ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】職務経歴書って何?職務経歴書の基本の基本とは?

転職活動で、「働きたい!」という企業を見つけたら、まずは応募書類を提出することになります。

 

転職時の応募書類は、通常、

  • 添え状
  • 履歴書
  • 職務経歴書

の3点であり、この中で一番大切なのは職務経歴書です。

 

でも、はじめて転職される方には、履歴書は分かるけれど、職務経歴書って一体何?という方も多いのでは?

こちらでは、 職務経歴書の基本について記します。

 

f:id:b-zone-salariedman:20171116052608j:plain

 

職務経歴書は最重要書類

言わずもがなですが、採用活動を行っている企業は、まずは応募された書類で一次選考を行い、これをパスした人を二次選考(能力検査や面接など)に呼ぶという流れになっています。

 

いくら優秀な人材であっても、応募書類が通らなければ次の選考には進めません。

なので、いかに魅力的な応募書類を書きあげるかが、転職活動の第一関門となってきます。

その中でも、もっとも重要なのが職務経歴書なのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

職務経歴書とは何か?

履歴書は、それまでの「歩み」を時系列的に記すもので、ここでは「客観的な事実」がメインとなります。

 

一方、職務経歴書とは、転職者の「経験や実績」を記すもので、スキルやノウハウなどをアピールをするものです。

 

具体的には、どんな会社でどんな仕事を行ってきたか、自分はどんなスキルやノウハウを持っているか、仕事に対する意識や姿勢はどのようなものかを、仕事における「経験や実績」をベースに、企業に対してプレゼンテーションする書類なんですね。

 

とても難しそうに思えますが・・・、実際、職務経歴書を書くのは、本当に難しいのです(苦笑)。

 

職務経歴書の種類

職務経歴書に書く項目は、これまでの「仕事における経験・実績」、そして、これらをベースとした「スキル・ノウハウ」、これらで培った「仕事に対する意識や姿勢」です。

 

職務経歴書に特定のフォーマットはありませんが記述の仕方には、

  •  年代式
  •  逆年代式
  •  職能別(専門別)

の3つの方式があります。

 

年代式

職歴が短い人や転職歴が少ない人向けの書き方です。

初めての仕事から現在まで、年代を追って書いていくことで、仕事の経験が積み上がる経緯がわかりやすくなる方式です。

 

逆年代式

転職者に最も適した書き方です。

現在から過去へさかのぼって書いていくことで、今現在の職務や能力を最も強調することなりますので、企業が転職者に求める「即戦力」としての能力がわかりやすくなります。

 

 職能別(専門別)

転職歴の多い人や専門性の高い人に適した書き方です。

年代や経歴に関わらず、経験・業績・能力を強調することができます。

 

一番大切な略歴

職務経歴書の本文は、上の方式から自分にあった方式で記述することになりますが共通して大切なのが「略歴」です。

 

略歴は、職務経歴書の本文を読んでもらうための導入文であり、自分がアピールしたいことを端的にまとめて記入するもの。

 

これを読んで採用担当者が関心を持ってくれれば、経歴本文も読んでもらえます。

しかし、略歴を見て興味を持ってもらえなかったら・・・、たった数秒で「不採用決定」となることも。

 

職務経歴書は、パッと見で担当者が読む気なるような工夫が必要であり、さらに略歴では、担当者が興味を持つこと、つまり、企業の求人ニーズにピッタリの内容が書かれていることが求められるのですね。

 

まとめ

 以上のように職務経歴書は転職において、最も重要な書類となります。

 

自分の経験や実績は何か、どんなスキルとノウハウを持っているかをアピールする第一歩であり、転職の成否は、全て職務経歴書の出来次第なんです。

 

また、職務経歴書をうまく書けないと言う方や、転職活動で不安や悩みがある方は、ぜひ、転職エージェントに登録して相談してみてください。

きっと、良いアドバイスを受けることができますよ。

 

<おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

転職者なら必ず登録しておくべき最大級の転職エージェントです。

 

ハタラクティブ

20代でキャリアに自信のない方にピッタリの転職エージェントです。

 

若者正社員チャレンジ事業

企業内実習など充実したサポート体制が魅力の就職支援事業です。

詳しくはこちら ↓

 

 <転職・職務経歴書関連記事>

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!