ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

握手のマナー、そのルールとNG行為について

 

初対面の人と挨拶を交わすとき、

 軽くお辞儀をした後に、名刺を出して名乗り、改めてお辞儀をする

のが、一般的な日本のビジネスマナーですよね。

 

一方、相手が外国人、特に欧米系の人の場合は、お辞儀をする前に握手を求められるケースが多いものです。

 

そんなとき私は、恥ずかしながら、戸惑ってしまうことがあるのです。

おそらく、普段から握手に慣れていないことと、握手そのものがあまり好きではないので、気持ちの上で怯んでしまうのだろうと思います。

 

しかしながら、仕事の上で求められる所作、そのマナーは押さえておきたいもの。

ということで、握手のマナー(ルールとNG行為)を記します。

 

【スポンサーリンク】
 

 

握手の意味

挨拶で握手することの意味は、

  • スキンシップをすることで親近の意を示す
  • 相手を攻撃する意図がないことを示す

 (手には武器を持っていないことを示す)

の2つに大別できます。

基本は、「友好的」であることを態度で示すことにあります。

 

握手のルール

では、実際に握手するときのルールとは何でしょうか?

原則として、

  • 右手で握手する
  • 半歩踏み出しながら握手し、終わったら半歩戻る
  • 目線を合わせる
  • 程よい強さで握手する
  • 起立して握手する
  • 帽子・手袋・サングラスは外す

があげられます。

 

f:id:b-zone-salariedman:20161021110426j:plain

握手のNG

一方、握手をする際に、やってはいけないNG項目もあります。

 

左手で握手する

左手で握手をするのは、拒否やお別れの意味があるのでNGです。

 

両手で握手する

「へりくだりすぎ」とか「おねだり」などのネガティブな印象を与えるので、両手での握手は原則NGです。

ただし、ケースバイケースで、心から感謝・感激したとき、自然と両手で行ってしまうものはOK。

また、左手を相手の腕や肩、背中に添えるのは有りだそうです。

 

でも、TVでアメリカの大統領なんかが自分の優位性をアピールしようと、ポジション取りにやっきになったり、無理繰り手を添えようとするのを見ると、「なんだかなぁ」って思ってしまいますけどね。

 

左手をポケットに突っ込んだまま握手する

もちろん、NGです。

そもそも挨拶時に、ポケットに手を突っ込んだままというのが大NGです。

 

握手前後に手を拭う

握手した直後に手を拭う、これは言うまでもなくNGです。

では、手汗の多い人が、握手前に手を拭うのはどうなのか?

握手の直前に露骨に行うのは不作法ゆえにNGです。

手汗が気になる人は、さりげなく衣服で拭っておくしかなさそうですね。

 

握手をしながらお辞儀をする

日本では、全く違和感なく行われていますが、基本はNGです。

握手は相手の目を見ながら行うものですので、お辞儀をすると出来なくなりますから。

 

また、お辞儀は東洋、握手は西洋の挨拶と考えられているので、その両方を一度に行うのはおかしいと捉えられています。

 

握手する力が強すぎる・弱すぎる

力が弱すぎると「いやいや握手をしている」「儀礼だけで握手をしている」との印象を、逆に力が強すぎると「傲慢」な印象を与えかねません。

 

男性から女性に握手を求める

男性から女性のからだに触れようとするのは、よろしくないという理由です。

 

目下の人から目上の人に握手を求める

握手には「同等」の関係を示すという意味があるため、目下の人が目上の人に対して求めると「生意気」という印象を与えかねないためNGです。

 

座ったまま握手する

一方が起立していて、もう一方が座ったまま握手をするというのは、見るからに美しくないですよね。

では、両方が座ったままというのはどうなのか・・・?

これも、原則はNG。握手するときは、両者が起立して行うのがマナーです。

 

畳敷きの部屋での宴会で、酔っ払い同士が座ったまま握手をするのは、よく見かける光景ですが(笑)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

おわりに

握手のマナーにNG、調べてみたらいくつもありました。

中には、「握手をしながらお辞儀する」のように、日本では当たり前に行われていることも、 基本はNGだということも。

これらは知っておいたほうが良いでしょうね。

 

<関連記事>

 

では、また。