ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

失業保険っていくらもらえるの?生活できる金額?

 

「失業保険は、一体いくらもらえるのか?」

急に聞かれても、分からないですよね。

会社で働いている間は、そんなに気にすることはないですし。

 

でも、実際に会社を退職したら、失業保険は貴重な収入源。それだけに、自分がいくらもらえるかは、とても大切です。

 

こちらでは、実際にいくらもらえるのか、失業保険の受給金額を見ていきます。

 

基本手当日額とは

失業保険として受給できる1日当たりの金額を「基本手当日額」といいます。

 

この「基本手当日額」は、会社を退職した直前の6ヶ月の賃金の合計を180で割ったもの(賃金日額)の5~8割です。

 

が、「賃金日額」には上限・下限があり、「基本手当日額」にも上限・下限がありますので、退職前に実際にもらっていた給料の日額の50%以下になる人もいます。

 

また、毎月の給料がベースとなりますので、残業代や勤務に直接関係する手当ては含まれますが、ボーナスは含まれません。

【スポンサーリンク】
 

基本手当日額の計算

基本手当日額は、賃金日額をもとに算出できます。

 

賃金日額

賃金日額は、正確には離職票-2の「賃金額の計」を、上から6ヶ月分を合計し、180で割った額となります。

まだ退職されていない方は、給与明細などで6ヶ月分の総支給額を計算してみてください。

 

毎月の給料や残業代などが40万円の人は、6ヶ月分合計で240万円となり、これを180で割ると13,333円が「賃金日額」になります。

一方、50万円の人は16,666円ですが、「賃金日額」の上限値を超えているため、アッパーである15,550円が適用されます。

 

「基本手当日額」と「賃金日額」の上限は下のとおりで、年齢によって決められています。

年齢区分  賃金日額上限 基本手当日額

~29歳    12,740円     6,370円

30~44歳  14,150円  7,075円

45~59歳  15,550円    7,775円

60~64歳     14,860円       6,687円

 

下限は下の表のとおりです。

年齢区分   賃金日額上限 基本手当日額

全年齢  2,290円  1,832円

 

基本手当日額

基本手当日額は、下の表および計算式から算出できます。

 

賃金の高い人ほど給付率は低くなり、50代の人で総支給月額がおよそ35万円以上だと、もらえる失業保険は給料の50%。さらに45万円以上もらっていた人は、上限値の「7,775円」となります。

※1 基本手当日額 = (-3×賃金日額×賃金日額+69,980×賃金日額)/70,300

※2 基本手当日額 = (-1×賃金日額×賃金日額+18,020×賃金日額)/16,800

    または、   =0.05×賃金日額+4,184  のいずれか低いほうの額

 

基本手当日額は、平均給与額の変動に応じて、毎年8月1日以降変更されることがあります。

 

ここで記載している数値は、平成28年8月1日から適用されているものです。

正しくは厚労省のHPなどでチェックしてくださいね。

 

 

<失業保険関連の記事>