ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

履歴書と職務経歴書の違いって何?

転職活動で必須の応募書類には、

  •  添え状
  •  履歴書
  •  職務経歴書

の3つがあります。

 

添え状とは、もともとは書類を送付する際に、その目的や同封物を書くビジネス文書のこと。

 

転職活動の応募時では、自己PRと志望動機など、「自分自身の紹介状」として活用します。

 

一方、メインの履歴書と職務経歴書は、自分の経歴や職務を記入するもので、一見、似たものと思いがちです。

でも、それぞれの目的や役割は違うのですね。

 

では、履歴書と職務経歴書は、どう違うのでしょうか?

rirekisyo01

 

履歴書とは

まだ就職されていない方でも、アルバイトなどの申し込みで、履歴書を書いたことがあるという人は多いでしょう。

 

履歴書は、一言で言うと、基本的な「個人情報」を形式に従って提供するための書類、と言えます。

市販の定型書式を用いて構いませんし、ネットからダウンロードして使用してもOKです。

 

履歴書に記入する項目は、住所・氏名をはじめ、学歴、職歴、志望動機、免許・資格、特技、趣味など。

また、履歴書に顔写真を貼付します。この写真はとても重要です。

 

学歴欄には、概ね中学校か高校から卒業した年月で記入し、大学は学部名や専攻も記入します。

職歴欄では、勤務先の会社名、部署名、役職、入退社日といった基本的な事項のみを記入します。

 

その他の個人情報である、免許・資格はその名称と取得年月を書き、特技や趣味は、「常識の範囲」で書くのが通例ですね。

 

そして、就職・転職の場合、「志望動機」を書くことになりますが、実はここが一番のやっかいものなのですが・・・。

 

転職で複数社に応募するときも、履歴書は、一度書くと「志望動機」以外は、ほとんど書き直す必要はありません。

そして、「志望動機」以外は、客観的な個人情報となりますので、できるだけ簡潔に書く必要があるのですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

職務経歴書とは

職務経歴書は、ビジネスパーソンとしての自分をアピールするための書類です。

仕事において、これまでどのような経験をしてきたか、どんな成果を出してきたか、自分の持つスキルやノウハウなどを細かく記すことで、自分自身をアピールします。

 

そして、採用する側としては、この職務経歴書に書かれている内容を最重要視し、次のステップである採用面接に呼ぶかどうかを判断します。

 

職務経歴書の書式は基本的にはフリーフォーマットですので(会社によっては、書式を指定される場合もありますが・・・)、記入に際して自由度は高くなります。

なので、ここでいかに自分をプレゼンテーションできるかが大切なんですよね。

 

おわりに

以上のように、履歴書は「個人情報」を客観的に記すもの、職務経歴書は自分を売り込むものというのが、両者の大きな違いとなるのです。

履歴書と職務経歴書、何となく似たようなものと感じることが多いですが、それぞれの目的と役割は異なります。

その違いを理解しておくと、スムーズに書けますよ。

 

20代でキャリアに自信がない、転職に不安があるという方には転職エージェント「ハタラクティブ」がおすすめです。

こちらに登録すると、詳しい話を直接聞くことができますよ。

転職情報はこちらから → ハタラクティブ

 

 <転職・履歴書関連記事>

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!