ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

次期アメリカ大統領はトランプさんに!アメリカに住む日本人には「動揺」が!

 

【スポンサーリンク】

(12月9日追記あり)

トランプさんが、次期アメリカの大統領に決定しました。

まさか!の結果です。

 

時差の関係で共和党が強い東部からの開票ですから、当初のヒラリーさん劣勢も「織り込み済み」との報道ばかりでした。

ところが、キーとなるオハイオ州でトランプさんが勝利した途端、「まさかの大逆転?」との雰囲気に。

そして、午後5時前にトランプさんが勝利宣言を行いました。

 

今日は一日中TVを見ていましたが、出てくるキャスターやコメンテーターの表情や発言がどんどん変わっていき、午後2時頃、理論上のトランプさん確定となって以降は、皆、ただただ困惑といった状態でした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

それにしても、これまでの世論調査は、一体何だったんでしょうか?

常にヒラリーさんがリードしていて、直前のメール問題で支持率を落としても、逆転されなかったのに。

いくら「隠れトランプ派」がいるとは言え、あの流れを見れば、ヒラリーさんが勝つと考えないほうがおかしいですよね。

しかし、これが現実というものなんですね・・・。

 

現地の友人から、

  • グローバル化されていないエリアの人はトランプ支持
  • 世界のバランスより自分の生活が第一

との意見を聞きました。

 

たしかに、我々、日本に住む者からすれば、アメリカは世界のリーダーであり、日本にとっては、後ろ盾となってくれる頼もしいおにいちゃんのような存在。

なので、願わくば「ちゃんと面倒を見てくれる人」になってもらいたいし、少なくとも「まともな人」になって欲しいと言う気持ちが強いです。

 

しかし、アメリカ国民にとっては、自分の国のトップです。

他の国のことはどうでもいいから、とにかくアメリカ国内を、自分の生活を何とかしてくれ!との思いが一番優先するでしょう。

 

f:id:b-zone-salariedman:20161109183005j:plain

 

トランプさんは、あれだけメチャクチャな発言をしてきた人であり、所得税逃れや女性蔑視問題など、常識的には大統領にはふさわしくないと判断される人です。

なので、「まさかのトランプさん」を選んだアメリカ人は、民度が低いのでは?と思ってしまいます。

ですが、多くのアメリカ国民は、人としての品性よりも、経済的手腕を選んだか、あるいは、今の状態が続かないのであれば誰でも良いというくらい、現状に辟易としているのでしょうね。

 

この状況がどれくらいだったかは、フタを開けてみるまで、本当に分からなかったことなんでしょうけど・・・。

 

ちなみに、現地の友人からは、インスタグラムで

  • 「絶望」と嘆いている人が多し
  • 日本からアメリカへの移住者で、カナダに移るとコメントしている人が何人もいる

とのことでした。

日本人社会では、かなりの「動揺」が走っているようで、本当に心配です。

 

(12月9日追記)

カナダの移民情報サイトがダウン。

日本人などの移民はもちろん、アメリカ人も移住を考えたのでしょう。

ちなみに、カナダには、中国や中東が多いそうです。

カナダの移民情報サイト、閲覧殺到でダウン : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

ということで、とりとめのないエントリーになってしまいました。

では、また。

 

<関連記事>

【スポンサーリンク】