを意識する
  • ただの言葉をほめ言葉に変える

の3点です。

 

相手を良い気持ちにさせる上手なほめ方

こちらでは、褒めることをさらに掘り下げた方法を記しました。

いくつかのやり方を書いていますが、ポイントは「相手に合わせた褒め方」となります。

 

【スポンサーリンク】
 

 

褒められるとうれしい!でも、上司の褒め言葉は話半分で聞きましょう

会社の中で、上司から褒められることがあります。

自分自身が認められ、良い評価を得られたわけですから、褒められるととてもうれしいものです。

一方で、褒め言葉のすべてを真に受けてはいけないという事実もあります。

その背景について、記しています。

 

上司を褒めよう。でも、その前に・・・

上司は部下を褒めるものですが、部下が上司を褒めることはあまりありません。

しかし、上司とて人間、やはり褒められればうれしいもの、なのでできるだけ上司を褒められると良いですね。

 

でも、何でもかんでも褒めればよいと言うものでもありません。

特に上司の性格によっては、褒めること自体がマイナスとなる場合もあるのです。

こちらでは、褒めてよい上司について記しています。

 

評価面談をこう乗り切る 人事評価(人事考課)その4

人事の評価面談においては、自分自身と実績を正しく評価してもらうことが大切です。この記事では、面談そのものを円滑に行う方法を紹介しており、上司を褒めることもおススメしています。

どのタイミングで、どういう風に上司を褒めればよいかを具体的に記しています。

 

部下に実行しようという気持ちになってもらうために

上司や先輩といった立場になったとき、一番、頭を悩ますのが部下や後輩に「仕事をしっかりやろう」という気持ちになってもらうことです。

ここでも有効な方法は「褒める」ことですが、やみくもに褒めるのではなく、ポイントを押さえた褒め方があります。

こちらの記事では、その方法を記しています。

 

 

以上、基本的には、会社の中での「褒める」について記しています。これらの内容は実生活でも当てはまることが多いと思います。

褒めるのが苦手という方のご参考になれば幸いです。

 

 

<紹介した記事>

 

では、また。